狼のネタ
釣り番組 兼 知的教養芸術鑑賞番組
五畳半の狼  浜中せつお SP
movie

狼的 ワイルドライフアート

油絵による海洋画などで今、注目を集めている浜中さん
浜中さんが手がけるワイルドライフアートとは、いったいどのようなものなのか、そして浜中さんは、どのようにして現在のスタイルを確立したのかを伺う。

浜中せつお プロフィール
■1956年   横浜市 磯子生まれ
■小学生時代 教科書を落書きでビッチリにしていた。
■高校生時代 写真部と美術部に入部。
       広告業界を目指し美術研究所にも通う。
■大学受験  美大・芸大に落ちる。
■22歳    新聞社のフルタイムアルバイトに。
       のちにカメラマンに正式配属。
■32歳    フリーカメラマンに転身。
       ここを転機に、フリーイラストレーターも。
■40歳    釣り雑誌のイラスト仕事を初めて受ける
■41歳    仲間と釣り雑誌を始める
■45歳    仕事場の広い家に引越し。
       以降、本格的に油絵を始める。
■53歳    金沢八景ー東京湾アマモ場再生会議に参加。

movie

狼的 ワイルドライフアート鑑賞会

スタジオに展示している浜中さんの原画を元に、お話を伺う。

■作品名「Ronin」
■作品名「Sagami Bay」
■作品名「Chase」
■作品名「Urban Life」
■作品名「姫川」

今週の放送
『秋はコレだ!』
2013年10月17日 第603回
メールネーム:
パッピー(小学4年男)

こんばんは~台風は恐ろしかったですね。奥尻町では雨が降っていました。

今週のお題「秋はコレだ!」ですが、僕はエギングです。火曜にお兄ちゃんとエギング釣行に行って来ました。南から北に潮が速く、お兄ちゃんと北側の先端に行きました。

すると、5時6分にお兄ちゃんの竿のラインがピーンと張りました。あわせて巻いて来て、お兄ちゃんがランディングしました。掛かっていたのは…全長40㎝・ウエイト1キロのアオリイカでした。奥尻では1位の大きさだと思います。刺身にして食べました。甘くて非常に美味しかったです。

裕子おねぇさん、奥尻に来てエギングして下さい。



ちゃぶ蔵日記

ワイルドライフアート、
って言われても聞きなれない言葉だけど、正志の魚のイラストもその一つなんだってさ。野生動物をモチーフにしたアートは、それに含まれるんだってよ。

今回は5点の作品を持ってきてもらったんだけど、おれっちにとっては「Urban Life」が印象的だったなぁ。世界中のワイルドライフアーティストたちの優秀作品が載せられるYear Bookってのにも載せられてたんだけどさ、他の作品は大自然の中の野生動物を描いているのに対して、都会の景色の中にいる動物を描いているこの作品は、本当に異色で際立ってたなぁ。

おれっちにも絵心があったらなぁ…、 なんて、改めて考えさせられた回だったぜ。

トップ