釣りビジョン
ON AIR
2017.01.01号

代々丸・和歌山県白浜・富田浦袋港
和歌山県・白浜沖、シーズン到来!クロムツ・キンメダイ

冬の訪れとともに、深海釣りのシーズンを迎える和歌山県・白浜沖。富田浦袋港『代々丸』では、昨シーズンは、アコウダイ、キンメダイを狙ったが、今シーズンは、まずはクロムツを狙うことになったと言う。さっそく乗船してみたところ、良型クロムツの好釣果に恵まれた。

「黒いダイヤ」超高級魚クロムツ!!

「代々丸」が出船する富田浦袋港へは、紀勢自動車道・南紀白浜ICから串本方面へ2、3分。大阪からだと150km位、通常2時間半程度で行ける。当日は一緒に乗船する渡辺さん、伊興田さんと一緒に向かった。
キンメダイと比べて“マイナー”な存在のクロムツだが、最近ではテレビのバラエティ番組等でも「黒いダイヤ」と紹介される注目の超高級食材。深海釣りの中でも比較的狙いやすく、白浜沖でも人気が高まってきている。

港にはたくさんの釣り人が!!

親切丁寧な濱本浩二船長
午前5時半頃、港に到着すると、多くの釣り人がすでに集合していた。僚船「丸浩丸」は天ビン仕掛けでハマチを狙って出船するそうで、満船での出港となった。続いて『代々丸』の濱本浩二船長が到着、予定通り6時過ぎの出船となった。当日は私を含め8人の釣り人が集まった。深海釣り経験者の人や、釣りはするものの深海釣りは初めてという人達が集まった。

17mの大型船「代々丸」
ゆったり座れるキャビン
出航すると日の出!黄金色に輝く竿・リール。格別の景色

Tankenmaru SMART対応深い水深でもハッキリ映ります
当日使用したタックル!レンタルもできます
仕掛け図

出港すると波が!!

船べりにサバの切り身を付けた仕掛けを並べ投入を待つ
港を出ると少し波があり、風も強い。ゆっくり走って20分程でポイントに到着した。白浜沖は、深海釣りのポイントが比較的近くにあり、まだ陸地が見える。船長から「始めましょう!」と声が掛かり、全員キャビンから出てきて用意。船べりのマグネットに仕掛けを並べ、餌のサバの切り身を付けていく。船長は全員が用意出来たのを確認してから仕掛けを投入させていくので、落ち着いて用意してほしい。

深海釣り初めての久重吉央さん。一投目から良型のクロムツ!!
『代々丸』の常連。塚田周平さん船長との会話は面白い!
メダイ・クロムツのダブルヒット!下條陽也さん

[動画]シーズン到来!クロムツ釣り

1投目からアタリが!!

船長のアナウンスで右舷トモ(船尾)の伊興田さんから投入していく。400号のオモリを放り込んでいく。ハリが順番に海に入っていくと成功で、そのまま海底まで仕掛けを落としていく。「続いて森さんどうぞ」と船長から声が掛かると同じように投入していく。順番に投入していき着底を待つ。私の仕掛けも無事にオモリが着底し、糸フケを取るとすぐにアタリがあった。同乗者の人達の竿にも次々とアタリが来た。

深海釣りの楽しみが…

普段はジギングをしている森康司さん。深海釣りどうでした?
深海釣りでは1匹ずつ上げると効率が悪い。アタリの大きさや回数などで魚種や匹数などを判断していく。“本命”のクロムツなら勿論追い食いさせていくのだが、10本バリの仕掛けのどのハリを食ったかで巻き上げるか、送り込んでいくかで釣果が決まる。勿論そのまま待つのも1つの手段だ。何匹ぐらい釣れているかを判断するのも重要で、深海釣りならではの楽しみだ。

これが深海釣りの醍醐味!楽しかったですよね?渡辺朋也さん
深海釣り初挑戦の田中嵐さん。余裕のこのポーズ!
実はスゴイ!伊興田信彦さん「代々丸」でアコウダイ・クロムツ・キンメダイを釣り上げている。

クーラーにはたくさんのクロムツが…
ラスト1投のキンメダイ!やっぱり目は金色ですね~
クロムツの炙りとハマチのお造り

楽しみな仕掛け回収!

船長の合図で仕掛けを巻き上げていく。水深300mからの回収なので、それなりに時間が掛かる。魚が掛かっていればあまり速いスピードでは巻けない。仕掛けが海面まで上がってくる間に、「どんな種類の魚が何匹掛かっているか?」等と考えるのが楽しい。海面まで来たら手で繰って回収していく。グローブがあればラインが滑らず便利だ。1投目は隣の田中さんとオマツリしながらもクロムツ、メダイが釣れた。

二枚潮!?クロムツ大漁!

「代々丸」には何度も乗船しているが、深海釣りではあまりオマツリしたことがない。しかし、今回はオマツリしながら上がってきた。船長に聞くと潮が速く、しかも二枚潮だと言う。初めての人もいるので、ハリ数を減らしてみた。すると、これが正解。2投目には5本バリの仕掛けに変更して、4匹のクロムツが釣れた。他の人達もクロムツ、メダイ、サバ等が釣れていた。3投目、4投目もクロムツが上がった。アタリがあったのに魚が掛かっていない時や、途中でハリから外れた時は、船の周りの海面をよく見てほしい。ハリから外れたクロムツが浮袋を膨らませ上がってくる事がある。今回の釣行では3匹見つけることが出来、2匹を掬うことが出来た。1匹は先に鳥に見付けられてしまった。

ラスト1投!!キンメ狙いに!!

5投目までパーフェクトでアタリがあり、良型のクロムツがたくさん釣れ、渡辺さん達のクーラーは満タンになった。こんなにいい日はなかなかない。渡辺さんの誘いで来た森さん、久重さん、田中さん達も「深海釣りが初めてでこんなにいい思いが出来た」と大喜び。船長の提案で最後の1投はキンメダイを狙うことに。クロムツを外して、餌を付け直した頃には、水深400mのキンメダイが狙えるポイントに到着。そして、渡辺さん、塚田さんに良型のキンメダイが釣れ終了となった。 これからシーズン本番となる『代々丸』の深海釣り。初釣りに深海の「黒いダイヤ」を狙ってみては如何だろう。

(釣りビジョンAPC・足立雅史)

今回利用した釣り船
和歌山県白浜・富田浦 袋港『代々丸』
〒649-2334 和歌山県西牟婁郡白浜町富田浦袋港
TEL:090-3168-1739
定休日:なし
詳細情報(釣りビジョン)
代々丸ホームページ
(交通)
車は阪和自動車道~紀勢自動車道 南紀白浜IC~R42で串本方面へ約3分。
一目坂トンネル抜け約1分、釣具店「釣太郎 白浜店」を過ぎ約100mで右折、富田浦・袋港へ。
電車はJR紀伊富田駅か椿駅からタクシー。
(出船データ)
完全予約制
乗合船深海釣り便1人1万4,000円。餌・氷付き
チャーター便も有り要問い合わせ
レンタルタックルも充実
ページトップ