釣りビジョン
ON AIR
2014.8.15号

儀兵衛丸・神奈川県長井港
神奈川県・長井沖のショート・カワハギ“本番”間近!

カワハギは秋から冬の釣り物と思っている人が多いと思う。しかし、神奈川県・長井『儀兵衛丸』は、年間を通し、カワハギの乗合船を出している。それも午前6時~10時の船と午前10時半~14時半の正味4時間のショートタイムの釣り。真夏の炎天下でも4時間なら体力的にも余裕シャクシャク。特に8~9月は大型が狙い目。2日(土)カワハギとの真剣勝負に出掛けた。

正味4時間の釣り。家族連れやシルバー世代は大歓迎!

最近、東京湾のLTアジ、相模湾のシロギス等、半日釣りが定着して来ている。いずれも釣り場が港から近いと言う共通点がある。
「“イカの長井”が何故カワハギ?」と『儀兵衛丸』の女将さんに聞くと、「港の前がカワハギの好ポイント。放って置く手は無いと、3年前からショートカワハギを始めた所、手軽に楽しめると好評で続けています。朝が苦手と言う人には、午前10時半船も出しています。一日の通し釣りも出来ます。正味4時間の釣りは、家族連れやお年寄りにも歓迎されていますよ」との事。

儀兵衛丸
カワハギの出船時間
休憩所内

夏季の出船時間は、午前6時

午前5時10分『儀兵衛丸』に着いた。待合所内では、釣り談議に花が咲いているが、皆スルメイカの釣り人。5時半過ぎ、“カワハギ組”がやって来た。土曜日とあって、出船時間には私を含め14人が集まり、定刻に出船した。

冷凍アサリの剥き身
カワハギ船
仕掛け図

前半は“ゲスト”のキタマクラやベラで手こずる

釣り場は、文字通り目と鼻の先。船着き場から7、8分で到着。カメギ根のゼブラ模様の灯台が目の前に見える。「はい、いいですよ。16mでやってみて下さい」と言う梶ヶ谷孝宏船長の合図でスタート。
右舷トモ(船尾)の会田豊さん(葛飾区)が早々カワハギを釣り上げたが、小型と見てそのまま無言で放流した。会田さんは「先週は一日通しで良型を26匹釣りました。今日はキタマクラやベラが多くて、頻繁に餌を付け替えなければならない」とボヤく。開始早々、誰もが“ゲスト”に苦労している様だ。そんな中をかい潜って、左舷トモの小坂新一さん(横浜市)は手造りの和竿で、カワハギを取り込んだ。隣の宇津木克亘さん(横浜市)から「来たよー!」の声で振り向くと、楽しそうにリールを巻いている。17、18cmのカワハギを釣り上げた。最初の流しは、招かざる“ゲスト”の洗礼が多く、真っ先にベラ等が食いつき、悩まされていたが、時間の経過と共に、段々と“本命”のカワハギが主役になって来た。左舷の金井成夫さん(足立区)は無言でカワハギを取り込み、餌のアサリを丁寧にハリに刺し、一人黙々と釣っている。右舷の藤原毅さん(北区)も23cm級の良型を釣り上げた。

まずまずサイズかな!
カワハギ釣り、最高!
ゲストを掻い潜って釣った

竿を叩いたり、聞き上げたりでアタリを誘う

台風12号の影響でウネリが入って来て、結構釣り辛い。それでも短時間の釣り、誰もが船縁に立ち、竿先に神経を集中し、竿を叩いたり、ゆっくり聞き上げたりしてアタリを誘っている。右舷ミヨシ(船首)の新井宏之さん(ふじみ野市)が良型を取り込んだ。「ヤッタね!」と声を掛けると、「そんなに大きくないよ」と謙遜する。見ている限り、ワッペンサイズは釣れていない。船長から「右舷のトモで一荷(2匹)で釣れたよ!」と言うので跳んで行くと、藤原さんが20cm級と18cm級を取り込んだ。活性が上がって来た様だ。

ダブルとは嬉しい
やりました
今日は平均して型が良いよ

中村さん ガガンと来たよ
実測27cm
[動画]夏も楽しめる!カワハギ釣り

27cmのビックサイズが上がる!

左舷の金井さんが竿先をカンカン叩かれながら、良型を釣り上げた。実測すると27cmジャスト。立派な刺し身サイズだ。水深が20m前後の浅場でカワハギを掛けると、引きも強くスリル満点。荒井さん、金井さん、会田さんが揃って釣り上げた。8時を回る頃、今までとは違い良型が釣れる様になって来た。左舷の中村三郎さん(横浜市)も27cmの大型を釣り上げた。腹もでっぷりしている。9月に入れば“キモ”もパンパンに膨らんで来る筈。船長は、少し食いが落ちて来ると、小移動を繰り返す。水深は何処も10~25mと浅い。カワハギ釣りが初めてと言う、樋口明久さん(町田市)が実測23.5cmを取り込んだ。又、移動直後、金井さんが2匹目の27cmを釣り上げた。右舷の中村亮太さん(品川区)は船酔いから復帰し、カワハギ初体験で見事に23cmを釣り上げた。
10時、沖上りの時間になった。小坂さん、金井さんは、「今日は平均して型が良かった」と、充分満足の様子。

樋口さん、カワハギ釣りは難しい!
手作りの和竿で釣った小坂さん
27cmカンカン竿を叩かれた

中村亮太さん、初体験で23cm
金井成夫さん、27cmを2匹目
梶ヶ谷孝宏船長

竿頭は15匹。型は27cmが船中4匹!

竿頭は、先週も来たと言う会田さんが15匹。次が9匹、8匹と続く。型は27cmが船中4匹出た。船長は、「台風の影響でウネリが入り、濁りが出て食い渋った」と言っていたが、後半は良型がよく釣れた。翌3日(日)は、15~27cmを10~20匹と好調の兆し。夏から初秋は、大型が出る確率が高いが、海水温が高いうちは、群れが散っているので、拾い釣りになる。
間もなくシーズン“本番”を迎えるカワハギ釣り、長井沖のショート釣りなら気軽に楽しめること請け合いだ。

(釣りビジョンAPC・飯妻武夫)

今回利用した釣り船
神奈川県長井港『儀兵衛丸』
〒238-0316
神奈川県横須賀市長井5-3-5
TEL:046-856-2758 (定休日:第1・3・5金曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
儀兵衛丸ホームページ
出船データ
ショート・カワハギ料金
午前船:5,000円
午後船:5,000円
午前船~午後船通し:+3,000円
冷凍アサリの剥き身:800円
仕掛け:1セット(2組入り)はサービス
レンタルロッド:無料
出船時間
午前船:午前5時半集合、6時出船、10時沖上がり
午後船:午前10時集合、10時半出船、14時半沖上がり
午後船のみは電話で確認が必要
ページトップ