釣りビジョン
ON AIR
2011.12.15号

岡重丸・茨城県那珂湊
正月用のマダコ、確実にゲットするなら那珂湊沖!!

新年も目前に迫り、正月用の魚を準備する時期になった。正月と言えば、まずマダコだろう。値段も跳ね上がり近海ものは1kg級で1尾4000、5000円は下らない。今年は、家族分は勿論、親戚一同の分までまとめて面倒みてみては如何だろう。茨城県・那珂湊港『岡重丸』の乗合船なら、そんな釣果も決して夢ではない成績が続いている。

シケ前はトップが15尾超えの“爆釣”

近年、スーパーなどで見かけるマダコの大半は外国の海で獲られたものだ。正月くらいは“国産”、それも近海物を食べたい。『岡重丸』では、12月1日“解禁”になったヒラメ、そしてマダコの乗合船を出しているが、希望者の多い方の船を出している。ヒラメ解禁前のマダコ船の成績は、11月28日1~16尾、29日3~17尾。オデコ(0尾)なしでトップが15尾超えの“爆釣”である。「親戚一同の分までまとめて…」と言ったのが、オーバーでないのがお分かり頂けたはずだ。

[動画]那珂湊沖のマダコ釣り
[動画]餌のサンマの縛り方
舵を握った岡田重光船長

120号のタコテンヤにサンマ餌

仕掛け図
7日(水)、ヒラメ解禁後初となるマダコの乗合船(6時出船)に乗った。乗船者は小生を含め7人。「釣り場まで少し走りますから、キャビンで休んで下さい」。舵を握る岡田重光船長から声が掛かったが、航程を聞くと20分程だと言う。11月半ばまでは航程5、6分の超近場をやっていたので「少し走る」と言う事らしいが、キャビンに入るまでもない距離だ。東の水平線から太陽が顔を出した頃には釣り場に到着した。「水深20m、やって下さい」と、船長から声が掛かった。120号のタコテンヤには、サンマが1尾縛り付けてある。東京湾や相模湾では、石ガニを使う事が多いが、“常磐地区”ではサンマが定番。そのため、テンヤも長く大きい。

釣り場は、航程20分程の近場
120号のタコテンヤ
餌のサンマを縛り付ける

初獲物は2kg近い良型!

間もなく、「左舷で乗ったよ」と船長から声が掛かり、カメラマンが飛んでいくと、釣れて来たのは150、160cmはあろうかという大アナゴ(和名・クロアナゴ)。夜行性のアナゴが釣れると言う事は、底潮が濁っている証拠。前日までのシケで底荒れしている可能性が大きい。嫌な予感が頭を過ったが、間もなくあちらこちらで「乗ったよ」と声が掛かり出し、小生の指先にもズンッと“アタリ”が来た。少し道糸を緩め、そ~っと聞いてみると、明らかに重みを感じる。そこで思いっ切り合わせると、ギシッと明確な手応え。マダコ釣り最高の瞬間だ。船縁に道糸を当て、リズミカルに上げて来ると、海面に姿を現したのは、2kg近い良型マダコ。上乗り役で同乗していた船長の弟、岡田勉さんが飛んで来て玉取りしてくれた。

底潮が濁っているためか巨大クロアナゴも釣れて来た
「岡重丸」のキャビンは、掃除が行き届き電子レンジもポットも完備、コーヒーまで用意されている

乗船者7人全員に1尾ずつ!

その後、小1時間の間に乗船者7人全員が1尾ずつのマダコを釣り上げた。マダコ釣りでは、釣果が2、3人に片寄る事が多いのだが、実に珍しい釣れ方だ。しかし、そんな均衡状態も徐々に崩れ出し、左舷の大ドモ(船尾)の人が大きく釣果を伸ばしていった。右舷のミヨシ(船首)から3番目に座った小生にも2尾目、3尾目が釣れて来たが、その時点でミヨシ側の2人は6尾ずつを釣っていた。その間に大アナゴが2本追加され、「底潮が相当暗い(濁っている)んだな。続けて乗って来ないもの。今シーズンは、まだ“渡り”が交じって来ないし、全般に型も小さいね」と、船長はこれだけ釣れていても不満顔。“渡り”とは、文字通り他の場所から渡ってくるマダコを指し、居付きに比べて型がいい。時には4kg、5kg級の大型も釣れて来るが、今シーズンはそのクラスはまだ交じって来ないそうだ。

タコ、タコ、タコ

トップは14尾の“爆釣”!!

その後、船長は、水深20~30mラインの根(岩礁)周りに船を転々と移し探って回ったが、何処でも船中で2尾、3尾ずつマダコが上がり、正午過ぎの沖上がりまでに左舷大ドモの人は14尾を釣り上げた。2尾という人も1人いたが、他の5人は4~8尾の成績。サイズも船中で2、3尾だけ400、500gの小型が交じったものの大半は1kgを超えるグッドサイズ(最大は2.6kg)だった。それでも船長は、「まだ、本調子じゃないね」と最後まで不満顔だったのだから、船長が納得出来る状況になれば、親戚一同どころか向こう3軒、両隣の分まで面倒みられる釣果が期待出来そうだ。
正月まであと2週間、“短期決戦”だが、是非出掛けてみては如何だろう。
※ヒラメ船との兼ね合いもあるので、出掛ける時には、前日までに確認の電話を忘れずに!

(野口 哲雄)

今回利用した釣り船
茨城県那珂湊『岡重丸』
〒311-1201 茨城県ひたちなか市阿字ヶ浦町54-12
TEL:029-265-7313(定休日:第1、3月曜日(祝祭日の場合は翌日))
料金:10,000円(女性・小学生は2,000円引きします。)
詳細情報(釣りビジョン)
岡重丸ホームページ
ページトップ