釣りビジョン
ON AIR
2013.12.15号

つり幸・神奈川県川崎
東京湾・横浜沖一帯のLTアジ絶好調!

東京湾・横浜沖一帯でLT(ライトタックル)のアジ釣りが絶好調だ。神奈川県・川崎『つり幸』では、午前便と午後便の乗合船を出しており、連日トップで30~50匹、時には束(100匹)に近い釣果も記録されている。この時期の東京湾のアジは、脂が乗って味も絶品、食味に誘われ3日に出掛けた。

出船前にビギナーに船長から釣り方レクチャー

『つり幸』店舗
受付
『つり幸』では、毎朝、JR川崎駅に送迎バスを出しており、“電車組”にも嬉しい船宿。この日の午前船乗船者は、私の他に常連さん4人とビギナー3人の計8人。右舷側に常連さんが座り、ビギナー組は左舷側に座った。
出船前、アジ船担当の山本誠一船長が、ビギナー3人を集め、レンタルタックルの操作に始まり、底ダチの取り方、コマセの振り方と一連の釣り方を実に丁寧に説明していた。
午前6時50分、定刻に出船、航程20分足らずで最初の釣り場、扇島沖に到着した。この日は大潮回りの3日目、最初の満潮は午前5時19分なので下げ潮を釣る事になる。しかし、大潮にも関わらず潮があまり流れていない。釣り始めてすぐに常連さんの一人、倉内さんが25㎝級の良型アジを釣り上げ、続いてやはり常連さんの島さんが35㎝級の大アジを釣り上げた。その後、吉田さん、山下さんの常連さん2人も型を見たが、潮が流れていないためか後が続かなかった。そこで、船長は移動を決断、南本牧沖に走った。

乗船したLTアジ船
船長のレクチャー
[動画]仲間と楽しく!LTアジ釣り

コマセが効き出すまで改めて“講義”

仕掛図
航程20分程で到着。ここでイカリを入れての“カカリ釣り”になった。船長は、魚群探知機と睨めっこしながら慎重にイカリを入れた。
「今のところあまりいい反応が出ていないけど、コマセを撒いて頑張りましょう」と船長。アジが集まるまでの間にビギナー組の大久保さん(女性)、張さんご夫妻に、船長から頼まれもう1度釣り方のレクチャーを行った。
要点は次の5点。①コマセは、8分目、②付け餌の青イソメは3㎝に切って付ける、③竿先に道糸が絡んでいないかを確認してから投入、④ビシが底に届いたら、糸フケを取り、1.5m巻いて1回コマセを振る、⑤アタリが無かったら2mまで巻き上げて再度コマセを振る。この動作を3回繰り返すとコマセが無くなるので、仕掛けを巻き上げコマセを詰める。
そんな講義をしている内にコマセが効き出したのか、右舷側の常連さん達は、次々にアジを釣り出した。

ビシと仕掛け
青イソメを使用
使用したライトタックル
やりました!
ピカピカアジ
金色の魚体
これも金ピカ
ナイスなアジ
これも良型

25㎝オーバーの良型交じり、トップは34匹!

間もなく、右舷側でもアタリが出始め、25㎝級の良型アジやイシモチ(シログチ)交じりで好調に釣れ出した。大久保さんには25㎝級のアジと良型イシモチが一荷(2匹)で掛かり、鼻歌を歌いながらご機嫌だ。張さんご夫婦にもアジとイシモチが次々に掛かり出し、船上は一気に活気付いた。
中でも倉内さんは、手返しも良くこの機に一気に数を伸ばしていった。他の常連さん達も順調に数を伸ばし、11時の納竿時間には、倉内さんが34匹のアジを釣り上げてこの日の竿頭。ビギナーを含めたその他の人達も10~20匹のアジを釣り上げ、全員が何匹かずつイシモチも釣っていた。

山本誠一船長
並んで
イシモチも
ダブルヒット!
アジ釣り最高!

“関アジ”も真っ青の絶品アジ!

釣れたアジのサイズにはかなりバラ付きがあったものの、25㎝を超えるような良型も結構交じっていた。型にバラつきがあるのは魚影の濃い証拠でもある。今シーズン、横浜沖一帯の浅場(水深20~30m)には、まだまだアジの大群が居付いているようだ。急激な気温、海水温の低下でもない限り、当分の間は期待してもよさそうだ。
午前便、午後便の半日の釣りなので、家族連れなどで出掛けるにもピッタリの釣り物。日並みの良い日を選んで出掛けてみては如何だろう。この時期の東京湾のアジは“関アジ”も真っ青の絶品アジである。

(釣りビジョンAPC・榎本 裕一)

今回利用した釣り船
神奈川県川崎『つり幸』
〒210-0864
神奈川県川崎市川崎区池上町9-12
TEL:044-266-3189(定休日:毎週木曜日)
詳細情報(釣りビジョン)
つり幸ホームページ
出船データ
出船時間:6時50分、12時30分
乗船料金:6,000円(女性半額=コマセ・氷付き、仕掛け)
レンタルタックルあり:500円
ページトップ