釣りビジョン
ON AIR
2016.12.15号

日正丸・茨城県日立久慈港
茨城県・久慈浜沖のヒラメ解禁!! 大物への近道!

釣れないよりは、釣れる方が楽しい。とはいえ、小さい魚が沢山釣れるより、より大きな魚を釣ってみたい。近年、数釣りのニュースが多くなったヒラメ。では、思い出に刻まれるような、エンガワがたくさん食べられる“座蒲団サイズ”の大物を釣るにはどうすればよいのか? 12月1日の茨城・全面解禁初日。大物を釣らせる船宿として評判の茨城県・日立久慈港『日正丸』から出船した。

雨天の暁暗でも乗船スムーズ

『日正丸』の集合時間は午前5時20分。集合・受付の『やまがた釣具店』の駐車場は、電光掲示板のおかげで夜明け前でもすぐに見つけられる。集合時間が近くなると、駐車場に停まった車の1台1台に女将さんが声を掛けてくれるので、到着順に並んで、明るい店の中で乗船名簿と釣り座を記入し、乗船料を支払う。そして、車で1、2分の日立港へ向かい、船の目の前に駐車して乗船。取材日は冷たい雨の中での乗り込みとなったが、解禁日の期待に胸膨らませる10人の釣り師たちは滞りなく釣り座に着き、「第8日正丸」は定刻よりやや早い河岸払いとなった。

夜明け前でもこのサインが目印
受け付けは明るい店内のレジで
何でも揃う利便性は釣具店ならでは

LTとノーマルの合理的な席分け
スタッフの手助けで乗船も円滑
港の駐車場は船の目の前

寒ビラメ!祝・解禁!

暗い海を走ること20分あまり。釣り場に到着したところで、今シーズンの安全と大漁を祈願して、船首と海に日本酒を撒いて、船長の音頭で乾杯。続いて餌の活きイワシが配られ、水深32mのエリアから竿入れとなった。
スタート4分後。最初に竿が曲がったのは荒井謙一さん(福島県いわき市)。低めのタナの手堅い釣りで今期1匹目のヒラメを釣り上げ、船中を景気づけた。

安全と大漁を祈願して乾杯
イワシは3匹ずつ配られた
今期初獲物は荒井さん

[動画]解禁、大物への近道!ヒラメ釣り

快適な釣りのための努力

『日正丸』では船首側にライトタックル(以下・LT)の釣り人、船尾側にノーマルタックルの釣り人が乗るよう釣り座を分けていて、しかも船を流す方向によって「左(舷)が40号、80号、右が30号、60号」とLT・ノーマルタックルそれぞれのオモリの号数を、船長がその都度アナウンスする。そのため釣り人同士のオマツリが非常に少なく、また潮の速さを確かめる無駄な仕掛けの上げ下げがない分、集中して釣りを楽しむことが出来る。横流しの釣りに不慣れな釣り人は勿論、一日の釣りをたっぷり没頭して味わいたいシリアスアングラーにとっても、このシステムは申し分ないだろう。

出れば2kg主体の良型
おろしたての竿の記念すべき1匹
寒ビラメらしい肉厚な魚体

“ゲストフィッシュ”も多彩

この日に上がったヒラメ以外の魚種も多彩だった。これからの時期は鍋料理がお勧めのマトウダイ。豪快な釣り味もさることながら、この時期、大根と煮付けると絶品のワラサ・イナダ。日立沖らしいビール瓶サイズの良型アイナメ。さらには狙ってもなかなか釣れない70cm級のスズキも交じった。また、この日は上がらなかったが、マゴチやソイというヒラメ釣りの定番の“ゲスト”に加え、タチウオも釣れるそうだ。どれもが美味しいフィッシュイーターだけに、幸運な出会いを期待したい。

フレンチの定番、マトウダイ
釣り味もよいワラサ(ブリ)
丸々と太ったイナダ(ブリ)

大瓶サイズの見事なアイナメ
いたずら好きなショウサイフグ
グッドサイズのスズキも出た

竿頭と船長に聴いてみた

この日の竿頭は、3.3kgを頭に2kgクラス主体で3匹を釣った根津剛さん(大田区)。水深30mラインを釣った砂地のエリアでは、捨て糸もハリスも短くして、低めのタナを釣り、この日の後半に入った水深10m以浅のエリアでは、活性の高い魚を狙って高めのタナを維持したとのこと。この読みは両方のエリアで的中し、30mのポイントでは3.3kg、浅場では2.5kgと、見事釣果に結びつけた。
実は、良型のバラシも多かった。山縣雄太船長にコツを尋ねると「どこでも言われるように食い込んでから合わせる、前アタリでは合わせないことですね」と基本の大切さを訴えた。また、仕掛けについても「1kgのヒラメを10枚釣るポイントなら、孫バリはトリプルフックがよいと思う。でも大物狙いの久慈浜沖ではシングルフックの方が掛かりがよい」とのこと。よくよく考えれば、トリプルフックは餌への負担を考えると、小さく細軸になる上に、同じ力で合わせたら、ハリ先に乗る力は1/3になる。フトコロの広い太軸の専用バリを用いた船宿仕掛けを見れば見るほど、その細部にまでこの海での経験と研究が見受けられるのだ。

この日、竿頭の根津さん
操船も説明も明解な山縣船長
イワシが固まるのは間もなく!

こだわりの船宿仕掛け
経験と研究を感じさせる仕様
仕掛け図

年末頃には4~5kg級が…!?

「シーズン開幕に合わせたようにイワシが入ってきて、解禁初日に3kg級が出ました。今月半ばから年末にかけてイワシの群れが固まってくれば、4、5kg級の期待が持てそうです」と今シーズンを展望する山縣船長。『日正丸』では心置きなくLTの釣りが楽しめるだけでなく、ジグやワインドなどのルアーフィッシングも同船できるとのこと。記憶に残る大物とファイトしてみたいルアーマンにとっても魅力的な船宿と言えるだろう。
釣りへの探究心は勿論、下船後にテラスで出される昼食のサービス、清潔感のある流し台や洗面所、トイレなどアメニティも充実しているので、休日を海でのんびりたっぷり楽しみたいアングラーにもお勧めしたい。
もし、あなたが隣りの釣り人と釣果を競い合ったり、数釣りを目標にすることに疲れを感じていたら、首都圏から2時間のドライブで、大物釣りのロマンと自分の釣りに向き合える、久慈浜を訪ねてはいかがだろうか。船長や女将さんの何気ない茨城弁にも癒やされる、安らぎの船宿だ。

道具は勿論、魚もおろせる流し台
下船後はテラスでの昼食付き
船も宿もアメニティの良さは抜群

(釣りビジョンAPC・川添法臣)

今回利用した釣り船
茨城県日立久慈港『日正丸』
〒319-1222 茨城県日立市久慈町1-5-23
TEL:0294-52-3745
定休日:第3月曜日(祝祭日の場合は翌日)
詳細情報(釣りビジョン)
日正丸ホームページ
出船データ
ヒラメ予約乗合(日・月・火・木・金曜日に出船)
乗船料金:1万2,000円(餌・氷・昼食付き)/女性・中学生以下1万円
集合5:20 出船6:00 貸し道具あり
ページトップ