俺に訊け

神奈川県 キャスティング横浜磯子店 | 磯釣り

2017-07-08放送
  • 釣具店名

  • 出演者

    森川芳郎さん

  • 釣りのアドバイス

     神奈川県 キャスティング横浜磯子店

    磯釣り

    梅雨時期の伊豆半島の磯釣りはイサキと尾長メジナが釣れています。
    イサキは、サイズが25~35cm、多い人は40匹くらい釣ります。
    尾長メジナは、サイズが35~42cmくらいで、クチブトメジナが交じります。

    『コマセは多めに用意』
    この時期はエサトリが非常に多くエサトリ対策が釣果を伸ばす秘訣です。まずは、コマセでエサトリ本命の魚を分離する方法。コマセは2種類用意します。エサトリ用は、生の冷凍オキアミに集魚剤を混ぜます。分量は、オキアミ9kgに集魚剤3袋くらいが目安。本命用は、ボイルオキアミを海水で溶かしたもの。エサトリ用は、足元に撒き続けます。本命用のボイルオキアミは、足元に集まってきたエサトリの少し沖に撒き、それに仕掛けを同調させます。エサを取られるようなら、さらに沖を探ってみましょう。ちなみ現在の伊豆半島まわりはタカベがエサトリになっています。また、バッカンはセパレートタイプの物があると便利です。

    『自重が20g以上のウキ』
    足元にエサトリを集め、沖に仕掛けを入れるので遠投できるタックルが必要です。軽いウキでは、飛距離を出せないので20g以上の大きめのウキを用意しましょう。LLサイズ程度の大きさを目安に選ぶと良いでしょう。

    『状況を見て釣座を変える』
    この時期は潮通しが良くないと、なかなか釣果が伸びません。潮の流れは、時間によって変化していくので、状況をよく見て、釣りやすい潮が流れている釣座を選びましょう。
    仕掛けを流しながら、自分のウキだけでなく、沖の潮目や浮遊物が流れてこないかなど、まわりの状況を観察しながら釣りましょう。

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。