ピュア・フィッシング・ジャパン『NEWファンタジスタ』(ブラックバス用ロッド)
ギアコレクション

『NEWファンタジスタ』(ブラックバス用ロッド)

2017-02-11放送
  • メーカー

  • 出演者

  • 商品詳細

    ピュア・フィッシング・ジャパン 『NEWファンタジスタ』(ブラックバス用ロッド)

    『NEWファンタジスタ』(ブラックバス用ロッド)

    “トライアーキーフォース製法”という3つの革新的な製法をブランクスに取り入れ、平均21%の軽量化&48%強度アップ、前シリーズと比べ、圧倒的な進化を遂げている。

    その3つの革新的な製法とは・・・。

    CPCブランクス:従来のカーボンロッドの基本素材は、カーボンとガラス繊維の混合素材を用いるのが一般的だったが、CPCブランクスは、薄く軽いピュアカーボンシートのみをロッドティップ先端まで縦横に2枚組み合わせ、ネジレや潰れ方向の負荷に強く、軽量化も実現。

    DPH構造:薄くて軽いカーボンシートの採用で、ロッドの太さは同じでも巻き上げる量と長さ、密度を従来比で2倍にすることにより飛躍的な強度アップとなっている。また、横方向のカーボンシート露出面を、1枚目は内側、2枚目は外側に向けて巻き上げることで、ブランクスの圧縮強度を大幅に向上させ、キャスト時のロッド収束率を高めている。また、内向き、外向き、両方の潰れに強いブランクスとなった。

    NS(ナチュラルストレート)テーパー:通常のテーパーデザインは、アクション調整のため多段テーパーを用いていますが、テーパーの変化点でカーボンシートの巻きムラが起きやすく、強度が低下し品質の管理が難しいのが難点でしたが、NEWファンタジスタでは、多段テーパーを廃止。マンドレルを個別に設計し、変化点をなくしたナチュラルストレートテーパーにより、ブランクスの品質向上を実現。また、モデルによってハイテーパー化することで、軽量化とロッドバランスの最適化を実現している。

    さらに、最適化したパターンデザイン(OPCD)を採用。カーボンシートのカット方法についても、効率優先では、カーボン組織がロッドの軸に対して斜めに形成されてしまいカーボン本来の強度が発揮されないが、NEWファンタジスタでは、素材ロスを恐れずにマンドレルテーパーに合わせたカッティングパターンを採用しカーボン繊維がロッドの軸に対して平行に配置されるように個別設計している。
    NEWファンタジスタは、製造効率やコスト面よりもクオリティーを最優先した設計思想となっている。
    3月より順次発売予定。