VODバナー
  • 2020年8月30日(日)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 アカハタ ~35 cm 数匹 洲崎沖水深15~70m
【水色】澄む 【水温】26.9~28℃
12隻合計の釣果。今日のカサゴ五目は、乗合と仕立の2隻で出船。今日も朝方から28度近い高水温!高過ぎでしょ。高水温に強く夏好機のアカハタ・アヤメ・キントキ等でさえも渋、渋っ~!!今日も苦戦の1日でした。水温下がれば~また良い日もあるでしょう。水温下がり時に期待しましょう!他にカサゴ・アヤメカサゴ・カンコ・ワニゴチ・タマガシラ等、各数匹ずつ。
  • 2020年8月29日(土)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 カサゴ・アカハタ 2~7 匹 20~37 cm 洲崎沖水深15~67m
【水色】澄む 【水温】26.8~27.5℃
1カサゴ五目船。本カサゴ最大36.5cm!終日、浅場も沖口も潮通しの悪い高水温澄み潮…。底から上までちょい水温が高か過ぎたかな?根魚達はご機嫌斜めでした。カサゴは本カサゴ。他にアヤメカサゴ・フサカサゴ・オキナヒメジ等。
  • 2020年8月28日(金)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 カサゴ ~10匹弱 洲崎沖水深15~73m
【水色】薄濁り 【水温】26.3~27℃
1カサゴ五目船・2人の釣果。1人はエサ釣り、もう一方はスロージグでの釣行。ジグへの反応は弱くエサ釣り優位な展開でしたが、エサ釣りの方は暑さのあまり9時に竿納。それでも…中盤までにカサゴ系を10匹近く捕ってましたので何とかなってたかな。他にヒラメ・オキナヒメジ・ゴジラ等。
  • 2020年8月27日(木)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 アカハタ 1~6 匹 21~37 cm 洲崎沖~平砂浦沖水深15~71m
【水温】25.5~27℃
1カサゴ五目船・2人の釣果。今日は北山丸に2回目の乗船となる真面目なカップルさんで出船!2人とも今回は是非マハタを捕りたいとの希望!マハタはスカもあり得るので、とりあえず朝方は保証でアカハタを狙えば適度にポツポツ。その後は沖口でお客様希望のマハタ狙いに時間を費やするが鳴かず飛ばず…捕獲できず。2人とも頑張っておられましたが…船頭の力不足で…。お疲れ様でした。他にアヤメカサゴ・カンコ・オキナヒメジ等。
  • 2020年8月25日(火)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 アカハタ 数匹 洲崎沖水深15~75m
アヤメカサゴ 数匹
オキナヒメジ 数匹
オニカサゴ 数匹
【水色】薄濁り 【水温】26~26.3℃
1カサゴ五目船。アカハタ・アヤメカサゴ・オキナヒメジ・ゴジラ等各数匹ずつ。今日の船上は寂しくゆったりと、お客様をプライムシート席へご案内。浅場、沖口とも表面上は潮流れ、水温とも悪い感じではなかったですが…。底潮が気に入らない潮だったのかな?根魚達のやる気感じられず…。終日、低調でした。
  • 2020年8月23日(日)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 アカハタ・アヤメカサゴ 3~13 匹 22~38 cm 洲崎沖水深15~70m
マハタ 1.3~1.7 kg
【水色】薄濁り 【水温】24~27.3℃
1カサゴ五目船。今日も水温変動激しく、場所の違いで3度位違う場所などあり海況は複雑…。その為か?喰い方にもムラ気があり、喰い出したと思えば渋ったりといった感じでしたね。そんな中でも今日は魚種は多彩で、沖口での本命のマハタはバラシもありましたが何匹か顔見せ、最近中々捕まらなかった回遊魚のキントキも何匹か上がり、見せ場は少しはありました!他にキントキ・ヒゲダイ・カンコ・アカイサキ・キツネダイ・サバ等、魚種総数は9種。
  • 2020年8月22日(土)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 アカハタ 数匹 洲崎沖~波左間沖水深15~70m弱
アヤメカサゴ 数匹
オキナヒメジ 数匹
【水色】薄濁り 【水温】14.5~18.3℃
1カサゴ五目船。休み明け3日ぶりの出船!今日の乗合船は、早い内から予約を入れていた大口グループの突然のキャンあって…自粛?土曜日だと言うのに寂しくVIP席を開放しました。釣況は水温変動激しく、朝方は24℃台もその後はMax28℃台まで上昇し、その後も2~3℃は上がったり下がったりとやたら変動する水温!これが原因か?超喰い渋った1日でした。
  • 2020年8月21日(金)
臨時休船。
  • 2020年8月20日(木)
臨時休船。
  • 2020年8月19日(水)
魚種 匹数 大きさ 重さ 特記 ポイント
1 アカハタ・カサゴ 2~11 匹 22~39 cm 洲崎沖水深15~73m
マハタ 1~2 匹 船中 7匹 ~1kg弱
【水色】薄濁り 【水温】23~25.5℃
1カサゴ五目船・4人の釣果。今日は四隅の予約席にてのご案内。前半の浅場では早い内に40cm級アカハタは浮上し、他カサゴ交じりでポチッ、ポチッ位のアタリはあったが、沖からの潮台が入ってきてからは根魚達は音信不通?その後の沖口では潮速く、キントキは捕まらず…。アヤメカサゴは取りこぼし多々あり。後半の30mラインではマハタが4人で7匹上がるが写真サイズは1匹のみで物足りず…。暑い中、お疲れ様でした。カサゴは本カサゴ。他にアヤメ・カンコ・フサカサゴ・オキナヒメジ等。