釣りビジョン
ON AIR
2016.12.15号

明広丸・千葉県御宿岩和田港
千葉県・御宿沖、今が旬!浅場で狙う大型ヒラメ

この時期に旬を迎え、更に旨味を増している超高級魚・ヒラメ。そのヒラメが水深10m以下の超浅場で、しかも連日5kg越えの大型が釣れていると聞き、12月9日(金)に千葉県御宿岩和田港『明広丸』に出掛けた。

暖かい朝だが風が強い

この日の集合時間は午前4時45分、集合場所は船宿ではなく岩和田港に係留されている「明広丸」前。そこで荷物を降ろし後藤船長の到着を待つ。釣り座は先着順で、船内バケツ横にクーラーボックスを置いて確保する(※冬場、船上は滑り易くなる為注意)。車は4時20分に到着、車の外気温計は12℃と暖かいが、南西の風が強く吹いている。タックルはオモリ80号統一以外は自由。4時40分、『明広丸』の後藤明広船長が到着。駐車証看板を受け取り、車を岩和田港入口へ移動。程なく餌のイワシがイケスに運び込まれ、この日の釣り人8人を乗せ、まだ暗い5時30分に出船した。

出港準備中の「明広丸」
駐車証看板、ダッシュボードに掲示し駐車
大型ヒラメ確保すべく準備に余念がない

船長、常連さんとの餌の活きイワシリレー
生簀にはイワシが元気に泳いでいます
仕掛け図

順調な立ち上がり

航程約25分、岩船沖へ到着した。天候は晴れ、波高1m、ウネリはないが、風がやや強い。ミヨシ(船首)からトモ(船尾)に活きイワシが配布され、準備完了。辺りはまだ薄暗い6時、「ハイどうぞ。ドラグは緩めといてね」と言う船長のアナウンスでスタートした。
『明広丸』では横流しの釣りが基本。両舷を入れ替えながら流すので、釣り座に関係なくチャンスが来る。スタート後15分、左舷ミヨシで早くも船中初アタリ!超浅場の為、魚はタモに入るまで元気一杯で油断出来ない。慎重にやり取りし、船中1号となる1kgオーバーの”本命”を常連の中根寛志さん(千葉県袖ケ浦市)が釣り上げた。ほぼ同時に左舷胴の間(中央)に座った遠藤雄大さん(埼玉県朝霞市)、右舷大ドモの北落健次さん(千葉県市川市)、更に右舷ミヨシで中根さんと地元釣り仲間で常連の小林久弥さんと4人連続ヒット!!全て1kgオーバーのヒラメ。4連続”本命”で船中一気に活気づく。小林さんは連続でもう1匹追加。北落さん、小林さんにアタリの出方を聞くと、アタリは小さくモゾモゾして中々食い込まなかったとの事。ヒラメの捕食状態をイメージし、いつ食い込むかの”ドキドキ感”もヒラメ釣りの醍醐味の一つだろう。

船中1号 中根さん
レンタルタックルで挑戦 遠藤さん
船宿常連 北落さん

こちらも常連 中根さん
活きイワシは元気いっぱい
オモリは80号に統一

[動画]“浅場で釣る面白さ!ヒラメ釣り

順調に数もサイズもアップしていく

魚探で底を探りながら船長が船を流し直す。海中の岩場の状況に応じて船長から細かい指示が飛ぶ。「8m、今からカケ上がり、根掛かりに気を付けてね」。このカケ上がりにヒラメは潜んでいる場合が多いので根掛かりを恐れず攻めてほしい。船内には船宿オリジナルの仕掛け、80号のオモリも常備されているで安心。
船が流し直される度に釣果は伸びる。左舷胴の間で遠藤有起さんは、雄大さんと兄弟。左舷ミヨシで長友秀雄さん(埼玉県羽生市)と2kg近い良型を釣り上げた。小林さん、北落さんもサイズアップに成功。左舷ミヨシで加藤幸男さん(千葉県いすみ市)、右舷胴の間で鈴木三郎さん(神奈川県横浜市)にも良型ヒラメが上がり、開始2時間で船中全員がヒラメを釣り上げた。常連の加藤さん、鈴木さんは「ヒラメの時は『明広丸』だね。船長が確実に釣らせてくれるから。船宿専用の仕掛けがやっぱり釣れるね」と、絶大の信頼である。

良型1 有起さん
良型2 長友さん
良型3 加藤さん

良型4 鈴木さん
魚探にはベイトフィッシュの反応がびっしり
ヒラメは肉厚、美味しそう

時間経過と共にさらにサイズアップ・・・しかし

途中サメに邪魔される事がしばしばあったが、時間が経過するにつれサイズはどんどんアップ。雄大さん、北落さんにの竿が大きく孤を描く。浅場なのになかなか上がってこない、明らかに今までと違う引きだ。慎重かつ大胆に駆け引きが行われ、海面に大きな影が見えてきた。間髪入れず船長がタモですくい上げたのは3kg超え、4kg近い大ヒラメ! 北落さん「これはモゾモゾじゃなく、ドーンと入ったよ」と満面の笑みで教えてくれた。
数を伸ばし船中20匹超え、更にこれからと思ったが南西の風が15mを超えてきた為、岩和田港側に移動となった。

北落さん
遠藤雄大さんは5匹で竿頭
鋭い歯でイワシを捕食

風がどんどん強まる中、ラストスパート

10時過ぎに岩和田港前の海水浴場沖に到着。大型が上がっているポイントでラストスパート! この時点で風速は18mを超えてかなり厳しい状況。それでも順調に釣果は伸び続け、これ以上は危ないと船長の判断で早めの11時沖上がりとなった。
「イワシは弱りやすいから、孫バリは背掛けでね。海底変化の所はチャンスだから、根掛かりを恐れずいかないと釣れないよ」と船長。朝のうち潮の流れが悪かったため食いが浅く、海面近くでのバラシが多く見られたが、徐々に潮も流れ、食いもよくなり、良型中心に船中1~5匹、船中27匹という上々の結果となった。
帰港後は船長の自宅へ移動、駐車看板の回収、乗船料等の支払いを済ませる。そこで出されるラーメンを食べながら、乗船者同士で釣り談議するのもまた楽しい。『明広丸』はGWまでロングランでヒラメ釣りを行なう予定。これからイワシの回遊もありどんどん脂も乗り、旨味も増してくる。今が旬の大型ヒラメ、しかも浅場で釣れるこの時期に是非釣って食べて頂きたい。

活きイワシには歯形が
これからの時期は最高

旬のヒラメは絶品ですよ!

帰宅後、早速もう1つの楽しみである旬の天然ヒラメを調理。捌くと胃の中には丸々イワシが4匹も!身の部分をお造りに、残った部分をあら煮にして美味しく頂きました。刺し身はプリプリで旨味が強く、エンガワ部分もプリプリしてて最高!!肉厚で、脂乗りも抜群で絶品ですよ。

肉厚ですよ!
寒ビラメのお造り

(釣りビジョンAPC・森住貴義)

今回利用した釣り船
千葉県御宿岩和田港『明広丸』
〒299-5105 千葉県夷隅郡御宿町岩和田851
TEL:0470-68-3654
定休日:第1、第3土曜日
詳細情報(釣りビジョン)
明広丸ホームページ
出船データ
ヒラメ乗り合い
出船時間:午前5時30分 / 沖上がり:午前11時30分(電話確認)
乗船料金:電話確認 レンタルタックル有:電話確認
ページトップ