俺に訊け

福井県 フィッシャーズ福井店 | ソルト

2017-08-05放送
  • 釣具店名

  • 出演者

    蒲澤正人店長

  • 釣りのアドバイス

     福井県 フィッシャーズ福井店

    SWL(イカメタル)

    今シーズンは、5月から好調に釣れ始めていましたが、現在は釣果が落ち着いてきています。
    例年では、今後お盆くらいから復活してきます。サイズは、入ってくる群によってまちまちですが、胴長20cmくらいから、40~50cmの良型まで釣れています。

    『スローフォール』
    イカを誘うためには、できるだけ仕掛けをゆっくり落とします。そのためには、軽い仕掛けが必要。潮の速さによってナマリスッテは12~20号くらいを用意。船長の指示に従って使い分けましょう。大きめの浮きスッテを使って、落とす速度を遅くする方法もあります。

    『カラーローテーション』
    その日によって、スッテのアタリカラーは違ってくるのでスッテのカラーは数多く用意しましょう。必須は、ピンク、赤×緑、赤×白など。これらに夜光ボディとノーマルボディがあります。また、ナマリスッテと浮きスッテを同じ色にしても良いですが、メリハリをつけるために逆色にするのもオススメです。
         
    『ハリスの長さ』
    潮の速さによって浮きスッテのハリスの長さを変えます。潮が早いときは、長くアピールするために長めのハリスが良いですが、潮が遅いと長いハリスでは絡んでしまうので短いハリスを使います。市販で売られている浮きスッテ用のハリスは5~15cmですが、自作で40cmの長さのハリスを使う釣人もいてかなり釣果を伸ばしているのを見たことがあります。

    『イカメタル専用ロッド』
    エギングやタイラバ用などを代わりに使う釣人もいますが、繊細な穂先を持つイカメタル専用ロッドがオススメです。
    大事なのは、イカがスッテを押さえ込むような微かなアタリも感じられる繊細な穂先。そして水中でしっかりとスッテを動かすことができ、さらに波があってもスッテをピタリと止められること。仕掛けをスローフォールし、シェイクでアピール、そのあとにステイでイカに抱かせます。そして、微かなアタリでも繊細な穂先が捉えます。柔らかいだけの竿ではよくありません。

    竿や、スッテ、ハリスなどの選び方ついては店頭でお気軽にお声掛け下さい。
    イカメタルゲームができる釣船などもご紹介しています。

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。