メタルバスター>ROUND9 VS ショアスローで挑む玄界灘の魚たち

Call: 0120-260-251
釣りビジョン
ON AIR

ROUND9 VS ショアスローで挑む玄界灘の魚たち

初回放送日
2016年12月14日(水)
出演者
沼田純一
場所
佐賀県 呼子エリア・福岡県 相島
魚種
マダイ・ヒラメ・アコウ
紹介動画
紹介動画
沿岸部を回遊する様々なターゲットを相手に、ショアジギングで挑む『メタルバスター』。今回の舞台は世界有数の漁場として知られる豊饒の海、九州・玄界灘。
通年、多彩な魚種が狙えるこの海域で、オフショアのスロージギングを応用した激釣アプローチ、「ショアスロー」を披露!!話題のニューメソッドの威力とは!?

VS ショアスローで挑む玄界灘の魚たち

今回のターゲット

回遊魚は勿論、ロックフィッシュやフラットフィッシュなど
多彩なターゲットを狙う事が出来るのがショアスローの魅力。
今回のバスタールールは2日間の日程で5魚種をキャッチする事。
果たしてバスター成功する事は出来るのか!?


ショアスローとは

そもそもショアスローとは、オフショアのスロージギングをアレンジした「陸(ショア)からのスロージギング」の事。

通常のショアジギングが活性の高い個体やジグをしっかり追っかけてくる魚種をターゲットにした釣り方に対してショアスローは「ジグを追い切れない」または「活性の低い」魚種をターゲットに狭い範囲でアピールし口を使わせる釣り方である。

また、ショアジギングが上方向のアクションで喰わせる事に対して、このショアスローはフォールアクションで喰わせると言うのも大きな違いだ。

それにより、これまで通りのショアジギングでは狙って釣る事が出来なかったマダイやヒラメ、そして潮が動いていないタイミングでのアプローチが可能になったのだ。

今回の番組では、そんな最新メソッドであるショアスローの基本を徹底的解説!!
アプローチ方法とタックル選びを伝授する!!

Tackle

PLAZAへ

釣り具を買うなら釣りビションPLAZA
 ※在庫切れの場合もあります、予めご了承下さい。

ロケ地佐賀県 呼子エリア・福岡県 相島
天気雨・晴れ
対象魚マダイ・ヒラメ・アコウ
沼田純一 使用タックル
ロッド
リール
ライン
PE 0.8号
リーダー
フロロカーボン16lb
ジグ
アングラーズリパブリック:
沼田純一 使用タックル
ロッド
アングラーズリパブリック:パームスエルア ショアガンエボルブSFSGS-991SS
リール
ライン
PE 1.5号
リーダー
フロロカーボン 30lb
ジグ
アングラーズリパブリック:
ジグ
アングラーズリパブリック:
沼田純一 使用タックル
ロッド
リール
ライン
PE1.5号
リーダー
フロロカーボン30lb
ジグ
アングラーズリパブリック:
沼田純一 使用タックル
ロッド
アングラーズリパブリック:パームスエルア ショアガンエボルブSFSGS-993SS
リール
ライン
PE 1.5号
リーダー
フロロカーボン 30lb
ジグ
アングラーズリパブリック:

Schedule

放送日時間回数・サブタイトル
1月26日(木)24:00ROUND2 北海道道南 VS熊石の海サクラ
2月4日(土)25:00ROUND2 北海道道南 VS熊石の海サクラ
2月16日(木)07:00ROUND6 VS 島根県 隠岐の島のヒラマサ
ページトップ