釣りビジョン
ON AIR
2011.12.15号

萬司郎丸・神奈川県片瀬江ノ島港
旬のアジ、相模湾・江ノ島沖で絶好調!!

[動画]江ノ島沖のアジ2011冬
師走に入り、神奈川県・片瀬江ノ島港『萬司郎丸』のアジ船が絶好調だ。今年はメジ、本ガツオ、キハダなどの回遊魚が12月になっても釣れ続く“異常事態”に、本来の冬のアジ釣りが中々本格的にスタート出来なかったが、いざ蓋を開けてみると連日好釣果。冬は元々味のいいアジが抜群に美味しくなる旬である。10日(土)、『萬司郎丸』のアジ船に乗った。

出船は朝6時45分

現在、アジ船の出船時間は朝の6時45分。港入口にあるネオンで光る看板が目印の『萬司郎丸』受付専用ブースで受け付けを済ませてから、港内に車を入れて駐車するのがルール。乗船場に近い船宿店舗では準備を済ませた釣り人たちが暖を取りながら談笑していた。アジ船の担当は早川竜洋船長。「第二十二萬司郎丸」の舵を握る。今回も道具一式を船宿レンタルタックルで揃えた。勿論、誰でも普通に借りられる道具である。

船宿『萬司郎丸』
「第二十二萬司郎丸」
頼れる早川竜洋船長

絶景の相模湾フィッシング!

綺麗な富士山!
この日は、私を含め4人を乗せて定刻通りに出船。船首と船尾の四隅で竿を出す贅沢な“大名釣り”となった。港を出てゆっくり走って約20分、釣り場の江ノ島沖エリアに到着。前日には東京でも初雪を観測した急な冷え込みそのままに当日朝の気温は2度。見事な冬晴れにくっきりと見える富士山は5合目付近まで白く染まっていた。

いきなり連発!そしてデカイ!!

釣り場に着いて間もなくイカリが打たれた。「カカリ釣り」でやるとは思っていなかったので驚いたが、「ここは漁礁の沈むポイント、その漁礁の角を狙って釣るんだよ」と言う船長の説明に納得。この日は潮も速く、ピンスポットを狙うには船を固定した方が断然釣り易いはず。そしてイカリロープの長さや角度が微調整され、「はい、どうぞ!水深116m。下から5~8m、タナは高めでやってみて!」とのアナウンスでスタート。しばらく経つと各自アタリダナを見付けたようでいきなり連続ヒット。私も早々に竿を出した。底から5mのタナでアジをゲットすると続いてアタリがあり、連チャンとなった。しかも釣れてくるサイズのほとんどが30cm後半の大アジばかりなのには驚いた。

冬晴れのベタ凪
幸先良く良型ゲット!
嬉しい沖メバルのゲスト

仕掛けと釣り方

仕掛け図
ここでは130号のビシを使ったコマセ釣りが基本。イワシミンチのコマセに、付け餌は赤タンか青イソメ(別売り1パック300円)を使う。今は青イソメが喰いが良いとのことでこちらを使った。詳しい道具立ては仕掛け図で紹介しているので参考に。また、基本的な釣り方も特に変わったことはなく、船長の指示ダナにコマセカゴの位置を合わせアタリダナを探っていく。その時々で船長から細かい指示があるので、とにかく船長のアナウンスはよく聞いておこう。

船宿で借りた道具類
イワシミンチのコマセ
エサは青イソメ

大アジ入れ食い!!

その後も大アジの連発は止まらない。「1尾掛かっても追い喰いさせて2尾、3尾とくっつけてよ!そういう反応が出ているからね。掛かったら1m程上げると追い食いして来るよ」と船長が熱くアナウンス。確かにアジの活性は恐ろしく高い。根掛かりに注意しながらビシを沈め、アタリダナの3m下からコマセを振って海底から5mジャストの位置でキープすれば、ほぼ1分以内にガツガツガツッ!と鋭いアタリが穂先に出た。サイズが大きいので1尾でも相当の引きだが、船長の言う通りまんまと多点掛けに持ち込めれば、その引きの強さや重さは半端じゃない。しかもこのアジは長いだけの薄っぺらな魚体ではなく、ぷっくりと太った幅も体高もある素晴らしいプロポーション。一目で“絶品アジ”だと分かる代物だ。

物凄い釣れっぷりに笑顔♪
クーラーは瞬く間にアジで埋まってゆく
見事な大アジ!!

ハリスは2~3号を用意!

ここに掛かれば完璧!
アジの食いが一服した9時過ぎと11時半に、イカリを上げて小移動を2回したが、場所が少々変わってもアジの活性は落ちず入れ食い状態は続いた。更に速い潮も多少落ち着き釣り易くなった。ただ、アジの引きがあまりにも強いので、追い喰いを待って時間をかけ過ぎると仕掛けが切られてしまう。漁礁周りでは掛かったアジが障害物に逃げ込み、ハリスを切ってしまうのだ。私はハリス2号の仕掛けを使っていたが3号でも問題ない。予備を含め2~3号の仕掛けを各種用意したい。また、電動リールの巻上げ速度の調整が中々難しい。遅く巻き過ぎるとアジが暴れ反対側の釣り人とオマツリしてしまう。私はこれで何度か迷惑をかけてしまった。しかし、リールを速く巻けば口切れしてしまうので丁度良い速度をその都度探す。この日はハリ掛かりが抜群だった。ほとんどが一番硬い上顎にガッチリと掛かっていたのだが、今思えば掛かりが良過ぎてハリが外れず、それ故ラインの方が先に切れてしまった可能性も高い。

今後も期待大!

その後、12時過ぎに少移動。群れの動きが早くなり、「カカリ釣り」では対応出来なくなり流し釣りに切り替えた。それでも大アジは最後まで釣れ続き、沖上がりの14時を迎えた。結果、トップは52尾、スソ(最低)でも29尾の“爆釣”。私も多点掛けで数を伸ばし27尾をゲット(取材の為、成績に反映されない)。釣果情報を見て頂ければ分かるが、取材日より前の成績は勿論、翌11日も20~41尾、12日も29~61尾という好成績続き。「毎年この時期の釣果は安定していますよ。今後もこの調子で釣れると思います!」と早川船長からも頼もしい言葉。今が旬の“絶品・湘南アジ”。是非出掛けてみては如何だろう。

このサイズが入れ食い!
クーラー満タン!
ここは湘南・江ノ島沖!

(鈴木 恭介)

今回利用した釣り船
神奈川県片瀬江ノ島港『萬司郎丸』
〒251-0036 神奈川県藤沢市江ノ島2-1-12
TEL:0466-23-8309(定休日:第1・3・5火曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
萬司郎丸ホームページ
出船データ
乗船料金:8500円(氷・コマセ・赤タン付き)/青イソメ:300円
貸し道具:電動リールセット1500円/手巻リールセット500円
出船6:45 ~ 帰港予定14:45頃
ページトップ