大反省会

初回放送日
2018年01月15日
出演者
鈴木康友・野嶋玉造・島 啓悟・瀬田匡志・高橋祐次・井川弘二郎
場所
スタジオ
魚種
アユ
あっと言う間に過ぎ去った2017年の鮎シーズン。釣りビジョンを賑わせた名手達にとってはどんなシーズンだったのでしょうか? 春にお送りした解禁直前座談会の時に決定した、反省会を初開催。シーズンを終えた名手達が集い、2017年を振り返る。

立ちたい流れが、そこにある

初回放送日
2017年12月11日
出演者
瀬田匡志
場所
熊本県 球磨川
魚種
アユ
2017年のトーナメントシーズンを充実したものにした瀬田匡志。鮎シーズンが終盤に差し掛かる頃、トーナメントとはまた違う楽しみを求めて、毎年球磨川へと足を運ぶ。 フィールドの存在感、そこに活きる鮎の生命力。それらと全身を通して対峙し遊ぶ事は瀬田の鮎釣りにとっての大切な事を思い出させてくれる。球磨川に、立ちたい流れがある。

ワイワイ釣ろうぜ!シーズン終盤の五ヶ瀬川釣行

初回放送日
2017年11月24日
出演者
高橋祐次
場所
宮崎県 五ヶ瀬川
魚種
アユ
トップトーナメンターの高橋祐次が、シーズン終盤の宮崎県・五ヶ瀬川に向かった。今回の釣行、シーズンが終わる寂しさが…まったく感じられない!感じるのは楽しさだ! 釣り人も、はたまたスタッフまでもが五ヶ瀬川を楽しみすぎたその結果、いい意味でふざけた鮎釣りバラエティーが誕生!祐次と一緒に釣りを楽しんでいる感覚になれるかも!?

大鮎四万十川スタイル

初回放送日
2017年11月13日
出演者
有岡只祐
場所
高知県 四万十川
魚種
アユ
数釣りがメインの最盛期を過ぎ、シーズン終盤になると鮎釣りは型狙いの釣りが面白くなる。それは球磨川などに代表される、一発大物狙いのイメージが強いのだが…。 四万十川での大鮎狙いの釣りは、型と同時にある程度の数も見込める。オトリを循環させながら、サイズを上げていく。そしてその最終目標は30.3cmを超える事。そう尺鮎だ。

YujiStyle 気田川の天然遡上と戯れる

初回放送日
2017年10月23日
出演者
高橋祐次
場所
静岡県 気田川
魚種
アユ
2017年のYujiStyle第3弾の舞台は、シーズン後半の静岡県気田川。遠州灘から上ってきた勇猛な天然遡上の鮎が、大いに楽しませくれると評判の河川だ。 掛かれば激しいアタリを出し、オトリにすれば容易に荒瀬へと潜り込む。そんな気田川の鮎たちと、青空の下で戯れる。まさに、一年のご褒美のような釣りを体感してほしい。

富山県神通川 爽快な瀬釣りを楽しむ

初回放送日
2017年09月11日
出演者
島 啓悟
場所
富山県 神通川
魚種
アユ
長良川の名手・島啓悟が北陸を代表する天然遡上河川、神通川で盛期の友釣りを楽しむ!度重なる増水からの回復段階にあるお盆時期。黄色い良型鮎はどこに着いているのか? 人よりも奥へ…小2で瀬釣りの魅力を知った島啓悟が押しの強い神通川で豪快な釣りを展開!循環を大切にしているその釣りの組立て方とは?竿が絞られる豪快なアタリは必見!

YujiStyle 東北の地に美しい鮎を探す

初回放送日
2017年08月28日
出演者
高橋祐次
場所
秋田県 皆瀬川
魚種
アユ
2017年のYujiStyle第2弾は、数多くの天然鮎が遡上する秋田県・皆瀬川が舞台。背ビレが長く、美しい鮎が掛かると評判のこの川に、祐次は初めて訪れる。 釣行日は解禁初期の7月中旬。前日の雨の影響か、鮎の追いは良くない状況だった。それでも祐次は、持ち前の洞察力をいかんなく発揮し、たくさんの美しい鮎を見せてくれた。

トーナメンターの日常

初回放送日
2017年08月07日
出演者
有岡只祐
場所
高知県 奈半利川
魚種
アユ
トップトーナメンターになる道筋は人それぞれだが、地元に銘川がある場合が多い。環境が人を育てる。高知県奈半利川の近くに住むトーナメンター有岡只祐の日常に迫る。 有岡にとって夏場のアユ釣りは日常。仕事と釣りが両立する、素敵なローカルの生き方がそこにはある。日常の中にある釣りを見ながら有岡の強さの秘密に迫っていく。

小河川で見る引き釣りの極意

初回放送日
2017年07月24日
出演者
小澤 剛
場所
岐阜県 白川
魚種
アユ
「小河川×渇水=瀬は釣れない」と考える鮎師は多いのではないだろうか。現代最強の呼び声も高いトップトーナメンター・小澤剛が、岐阜県・白川でその定説を覆す。 6月下旬の白川は、渇水の影響でトロ場や淵に多くの鮎が溜まった状態。そんな中でも、小澤は自身の代名詞でもある引き釣りで悠々と瀬から鮎を抜いていく。その極意を見よ。

和歌山県有田川 天然の追いを楽しむ

初回放送日
2017年07月10日
出演者
井川弘二郎
場所
和歌山県 有田川
魚種
アユ
狩野川の名手・井川弘二郎が和歌山県有田川の天然鮎と遊ぶ!解禁から1ヶ月半、「天然がどこまで出来上がっているか楽しみ」と、2年ぶりに訪れた有田川にオトリを泳がせる。 小ジャリ、岩盤、アカ付きのいい石、天然が上る魚道。その中でも野鮎が嫌がる道筋を見つけて泳がせると…目印が飛ぶ強烈なアタリ!予想以上に大きく育った金鮎と出会った。
釣りビジョン: 0120-260-251