オフショアレボリューションNEXTロゴー

オフレボさかな図鑑

8アーラミーバイ(ヤイトハタ)

写真:アーラミーバイ(ヤイトハタ)
釣った日 2012年10月2日
場所 沖縄県宮古島沖

モーリ隊員がムロアジの縦泳がせで釣った推定70kgオーバーの魚。
ビッグファイトを超えるファイト“エイサービッグファイト”がコールされた。
歯の鋭いイソマグロが居そうだという事で、直前にハリスを80号から100号に変えていたことが功を奏した。
でかいアーラを夢見る釣り人も多く、その中の1人、楽団員のヨリ君のやる気を無くさせる結果にもなった。
モーリ隊員が「一生、これ以上のアーラは釣れない!」と言うことになった超貴重な1匹である。

7カンパチ

写真:カンパチ
釣った日 2012年10月2日
場所 沖縄県宮古島沖

大物釣りが好きな人にとって大人気のターゲット。
これはムロアジの縦泳がせで釣った推定22kgの魚で、飯田隊員が持っていた記録(7kgのシーバス)を大幅に更新することになった1匹。
口や背びれなど全体的に柔らかく、子供が持っても安心な魚。
ちなみに隊長は50kgオーバーを宮古島で上げている。

6沖縄のメガタチウオ

写真:沖縄のメガタチウオ
釣った日 2012年10月4日
場所 沖縄県名護湾

隊長達が開拓した沖縄のメガタチウオ。アベレージで150cm以上になる。
まだまだ調査段階にあり、現在分かっているのは、ハリセンボンが浮いてくると釣れるということ。
水深200m以上を狙うことが多いので、50号のタチウオテンヤにさらにオモリを追加してオフレボ探見隊は釣っている。

5不明

写真:不明
釣った日 2012年10月1日
場所 沖縄県来間島沖

泳がせ用のムロアジを釣ろうとサビキを下ろしたら釣れてきた1匹。
カッポレでもオキアジでもなく、隊長、モーリ隊員、船長も名前が分からないまま、謎のまま終わった。

4アカジン

写真:アカジン
釣った日 2012年8月4日
場所 沖縄県名護湾

沖縄3大高級魚の1つ。
モーリ隊員が怪しい反応を見つけ、中通しの丸オモリにハリという穴掘りと名付けたシンプルな仕掛けでグルクンを落とすと、飯田隊員に一発でヒットした。
見事狙い通りの貴重な魚だったが、飯田隊員には訳が分からずに終わった。

3クロモンガラ

写真:モンガラカワハギ
釣った日 2012年8月4日
場所 沖縄県名護湾

カワハギの仲間でヒレをパタパタ動かす様がかわいい。
「おもちゃみたい!」と飯田隊員も喜んだ魚。
胴付き仕掛けにアサリを付けて釣った。

2アカモンガラ

写真:アカモンガラ
釣った日 2012年8月4日
場所 沖縄県名護湾

カワハギの仲間で赤い牙が特徴の魚。沖縄ではドラキュラと呼ばれる。
何故、アカモンガラと名付けられたかは諸説あるとか…
箱メガネで水中を覗くと、エサをあっという間に食べるシーンが見れることもある。
飯田隊員が胴付き仕掛けにアサリを付けて釣った。

1モンガラカワハギ

写真:モンガラカワハギ
釣った日 2012年8月4日
場所 沖縄県名護湾

カワハギの仲間で白黒模様で派手な魚。沖縄では食べる人はあまり居ないが、食べてみると意外と美味しい…とは船長の話。
モーリ隊員がテンヤにイカを付けて釣った。

釣りビージョン: 0120-260-251