釣りビジョン
ON AIR

新潟県・柏崎港、西防波堤で釣り大会

去る9月24日(土)、新潟県柏崎市の柏崎港で「第2回夕海釣り大会」(主催・柏崎観光協会、共催・柏崎釣遊紳士会)が開催され、その一環として柏崎港・西防波堤の一部(付け根部分400m)が、“釣り場”として開放された。
本大会は、沖釣りの部と防波堤釣りの部の2部構成で行われ、防波堤部門には100人の募集に対して長野県、茨城県、埼玉県等の県外者を含め112人の応募があった。

6時50分、西防波堤の入り口が開かれた
整然と入場する参加者
好天の防波堤で釣りを楽しむ参加者

前日夕方には、雷雨があり、天候が心配されたが、開会式が行われた午前6時にはすっかり晴れ渡り、沖釣り、防波堤釣りとも予定通り開催された。

6時50分に固く閉ざされた西防波堤の入り口が開き、予め抽選で決められた入場順番通り整然と“釣り場”に入った。
投げ釣りではシロギス、サビキ釣りではアジ、フカセ釣りではクロダイ等が釣れ、正午過ぎまでの大会は無事終了。優勝したのは、45~47cmのクロダイ3尾を釣り上げた(沖アミ餌フカセ釣り)南魚沼市・鈴木哲也さん(67)。総重量4460gで2位に2kg以上の差をつけるぶっちぎりの勝利だった。

今回の参加者からは、「今日は無料でしたが、有料でもいいので、常時釣りが出来るようになるといいですね」、「ここの防波堤は広い(幅10m前後)ので、家族連れなんかでも楽しめる。是非、常時開放してほしい」、「ライフジャケットをキチンと着けて、管理体制がちゃんとしていれば事故など起こらないと思います。一年中とは言いませんから、海の静かな時期だけでも開放してほしいですね」と言った意見が多数聞かれた。
新潟県では、既に東港の第2東防波堤が、NPO法人『ハッピーフィッシング』の運営管理により有料開放されている。

シロギスの3点掛けをした人もいた
こんな良型のカサゴも釣れた
3尾のクロダイを釣って優勝した鈴木哲也さん

新潟東港・第2東防波堤、6月3日からプレオープン!
第2回新潟東港・第2東防波堤で試験的開放実施!
新潟東港・第2東防波堤で2回目の試験開放実施!
新潟東港・第2東防波堤で試験開放実施!◇

◇新潟県・港湾施設における釣り問題研究会◇

<第1回目の模様はこちら
■第1回港湾施設における釣り問題の詳細(pdfファイル)はこちら
■第1回港湾施設における釣り問題の詳細(動画)はこちら
■日本釣振興会・新潟県支部・事務局長 本間陽一氏の談話はこちら

<第2回目の模様はこちら
■第2回港湾施設における釣り問題の詳細(動画)はこちら

<第3回目の模様はこちら
■第3回港湾施設における釣り問題の詳細(動画)はこちら

ページトップ