ELITE5 2015

市村直之 -微笑みのジョーカー-

初回放送
2018年1月1日(月)
出演者
市村直之
場所
茨城県 霞ヶ浦水系
釣りもの
ブラックバス

同世代として絶対王者“青木”をライバル視して来た市村直之。独走優勝されたまま黙ってシーズンを終わらす訳にはいかない…絶好の切符を手にし、ELITE5の舞台に上がる。
2013年ELITE5では初出場初優勝という快挙を成し遂げた市村。今大会の舞台も、偶然にも同じ霞ヶ浦。ホーム琵琶湖同様ビッグレイクを得意とする市村が2度目の栄冠に挑む。

-青木大介との衝撃的な出会い-

市村直之が青木大介に初めて出会ったのは10代の頃。全国各地の精鋭達が集まった釣り合宿の時だった。
「最初からめちゃくちゃうまかった」そう語る市村を特に驚かせたのは釣りに対する考え方。
目の前の魚を釣る事だけに終始していた自分に対し、青木はその当時から状況に合わせた最先端の釣り方をしていたという。


-運命の霞ヶ浦-

青木より勝っている事は?の質問に「あるんですかね(笑)」と微笑みを浮かべながらも自信を持って答えたのは“ビッグレイクでの経験値”
10年ほど前から琵琶湖をホームにガイド業を営む市村にとって、今回の開催地霞ヶ浦は琵琶湖と同じくらい大好きな場所。
更に、2013年のエリート5では、初出場初優勝という偉業を達成した地。
優勝を決定付けた最終日残り3時間を切ってからの怒涛の3連発は記憶に新しい。


-内に秘めた巨大な野心-

「日本で1番強い事を証明する為にトーナメントに参戦している。」
甘いマスクの奥に隠した野心は人一倍でかい。
その大きな夢の一歩を踏み出す為に絶好の地で2度目の切符を掴んだ市村。
打倒青木の切り札となれるのか?
微笑みのジョーカー市村直之が最高の舞台に立つ。

2017年 トーナメント成績

2017 JBトップ50 年間成績 4位
第5戦 がまかつCUP/霞ヶ浦 4位
第4戦 エバーグリーンCUP/桧原湖/ 18位
第3戦 東レ・ソラロームCUP/七色ダム 6位
第2戦 ベイトブレスCUP/弥栄湖 49位
第1戦 ゲーリーインターナショナルCUP/遠賀川 1位

TACKLE DATA

ロケデータ
ロケ地霞ヶ浦
対象魚ブラックバス
市村直之 使用タックル
ロッドベイトロッド 6ft 6in
リールカルカッタ コンクエスト BFS HG  
ラインフロロカーボン 7lb
ルアーシャッド
市村直之 使用タックル
ロッドベイトロッド 6ft 10in
リールアルデバラン 51  
ラインフロロカーボン 13lb
ルアースピナーベイト
市村直之 使用タックル
ロッドベイトロッド 6ft 10in
リールメタニウムMGL HG  
ラインフロロカーボン 14lb
ルアースイムジグ
放送日時間回数・サブタイトル
12月26日(水)23:00市村直之 -微笑みのジョーカー-
12月27日(木)23:00市村修平 -雪国のハードワーカー-
12月28日(金)23:00小林明人 -遅咲きのルーキー-
12月29日(土)23:00青木大介 -King of ELITE-
12月30日(日)23:00山岡計文 -闘う村議会議員-
福袋画像
釣りビジョン: 0120-260-251