ELITE5 2015

小林明人 -遅咲きのルーキー-

初回放送
2018年1月3日(水)
出演者
小林明人
場所
茨城県 霞ヶ浦水系
釣りもの
ブラックバス

10代の頃、バストーナメントに没頭していた小林。その後、紆余曲折を経たが、2017年JB TOP50初参戦にして年間5位にランクイン。憧れの舞台エリート5の出場権を勝ち獲った。
「通い慣れた霞ヶ浦本湖で人事を尽くすのみ」。小林の強みはこれまで積み重ねてきた経験と直感。プロ登録してから苦節15年。遅咲きのルーキーが最終決戦で輝きを見せる!

-遅咲きのルーキー-

-King of ELITE-青木大介を筆頭に、市村修平、山岡計文、市村直之と、
若くして実力を持つトーナメンターたちが出揃った2017年のエリート5。
そしてこの戦いへの最後の切符を手にしたのが44歳の苦労人、小林明人であった。
錚々たるメンバーが名を連ねるJBTOP50において、彼は無名ともいえる存在。
それもそのはず、小林は今年からJBTOP50に参戦。
そしてルーキーイヤーで年間5位を獲得し、今回エリート5の出場権を得たのだ。

-紆余曲折のトーナメント人生-

中学生の頃にジュニアトーナメントに参戦した小林は、連戦表彰台と頭角を現す。
しかし、釣りの移動手段として買ったバイクに熱を上げ、レースに没頭。
仕事も多忙を極め、10年ほど釣りとは無縁の生活が続いた。
しかし、29歳でバスフィッシングを再開。チャプターやマスターズなど、
出られる試合には全てに参戦し経験を重ねていった。
そして苦節15年、ようやくTOP50に上り詰めたのだ。

-ノーマークから脅威へ-

今回舞台となるのは茨城県霞ケ浦。
去年までJB霞ヶ浦に参戦していた小林にとって、霞ヶ浦本湖は勝手知ったるエリア。
北浦・常陸利根などは切り捨て、本湖勝負に打って出た。
そして初日のウェイインで、他のエリートたちも驚く魚を持ち込むことに。
優勝の二文字が見えて臨んだ二日目。
霞ヶ浦本湖に、様々な感情を交錯させながらランガンする小林の姿があった…
44歳・遅咲きのルーキーが初めて立った“夢のような舞台”
そこには、いまだ見たことのない景色が広がっていた。

2017年 トーナメント成績

2017 JBトップ50 年間成績 5位
第5戦 がまかつCUP/霞ヶ浦 9位
第4戦 エバーグリーンCUP/桧原湖/ 30位
第3戦 東レ・ソラロームCUP/七色ダム 18位
第2戦 ベイトブレスCUP/弥栄湖 8位
第1戦 ゲーリーインターナショナルCUP/遠賀川 15位

TACKLE DATA

ロケデータ
ロケ地茨城県 霞ヶ浦
天気DAY1:晴れ DAY2:曇り/雨
気温12~14度
水深~4.5m
対象魚ブラックバス
小林明人 使用タックル
ロッドベイトキャスティングロッド 7ft MH
リール小型ベイトリール
ラインフロロカーボン 10lb
ルアースピナーベイト 3/8oz
シチュエーションスピナーベイト用タックル
小林明人 使用タックル
ロッドベイトキャスティングロッド 7ft MH 
リールベイトリール
ラインフロロカーボン 14lb
ルアー3.5in ホグ系
シンカー4g
シチュエーションテキサスリグ用タックル
小林明人 使用タックル
ロッド6ft UL スピニンググロッド
リールクローズドフェイスリール
ラインPE 0.6号
リーダーフロロカーボン 7lb
シンカー2.7g
ルアーシャッドテール系ワーム 2.5in
シチュエーションダウンショットリグ用タックル
現在放送予定はありません。
福袋画像
釣りビジョン: 0120-260-251