鳥取県 釣具のポイント鳥取店
俺に訊け

鳥取県 釣具のポイント鳥取店

2017-06-03放送
  • 釣具店名

  • 出演者

    西山竜二店長

  • 釣りのアドバイス

     鳥取県 釣具のポイント鳥取店

    イカメタル(オモリグ)

    鳥取沖のシロイカが釣れ始め開幕の兆しです。サイズは、30~40cmくらいがアベレージ、50cmに迫る良型も釣れています。
    数は、船中100パイを超える船も出てきています。メタルスッテの仕掛けになりますが、鳥取沖は潮流が速く、また船を立てた釣りになるので、速い潮を受けやすく
    それにあった重さのメタルスッテがあまりないので、集魚オモリを付けた“オモリグ”仕掛けになります。
         
    鳥取沖オモリグTACKLE
    ロッド:6~7フィート 先調子 80~100g負荷
    リール:スピニング2500~3000番
         or中型ベイト
    ライン:スピニングPE 0.6号前後
        ベイトPE0.8号前後
    リーダー:フロロカーボン3~5号30cm程度
    三つまたサルカン
    オモリ:80~100g(スナップで付ける)
    エギ:2.5~3号

    『感度の良いタックル』
    この釣りは、アタリをしっかりとれることが釣果を伸ばす秘訣です。そのためには、ロッド、リール、ラインなど感度の良いタックルが必要です。ロッドについては、専用ロッドもあるので是非、試してみてください。

    『まずはボトムから探る』
    日が沈む前に出船しての夜釣りになります。明るいうちは、イカはボトム付近にいるので夕方までは、ボトム付近を探り、ライトを焚いてイカが浮いてきたら船長の指示ダナにあわせたタナを探りましょう。誘いかたは、小刻みに激しくシャクったあと止めてイカが抱く間を作ります。

    『キャストして広く探る』
    ライトを焚くとイカが寄ってきますが、ライトが届かない範囲にもイカが近づいてきているので、10~15mくらいキャストして広い範囲を探りましょう。キャストするときは必ずアンダーハンドでお願いします。

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。