釣りビジョン
ON AIR
2012.12.15号

日正丸・茨城県日立久慈港
茨城県沖・ヒラメ、“全面解禁”!日立沖で“大判”浮上!

12月1日、茨城県沖のヒラメが“全面解禁”(※禁漁区を除く)になった。茨城沖の海底は砂泥や砂利場中心のエリアだが、そんな中で日立沖は岩礁域がメインとなり良型が揃う地区だ。時には5kg超えの“大判”サイズも交じる。「例年、解禁初日には5kg級が出ていますからね、期待できると思いますよ」。日立久慈港『日正丸』の関祐二船長の頼もしい言葉に誘われ、解禁初日に出掛けた。

ヒラメ船2隻出しの大賑わい♪

午前5時、受付兼待合所の『やまがた釣具店』に到着すると、入口には釣り人がズラリ。解禁日を待ちわびた20人以上が列を作っていた。店内に明かりが灯りドアが開く。受け付けを済ませた釣り人には、大女将の山縣洋子さんが一人一人丁寧に声をかける。「気を付けて移動して下さいね。今日は仕立てと乗合に分けて2隻でヒラメに出船します。仕立ては『第三日正丸』になります」。港へ移動するとタンクを乗せた軽トラから、ピチピチのマイワシが船のイケスへバケツリレーされ、私を含めた11人が仕立船へと乗り込んだ。10人中貸し竿は5人、舵を握る関船長は出船前にリールの使い方を一人一人回って説明。レンタルタックル&竿受けまで無料なのは初心者にとっては嬉しいサービスだ。

『やまがた釣具店』受け付け
無料のレンタルタックル&竿受け
初心者に教える若女将

2回目の引き込みで“聞き合わせ”を入れる

午前6時の定刻に河岸払い。するとすぐに「昨日からの風でウネリが残っていますから、船上での移動は気をつけてお願いします。イワシの付け方ですが、親バリは鼻掛け、孫バリは背ビレの後ろに掛けて下さい」と、船長からアナウンス。航程10分でポイントに到着。水深18mで合図が出た。「はい、どうぞ。イワシ、オモリの順番に入れて下さい。コツコツと前アタリがあってもグングンと引っ張り出すまで待って、2回目にグングンと引っ張られたら竿をゆっくりグーンと立てて“聞き合わせ”してあげて下さい」と、船長から丁寧なアナウンス。解禁初日の第1投目、誰しもが自分の竿に“初本命”がこないかと竿先に神経を尖らす瞬間だ。しかし、期待とは裏腹に3回流し変えてもアタリは来なかった。「去年はこの辺りでアタリが頻発したんですけど、今日はアタリませんね」と、船長。

関裕二船長
船宿オリジナルヒラメ仕掛け
仕掛け図

底から70~80cmタナを切って待つ

「多くの初心者は、ヒラメは底にいるので当然オモリは底に着いていた方が良いと考えます。でもヒラメは目が上に付いていますよね。と言うことは、ヒラメは常に上にいる獲物を狙っていると言う事になります」。船長はそう言うと、右舷胴の間(中央)に座ったヒラメ釣り初挑戦の大原希望さんに貸し道具のリールを3回巻くようにアドバイス。リール3回巻く=70~80cm底を切る-と言うわけだ。すると、右舷ミヨシ(船首)で鈴木幹太さんの3mの長竿が大きく弧を描いた。7~8mだった北東の風は更に10m以上へ風速を上げ、竿が風に煽られる。そして、海面を割ったのは2kg級の“本命”第1号だった。「良くわかないけど、重くなったから上げてみたら掛かっていました」と笑顔が弾けた。ホッと安堵の表情を見せた船長は、船酔い者も出てきたため風裏のカケ上がりへ移動した。

[動画]解禁初日!大判ビラメ現る!前編
毎年12月には10kg超え浮上!
船中第1号は2kg級!

潮が北から南へ1ノット流れ、好条件が揃う!

風裏の釣り場へと移動した船長が魚探を指差した。「ここは潮が効いていますね。1ノットくらいかな。ベイトの反応もバッチリです」。魚探を見ると、14~17mまでビッシリと真っ赤なベイト(カタクチイワシ?)の反応が出ていた。「移動前のポイントではもっと表層からビッシリとベイトの反応が出ていたんですけどアタリが出なかったですね。ウネリの影響もあるんでしょうね。ここは条件も整ってるし、いいと思いますよ」。そう言うや否や投入の合図を出した。すると、船長の予言通り、着底して数十秒経った時、右大ドモ(船尾)から2番目の釣り人の竿が曲がった。シャープな引きを見せて浮上したのは2kg強の良型ヒラメ。ミヨシでも同サイズが上がった。すると、大ドモで「あ~!」と落胆の声。大型が掛かっていたらしいのだが、合わせのタイミングでスッポ抜けたらしい。「餌のイワシが真っ二つになって上がってきました(笑)。完全にヒラメの口の中にイワシが入っていた証拠ですね。きっと掛かりどころが悪かったんでしょう」と船長。

この反応でもまだ少ないそうだ
アベレージサイズをゲット!
船酔い復活後すぐにゲット!

貸し竿で3尾目、5.2kgをゲット!

“時合い”は午前9時過ぎに訪れた。船長のアドバイス通りに誘っていた大原さんの竿にヒラメが連発。1尾目は1.5kg級、2尾目は2kg級。そして、その10分後。再び大原さんの竿が大きく撓った。その曲りをみた瞬間「根掛かり?」と思う程の大きな曲がり。しかし、その直後竿先にはドドドドド!と一発で魚と分かる反応。寒さで震える大原さんは渾身の力を込めて体をくの字にして巻き上げる。皆が見つめる海面にヌ~っと茶色い絨毯のようなヒラメが姿を現した。船長に一発でタモ取りされたのは5.2kgの“大判ビラメ”だった。その直後、左隣の置き竿にもアタリ。しかし、肝心の釣り人がイワシを取りに行って居なかった。「お~い、来てるよ。早くしないと」と、船長が慌てて呼びかける。グングン、ガコン!貸し竿は5.2kgよりも更に大きな曲がりを見せた次の瞬間、真っ直ぐに跳ね上がった。仕掛けを回収すると、孫バリは愚か、親バリごと切られて無くなっていた。「もったいない事したね。あれは間違いなく5kgじゃきかない“大判”だったよ」と、船長。

[動画]解禁初日!大判ビラメ現る!後編
2尾目は2kg級
堂々の5.2kg!

桶の中は良型ヒラメで埋まる
ガッツリ背中を喰われたイワシ
嬉しい人生初ヒラメ!

目指せ!10kg級の“大判ビラメ”!

その後、風は更に強くなり、10時半で早上がりとなった。竿頭は鈴木幹太さんで2kg級を中心に4尾、2番手は、大原さんで5.2kgを頭に3尾、別船の『第八日正丸』でも竿頭4尾の他2.5kgの特大マゴチも。これからは北西の風が吹くと共にイワシの群れが浅場へ入り、それを追ってヒラメの群れも南下して灘寄り(岸寄り)に集まる。ナギでさえあれば当然数も望めるが、「数釣りよりも大物を!」と言う人には日立沖の“大判ビラメ”がお勧めだ。

最後の流しで出た2kg超え
別船で浮上した2.5kgのマゴチ
良型揃いのクーラーボックス

(吉田 洋一郎)

今回利用した釣り船
茨城県日立久慈港『日正丸』
〒319-1222 茨城県日立市久慈町1-5-23
TEL:0294-52-3745
詳細情報(釣りビジョン)
日正丸ホームページ
出船データ
(料金)ヒラメ船=12,000円(氷・餌付)
午前5時集合・6時出船、12時沖上がり
ページトップ