ギアコレクション

『オーシャンウィップMT B-69EX』(ロッド)/『オーシャンウィップMT S68L/S68M』(ロッド)/『メタラー』(ルアー)/『メタボスイマー』(ルアー)/『オーシャンフラッシュ セミロング』(ルアー)

2017-07-08放送
  • メーカー

  • 出演者

    太田武志さん、畦地香帆さん

  • 商品詳細

    クレイジーオーシャン 『オーシャンウィップMT B-69EX』(ロッド)

    『オーシャンウィップMT B-69EX』(ロッド)

    イカのショートバイトをロングバイトに変えるイカメタル用ロッド。
    イカに違和感無くスッテを抱かせる“乗せ調子”を再現しました。イカの活性が渋い時や船の揺れでスッテが安定しない状況下でもコンスタントにイカを獲る事が出来る“漁師竿”と言えるエキスパートモデル。発売中。

    クレイジーオーシャン 『オーシャンウィップMT S68L/S68M』(ロッド)

    『オーシャンウィップMT S68L/S68M』(ロッド)

    誰にでも簡単にイカのアタリがわかる竿を作りたいという想いを込めて作ったイカメタル用ロッド。“ベストウエイト理論”を採用し、穂先が戻るアタリ、穂先を押さえ込むアタリ、その両方を出せる鉛スッテを吊り下げた状態で適度に穂先が曲がり、最高のパフォーマンスを出せるベストウエイトと使用上ストレスがない範囲内の最大ウエイトを表記して。
    今回は追加モデルに、スピニングモデルをラインナップ。極細PEを使用でき、軽量スッテとの相性が良く、レバーブレ-キを駆使したテクニカルなゲームも可能となっている。
    発売中。

    クレイジーオーシャン 『メタラー』(ルアー)

    『メタラー』(ルアー)

    ジグの理論を取り入れたメタルスッテ。青物などが好むのはスライド系アクション、マダイや根魚が好むヒラ打ち系アクション、タチウオやシーバスなどが好むのはあまり動かない系アクションなど、色々とテストした結果、派手過ぎず、地味過ぎないアクションが安定して釣れ、ちょうどいいと感じるストライクゾーンのアクションがあり、感覚的には誘った時は軽い姿勢変化と止めた時に潮を受けても過剰にヒラつかないアクションとなっている。
    8号30g 10号38g、12号45g、15号56g、20号75g、25号94gの6サイズ。
    各7色をラインナップ。発売中。

    クレイジーオーシャン 『メタボスイマー』(ルアー)

    『メタボスイマー』(ルアー)

    オーシャンフラッシュの、“お手軽&楽しい”というコンセプトを継承しつつ、これまでのメタルジグでは攻略しづらかったシチュエーションを攻めるために開発。
    ズングリとしたフォルムが潮の抵抗を極限まで抑制するため、素早いフォールと巻き抵抗の軽さが持ち味。同じウエイトのオーシャンフラッシュと比べるとその差は歴然で、潮流の速い海域や状況を攻略。使い方は、オーシャンフラッシュ同様に、従来のジギングのような激しくシャクる必要がなく基本的にタダ巻きでOK。ユラユラと左右に揺れるアクションで、ナチュラルにバイトに持ち込むことが可能。また、ウエイトのわりにサイズ感が非常にコンパクトなので、マイクロベイトを捕食しているタイミングにもおすすめ。
    80g 100g 130g 160gの4サイズ。それぞれ10色。8月発売予定。

    クレイジーオーシャン 『オーシャンフラッシュ セミロング』(ルアー)

    『オーシャンフラッシュ セミロング』(ルアー)

    スリム形状、後方重心にしたことで、フォールスピードが速くなり潮流の速い状況でも難なく使えるオーシャンフラッシュ。クルクまわってキラキラフォールするアクションは健在でスリムタイプながらフォールでも誘えるジグとなっている。
    また、従来のオーシャンフラッシュは面積が広いぶん、あまりダートせずフォール主体だったが、スリムになったことで軽いシャクリでダートアクションする。
    80g 100g 125g 160gの4サイズ。それぞれ10色。9月発売予定。

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。