ハイパーエキスパート | 釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR
  • TOP
  • 過去の番組
  • テクニック動画
  • コラム
  • 杉坂研治Profile
HYPER EXPERT コラム

渓流解禁前の準備

渓流解禁前の準備

間近に迫ってきた渓流解禁に向け、行く川が定まってくると、そこで必要となるであろうと想定したフライをタイイングする量が日に日に増えてくる。ワクワク、ドキドキしながら解禁が待ち遠しい、とても幸せな時である。 >>続きを読む

渓流解禁前の準備

フライラインは、必ず新しいものを使用する

フライラインに亀裂が入っていると、1~2時間も使用するとラインの浮力が低下してくる。いくら綺麗に磨いていても、新品よりは必ず劣るもの。ここで必要なのは浮力または水を弾く撥水効果なのだ。 >>続きを読む

フライラインは、必ず新しいものを使用する

リーダーは、必ず古いものを使用する

リーダーは、必ず古いものを使用する。
ここには大きな理由がある。このことはまだ私の周りにいるほんの数人しか伝えていないことなのだが、新品のリーダーは、撥水効果が高く、ティペットを沈めるには時間がかかりすぎる。 >>続きを読む

リーダーは、必ず古いものを使用する

フライについて

シラメ釣りの場合は、早朝・ピューパ、日中・アダルト、夕方・ピューパとなることが多く、その両方のパターンを用意していく。 >>続きを読む

フライについて

海アメへの挑戦

6年目の挑戦~北海道島牧のウミアメ~ プロローグ

~2001年4月。杉坂研治のウミアメ元年~
杉坂研治が北海道島牧のウミアメに挑戦するきっかけとなったのは2001年4月、番組の取材で初めてこの地を訪れてからだった。 >>続きを読む

6年目の挑戦~北海道島牧のウミアメ~ プロローグ

6年目の挑戦~北海道島牧のウミアメ~ 4年間の経験

~通い続けた結果、習得することが出来たテクニック~
2001年の取材後、毎年北海道島牧へと通い続けた杉坂。甘い気持ちで挑戦した結果、多くの課題を残し終了した取材に納得いかず通い続けることとなる。 >>続きを読む

6年目の挑戦~北海道島牧のウミアメ~ 4年間の経験

6年目の挑戦~北海道島牧のウミアメ~ 5年間の集大成

~6年目 その進化が問われるとき…~
2006年4月。この5年間の経験を生かすべく、北海道島牧へと向かった。取材前日から島牧へと入っていた杉坂。我々スタッフが島牧を訪れた時には状況が悪くまだ1匹も釣り上げていない状況。 >>続きを読む

6年目の挑戦~北海道島牧のウミアメ~ 5年間の集大成

番組で紹介したフライの数々

水面をボーダーラインに魚と釣り人が1対1の勝負を行うステージ

それがドライフライである。魚がフライに出る瞬間を思い、多くのフライマンがこのドライフライを使用する。杉坂もそんな魅力にとりつかれたフライマンの1人でもある。 >>続きを読む

水面をボーダーラインに魚と釣り人が1対1の勝負を行うステージ

フローティングワカサギ

阿寒湖のアメマスは生きたワカサギよりも産卵を終え、デッドフロートしたワカサギの方を好んで捕食するという。そのアメマスの捕食行動から制作されたフライ。 >>続きを読む

フローティングワカサギ

ユスリカ・フローティングピューパ

ドライフライを制作するにあたり杉坂がこだわるファクターの1つに「水面との干渉」がある。
フライが水面に接する部分を円ではなく線で考える。 >>続きを読む

ユスリカ・フローティングピューパ

トライアングルウィング アダルト

「十字効果」を意識したライトパターンのドライフライ。
扇状になっているウィングはボディと直角に交わるように付けられている。 >>続きを読む

トライアングルウィング アダルト

スルーウィング ヒルクライムバージョン

山岳渓流の釣り登り用として制作されたフライ。
釣り登りの場合、フライはあまり限定されない。
しかし、杉坂の考えではある程度のスタイル・サイズを念頭におき使用するフライを決めている。 >>続きを読む

スルーウィング ヒルクライムバージョン

スルーウィングフタバコガゲロウ

「透過するウィングとボディカラー」をコンセプトに制作されたドライフライ。 >>続きを読む

スルーウィングフタバコガゲロウ

スルーウィングシロハラコカゲロウ

スルーウィングを使用したシロハラコカゲロウのイミテートフライ。このフライのポイントはボディのマテリアル。ホワイトティップを使用したクイルボディは水を吸収しやすい為、ボディが水面下へと沈む。 >>続きを読む

スルーウィングシロハラコカゲロウ

モンカゲロウ~コーンボディバージョン

杉坂のオリジナルフライではその独自の理論からタイイングも独特のものがある。
ウィングの取り付け方やボディの作り方など、これらすべてがパーフェクトであるからこそ釣果も安定するのである。 >>続きを読む

モンカゲロウ~コーンボディバージョン
ページトップ