ELITE5 2015

市村修平 -雪国のハードワーカー-

初回放送
2018年1月2日(火)
出演者
市村修平
場所
茨城県 霞ヶ浦水系
釣りもの
ブラックバス

日本最高峰のバスフィッシングトーナメントトレイル、JB TOP50の年間成績上位5名のみが出場できる、エリート5。決戦の地・霞ヶ浦水系に、トッププロたちが集結した。
「僕なんかが出て良いんですか…」自嘲気味にそう語る、年間2位、市村修平。自分は釣りが下手、だからこそ毎日練習する。雪国・石川で腕を磨いてきた努力家の2日間を追う。

― 雪国のハードワーカー ―

キャストや、ルアーの操作感…。試合前は、
そのフィールドに合わせた”釣れる感覚・リズム”を、
徹底的に身に染み込ませるため、
たとえ2、3時間でも、毎日練習をするという努力家(ハードワーカー)、市村修平。
本心は多くを語らないという気質を持つ、北陸・石川が出身地。

― 僕が出て良いんですかね ―

JB TOP50で、2017年度年間2位という成績を収めながらも、つねづね語るのは、自分は誰よりも下手だということ。
ELITE5は、かつては人気投票で出場権を得るものだった。
しかし現在は、年間成績の上位5名に出場権が与えられる。
もしかしたら自分にもチャンスが有るのでは…そう考えながらも、憧れの舞台だった。
そのような舞台に、「僕が出て良いのか…」。

― エリート5に目掛けた釣りはできていた ―

先に行われた、全日本バスプロ選手権東日本は3位。
ジャパンスーパーバスクラシックでは6位と、好成績を収める。
舞台はどちらも、山梨県・河口湖であったが、巻物やジグ撃ちなど、霞ヶ浦に適応できる釣り。
まさに、エリート5を目掛けて、リズムを崩さずに釣りができていた。
さらには、河口湖と往復しつつ、短い時間ながらも行った練習でも、バスをキャッチできていた。

― 来年こそは… ―

エリアもルアーも全て固めて、自信を持って望んだ、エリート5だったが…。
トーナメンターとしての己を見つめ直すきっかけとなった、今回の試合。
シーズンが終わり、その本心を、さらけ出す。

2017年 トーナメント成績

2017 JBトップ50 年間成績 2位
第5戦 がまかつCUP/霞ヶ浦 17位
第4戦 エバーグリーンCUP/桧原湖/ 34位
第3戦 東レ・ソラロームCUP/七色ダム 7位
第2戦 ベイトブレスCUP/弥栄湖 7位
第1戦 ゲーリーインターナショナルCUP/遠賀川 6位

TACKLE DATA

ロケデータ
ロケ地霞ヶ浦水系
天気晴れ 時々 曇り
気温11.1~22.2度
水深50cm~3m
対象魚バス
水温14~17℃
潮周り中潮
市村修平 使用タックル
ロッドベイトロッド 6.06ft
リールスコーピオンMg 1001  
ラインフロロカーボン 14lb
ルアースピナーベイト 3/8oz
市村修平 使用タックル
ロッドベイトロッド 6.06ft
リールコンプレックスCI4+ 2500S  
ラインフロロカーボン 12lb
ルアーシャロークランクベイト
放送日時間回数・サブタイトル
12月26日(水)23:00市村直之 -微笑みのジョーカー-
12月27日(木)23:00市村修平 -雪国のハードワーカー-
12月28日(金)23:00小林明人 -遅咲きのルーキー-
12月29日(土)23:00青木大介 -King of ELITE-
12月30日(日)23:00山岡計文 -闘う村議会議員-
福袋画像
釣りビジョン: 0120-260-251