Make!?バナー

Make2 秋のハードベイト 倉敷川水系の法則

番組の釣りものとホスト

季節、シチュエーション、フィールドの特性によって釣り方は多種多様に存在する。それがバスフィッシングの魅力。カナモが全国のフィールドで仮説を立て、それを実証する。
今回は岡山県倉敷川水系が舞台。カナモが最も得意とするホームグラウンドだ!秋のメジャーリバーを相手に爆発的釣果を叩き出す!『バス釣りには必ず法則がある!』

  • 初回放送

    2013年11月05日(火)

  • 場所

    岡山県 倉敷川・吉岡川・某河川

  • 出演者

    金森隆志

  • 釣りもの

    ブラックバス

スマホサイトの番組make?!
 某河川
岡山県 で釣り

今回のフィールドは倉敷川水系。『秋の兆しと共に好調に釣れ出した。』そんな情報を頼りにロケ地を選定。しかし、今年は連続した台風による影響でフィールドコンディションは不安定な状態に陥っていた。夏から秋に季節が移り変わると水温が徐々に低下。バスの適水温となり行動範囲は広くエリア全域に散る。例年であれば点在するウィードに コンタクトする季節だが今年はウィードが多く、エリアを探しづらい状況であった。

カナモが導き出した仮説は “レベルスピンのウィード攻略”

今年の秋は例年に比べウィードが多く残る倉敷川水系。水中カメラを沈めるとウィードが広がる。
カナモが導き出した仮説はウィード。広域に散ったバスをスピナーベイト・レベルスピンで広く探り、フラッシングと強波動でウィードエリアの中からビッグバスを引きずり出す。もうひとつのキーワードはベイトフィッシュ。自由に動ける季節だからこそ好条件が複合したスポットにビッグバスは潜む。そのためにもハードベイトを駆使し、広範囲を探ることが重要となる。

CASE①

レベルスピンで仕留めたサイトフィッシュ!

ウィード
水平スイム

ウィードの間に潜んでいたビッグバスをサイトで仕留めた。

ウィードの隙間に浮いていたバスを発見。まずはショートキャストで離れた位置を通し反応を確かめるが無反応。ルアーに気付いた様子がなかったため2投目は目の前をトレースし、リアクションバイトさせた。レベルスピンの大きすぎず小さすぎない絶妙なボディサイズと水平スイム姿勢、そして艶かしいスカートが相まってビッグバスを手にした。

ヒットカラーはチャートバックパール

CASE②

上流域で仕留めたサイトでのMakeフィッシュ!

カレントが止まりビッグバス
バス釣り

一年を通して上流に留まるビッグバス。回遊してきたところをサイトで仕留めた。

カレントが止まりビッグバスからの反応がなくなったため 流れのある上流域でのサイト展開に変更。しかし日常的な フィッシングプレッシャーがかかり、厳しい状況であったが バスが反応するトレースコースを探し、見つけてヒットさせた。 ルアーは現在、開発中のサイト専用ワームのダウンショットリグ。 見えバスを確実に仕留めるその威力は驚異的だ。

CASE③

吉岡川中流域。沖に点在するウィードパッチにコンタクトさせ、ヒットさせたMakeフィッシュ。

スピナーベイト
バス釣り

沖でヒットさせたということは回遊していた可能性が高い。 スピナーベイトの集魚力を生かし広大なウィードエリアから探して獲った1匹。

CASE④

ラストエリアとなった笹ヶ瀬川で見事に仕留めた感動のMakeフィッシュ

流れの当たる橋
ウィード

流れの当たる橋脚は秋も好ポイント。橋脚付近をレベルスピンで探ったが反応がなかったため、プロトのバギークローをセットしたバックスライドリグを橋脚に放ち、ナチュラルドリフト。近くにあるウィードエッジにコンタクトさせ、見事にヒットさせた。

このようなウィードが橋脚の近くに生える。

Fishing data

釣り具を買うなら釣りビションPLAZA ※在庫切れの場合もあります、予めご了承下さい。

ロケ地岡山県 倉敷川・吉岡川・某河川
対象魚ブラックバス

金森隆志 使用タックル

ロッドレイドジャパン:グラディエーター テクニクス インターセプター(プロトタイプ)
リール2500番ハイギアスピニングリール
ラインフロロカーボン4ポンド
ルアーレイドジャパン:サイト専用ワーム(プロトタイプ)

金森隆志 使用タックル

ロッドレイドジャパン:グラディエーター G-610M+C スカイウォーカー
リールNEWメタニウムXG
ラインフロロカーボン14ポンド
ルアーレイドジャパン:レベルスピン1/2oz

金森隆志 使用タックル

ロッド レイドジャパン:グラディエーター G-711MHC スラッガー
リールアルデバランMg7
ラインフロロカーボン14ポンド
ルアーレイドジャパン:バギークロー

Back Number

釣りビジョン: 0120-260-251