釣りビジョン
ON AIR
2011.3.1号

仁徳丸・茨城県波崎港
良型ぞくぞく!茨城・波崎沖の沖メバル五目釣り

“デパ地下”の鮮魚コーナーで1尾2000円は下らない値をつける良型沖メバル。そんな高級魚が、茨城・波崎沖で絶好調。いい日には竿頭が40尾を超えることも珍しくはない。上質な白身は醤油との相性が抜群、その煮つけは絶品だ。2月19日(土)、波崎港『仁徳丸』へ出掛けた。

浅場は“数”、深場は“型”

午前5時、港へ着くと既に5人が道具のセッティングの真っ最中。船前で篠塚仁大船長が受け付けをしていた。この日、舵を握る若船長の三橋正幸さんが、「今日はお客さんの希望で深場中心で行きますよ~」と言いながら笑顔で迎えてくれた。『仁徳丸』では沖メバル狙いのポイントを深場と浅場に分けている。深場では“型”、浅場では“数”が期待出来る。この日は深場を狙ってから、浅場の様子も見に行くとのこと。午前5時半、定刻にモヤイが解かれた。

船長おすすめタックル紹介
今回のターゲット、沖メバル
沖メバル五目釣りのオモリ&仕掛け

風と波はメバル釣りの大敵

利根川河口にさしかかった所で「ちょっと河口付近は波があるので、銚子港側から回りますね」と、船長からアナウンス。予想よりも波があるようだ。釣り場まで航程凡そ1時間20分。キャビンで仮眠をとった。
「はい、そろそろポイントに着きますから準備をして下さいね」と言う船長の声で目が覚めた。キャビンから出ると思ったよりも波が高く、風も強い。沖メバル仕掛けは全長6m以上と長いため、風が強いと餌つけなどに苦労する。6時50分、船長から1投目の合図。「ここから様子を見ていきましょう、はい、どうぞ~水深127m」。

ホタルイカ1パック付
目と目の間にハリを刺す
仕掛け図

多彩な美味しいゲスト登場

残念ながら最初の流しは誰にもアタリがなかった。「シケの時は、反応が出にくくなる傾向がありますね。根の中に入っちゃうんですよ」と船長。反応を見つけるのに苦労をしている。少しずつ深場へと狙う水深を下げていくと、3流し目で全員に沖カサゴがヒット。しかし、全部15~20cmの小型。そして4投目、今度は右舷大ドモ(船尾)で良型マサバの3点掛け、大ドモから2番目では30cmのアジ、左舷大ドモでは25cmの沖カサゴと“本命”は顔を見せないものの多彩なゲストが釣り上げられた。

小型沖カサゴのダブル
良型のマアジ
このサイズは嬉しいお土産だ

30cm級のマゾイに思わずニッコリ

お見事!トリプル
“本命”のファーストヒットは右舷ミヨシ(船首)の常連さん。2.4m胴調子竿に自作の10本バリ仕掛けで追い食いを誘い3点掛けを達成。いずれも30cm級の良型だった。すると、右舷大ドモでもヒット。こちらも27cmと30cmの2点掛け。その後は、流し替える度にポツリポツリながら釣れて来た。
午前9時、私が竿を出そうと準備をしていると右舷ミヨシでまたヒット。竿がギュギュンと絞り込まれる。メバルとは違う突っ込みで最後まで抵抗をみせる。上がってきたのは30cm級のマゾイ。嬉しいゲストに思わずニッコリ。この頃から風が少しずつ落ち、釣りやすくなって来た。
午前9時半、私も竿を出した。船長に誘い方を聞いてみると、「基本はオモリトントンの状態で上下にゆっくりと誘いをかけます。置き竿の場合はたまにオモリがトンッと底に着く程度です。後はマメな底の取り直しが大事ですね」。これと言った難しい誘い方などは必要がないようだ。今回はアジのビシ竿でトライ。全長1.8m、オモリ負荷120-150号の7:3調子。オモリは150号、仕掛けは船宿で買った7本バリを5本バリに切って使った。

大ドモでダブル
パンダメバルのダブル
30cm級のマゾイ

アタリは明確!良型がダブルヒット!

餌のホタルイカを付け、期待を込めて第1投目。海底から2m位の間をオモリがゆっくりと上下するイメージで誘いをかけると、コツコツ、ココンと明確なアタリ。しかし、このアタリではハリ掛かりせずガッカリ。そして、2投目、同じ誘い方で今度はがっちりとハリ掛かり。30cmと32cmのダブルヒット。船長に魚を持ってもらいハイチーズ。

私の竿にきた良型メバルのダブル
がっちりと上顎にハリ掛かり
ミヨシの樽は尺メバルがズラリ

右舷ミヨシで良型3点掛け

波が低くなるとともに状況も上向いて来た。船長からも「今日一番の反応が出たよ!」と熱いアナウンス。間もなく右舷ミヨシで良型3点掛けを達成。次の瞬間、私の竿にゴゴン!明らかにメバルとは違う引き込み。慎重に上げて来たが水深15mまで来たところで痛恨のバラシ。「ここは2kg級のメダイもいるから、それじゃないの」と船長。釣れれば人生初メダイだったのに残念無念。

魚探には今日一番の反応
2011年2月沖メバル五目釣り(前編)

入れ食いタイムに突入!

午前11時半、移動の合図。港へ戻る途中の浅場をやってみるとのこと。20分程走ってポイントに到着。そして、オモリが着底するや否や船中ほぼ全員にヒット!左舷ミヨシではなんと6点掛けを達成。右舷ミヨシでは2点掛けを2連続、そして右舷大ドモでは50cm級の丸々太ったホウボウ、左舷大ドモでは50cmの“黄金アイナメ”が出た。このポイントで全員が本命を追釣し、後ろ髪をひかれる思いで納竿の12時半を迎えた。

丸々太った50cmのホウボウ
黄金色の良型渡りアイナメ

沖メバル五目は3月一杯

この日の竿頭は13尾だったが6人中4人が“ツ抜け”。3時間竿を出した私がスソの4尾。しかし、型は28~32cmの良型揃いだった。
『仁徳丸』では、3月末まで沖メバル五目船を出すとの事。絶品の沖メバル釣り、是非出掛けてみてはいかがだろう。

沖メバルの煮つけ
船長!今日はどうでした?
2011年2月沖メバル五目釣り(後編)

(吉田 洋一郎)

今回利用した釣り船
茨城県波崎港『仁徳丸』
〒314-0408 茨城県神栖市波崎8573-5
TEL:0479-44-3651
詳細情報(釣りビジョン)
仁徳丸ホームページ
出船データ
(料金)オキメバル五目=餌、氷付き12000円。
(午前5時集合、午前5時30分出船、12時30分沖上がり)
ページトップ