釣りビジョン
ON AIR
2010.4.15号

浅八丸・神奈川県平塚港
ハイブリッドジギング・ライトサビングでお気軽フィッシング!

「ライトサビング」ってどんな釣り?

今回は、神奈川県・相模湾、平塚港の『浅八丸』で提案している新しい釣り『ハイブリッドジギング・ライトサビング』を紹介したい!特に淡水のルアーフィッシングファンや親子で船釣りにチャレンジする方々に是非軽い気持ちでやって頂きたい。狙える魚種も実に豊富で、アジ、サバ、イサキ、マダイ、ハナダイ、ホウボウ、ヒラメ等々、時には思わぬゲストが釣れてくるのも大きな魅力だ。

船宿『浅八丸』
広い店内で釣り談義でも!

それでは、早速「ライトサビング」の説明を。これはサビキ釣りとジギング(ルアーフィッシング)の長所をMIXした全く新しい釣り方で、「サビキ + ジギング」をライトウエイトで融合した事から『ハイブリッドジギング・ライトサビング』と命名した『浅八丸』考案のオリジナルスタイルである。

「ハイブリッド」とは、2種類の釣り方を組み合わせたことから命名されたが、とにかく簡単に魚が釣れるのだ。初めて釣りをやる人にもその楽しさを体感して頂くには最高の入り口となる釣りである。

タックルと仕掛けの説明!

シカケはこれらを使う
竿とリールの基本タックルは、ブラックバスやトラウト用の淡水系、あるいはシーバスフィッシングで使用しているスピニングタックル、ベイトタックルのどちらでもOKだ。ラインもリールにPE2号を100mも巻いておけば問題ない。そして仕掛けだが、詳しくは仕掛け図を参照して頂きたいが実に理に適ったリグなのである。

一番下にジグ(標準60g)を付ける
ウイリー3本シカケ(1m)
シカケの上にコマセカゴ

ゆっくりと8時に出船!

取材日は4月10日(土)。最高気温19度に上がる予報で“第十六浅八丸"は、ほぼ満員御礼状態。『浅八丸』では、出船1時間前に受け付けを済ませておこう。「サビング船」は、午前8時の出船なので、7時前には船宿に到着することをお勧めしたい。ここでの受け付けとは、乗船料金の支払いや乗船名簿に記入することなのだが、仕掛けの購入やレンタルタックルの要望、船長への質問等があればこの時点で済ませておこう。

今回乗船した「第十六浅八丸」
タックル図

とてもシステマチック

[動画]阿久津さんによるライトサビング講座
実際の釣り方等を『浅八丸』の上乗り、阿久津一さんに船上で伺った。その動画をご覧いただきたい。百聞は一見にしかずである!

水中での仕掛けのイメージだが、阿久津さんが言っているのはこんな事だ。コマセカゴを振って海中にコマセを撒くのだが、その時にサビキ仕掛けをコマセの煙幕の中に入れてやるイメージなので竿をシャクった後、リールを1、2回巻いて仕掛けを上げて止めておくのである。

いよいよ初サビング!

船上は、賑やかで楽しい雰囲気に包まれていた。釣り始めると間もなくバタバタとサバが釣れ出したのだ。今回、同乗した釣り人はカップルや親子や友達同士など見事に若い客層ばかりだった。

サバ釣れたよ!
仲良しカップル♪
とっても頼りになる石井信幸船長

しかし、食いが良かったのは最初だけで、その後はポイントを移動したときだけポツリポツリといった感じになってしまった。「魚探反応はあるんだけどね…」と、苦しそうなのが船長の石井信幸さん。魚群探知機と睨めっこしながら必死に食い気のある魚を探していく。船長の仕事は決して楽しいばかりじゃないんですねぇ~。

食いは悪くても皆さん楽しそうに釣りしています。そりゃ~魚が釣れた方がいいに決まっているけど…やっぱ船に乗っているだけでも楽しいもんですって!

お父さんもサバゲット
お母さんはアジゲット
サビキハリにワームを付けるのもあり!

さあさあ、ようやく私にも“サビング"初体験の時間がやって参りましたよ。しかし、残り時間はあとわずか。“サビング船"は港に戻るのが正午というショートプログラムなので楽しい時間はあっという間に過ぎてしまう。

マイタックルで挑んだ
こいつ(コマセ)を
カゴにちゅ~っと入れるだけ!

[動画]ライトサビングの魅力!(阿久津一さん)
で、結果ですが…私、結構気合入れて釣ったはずが…まさかのアジ1尾で終了で~す(時間が無かったのも事実だがあんまりです!)。しかし、これでは“サビング"の魅力を十分にお伝えできないので、再度上乗りの阿久津さんにご登場頂き、改めて『ハイブリッドジギング・ライトサビング』の魅力について聞いてみた。是非その動画をご覧あれ!

土・日・祝祭日のみの完全予約制

さて、今回紹介した「ライトサビング」。現在、土・日・祝祭日のみの完全予約制で出船中。また出船時期は同じ流れをくむライトルアーが始まる5月までを予定している。
※あくまで予定なので必ず事前に船宿へご確認のこと。
平塚港『浅八丸』では、とにかく楽しくて新しい船釣りを提案しようと常にあれこれ考えている。それは代表の金子大郎さんの経営哲学であり、サービス業としての船宿の新たな可能性を探るべく日々試行錯誤しているからに他ならない。今後も『浅八丸』の仕掛ける新たな提案に大いに期待したい。

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
浅八丸
〒254-0803 神奈川県平塚市千石河岸57-13
TEL:0463-21-0904
4月定休日:27日(火)/5月定休日:11(火)・18(火)・25(火)
詳細情報(釣りビジョン)
浅八丸ホームページ(ライトサビングでの様々な釣果はこちら)
ページトップ