釣りビジョン
ON AIR
2011.5.15号

弥生丸・千葉県保田港
安定感抜群!千葉県、内房・保田沖のアジ

安定感抜群!『弥生丸』のアジ釣り
日本人の食卓に一番馴染み深い魚といえば、やはりアジだろう。朝食は干物、夕食にはタタキ、刺し身、フライなど様々な料理に姿を変えて楽しませてくれる大衆魚の代表だ。そのアジが、内房・保田沖で安定して釣れている。近所へのお裾分けも期待しつつ、5月6日GWの合間を縫って保田港『弥生丸』に出掛けた。

いいナギ、いい釣り日和!!

午前6時、『弥生丸』は定刻通りに保田港を出船。空はよく晴れ渡っていたが、黄砂の為か、東京湾を挟んで対岸に見える久里浜の景色がぼんやりと霞んで浮かぶ。舵を握るのは網代竜弥(あじろ・たつや)船長。父親で店主の網代やすおさんは、演歌歌手としても活躍する異色の“歌う船長”である。

“歌う船長”網代やすおさん
2代目の網代竜弥さん

釣り場は航程10分程の保田沖

「今日はいいナギですから、少しはお土産になるといいですけど」と“歌う船長”網代やすおさん。そんな和んだ会話をしていると10分足らずで釣り場に到着。保田沖、水深50mライン。『弥生丸』の他に釣り船はいない「どうぞやって下さい、タナは下から6m。アジの反応は浮いていますよ」とアナウンス。早速プラビシにアミコマセを詰めて投入する。船に用意している付け餌は赤く染めたイカタンだが、この日は“特餌”として青イソメを用意。それを2cm程度に切って付け餌とした。ビシが着底してしっかりと糸フケを取り4m巻き上げ、1m刻みにコマセを出して指示ダナ6mでアタリを待つ。1投、2投、3投…先ずはコマセでアジの群れを船下に呼び込むイメージ。しかし、一向にアタリは訪れず約40分が経過。これを見て小移動となった。

仕掛け図
『弥生丸』特製オリジナル仕掛け

大型サバがいいお土産

少し南下したポイントには一本釣り漁師の小船が数隻の船団を形成していた。手釣りの彼らは手際よく大きなサバを釣り上げている。そのすぐそばに船を止めて投入合図。水深は70m、やはり底から6mという指示ダナでアタリを待つと竿先にアタリ。しかし巻き上げてみると45cm級の大きなサバ。このサイズなら家族も大歓迎のいいお土産である。同行のスタッフにも同級のサバが上がり、それぞれ3尾ずつキープした所で船長から「アジも釣れるんですけど、サバの方が多いので」と朝一のポイントに移動となった。

アミコマセを使用する
“特餌”の青イソメ

いよいよ本命が登場!

“本命”のアジはここからが本番だった。水深50mラインで指示ダナは下から6m。タナ下2mからコマセを撒きタナで止めると竿先にククッ!というアジ特有のアタリ。最初の1尾目なので追い喰いを待たずにリールを巻き始めると少しの抵抗を見せながら上がってくる。ハリスを手繰ると銀色に輝く魚体が姿を現した。およそ25cm級のマアジ。タタキやナメロウにぴったりなサイズである。魚を見て綺麗だなと思う反面、美味そうと思ってしまうのは釣り人の性である。同行のスタッフにも同じサイズが上がり満面の笑みを浮かべている。アジのアタリは飽きない程度に続き、サイズも25cmがアベレージで35cm級の大型交じりでポツリポツリといった状況。時折沖メバルやウマヅラなど歓迎すべきゲストも顔を出した。

大型のサバ
30cm級の良型

入れ食いタイムに突入!

この日のピークがやって来たのは午前11時を過ぎた頃だった。それまでポツリポツリだったアジのアタリが連発し始めたのだ。最初のアタリで巻き上げず、少し誘って追い喰いを待つと、25~30cm級のアジがダブル、トリプルで掛かり始め、足元のイケスが見る見るうちにアジで一杯になって行く。着底後コマセを出す前にすでにハリ掛かりしている事もあり、仕掛けを落とせばアジが喰う、待ってましたの入れ喰いタイムである。“歌う船長”お手製のオリジナル仕掛けもここぞとばかりに大活躍であった。結局、同行のスタッフがアジを23尾、私が22尾を釣り上げて午後1時に大満足の沖上がり。

良型アジが揃った
いいナギの保田沖

保田沖のアジは周年、今後はマダイやイカにも出船

『弥生丸』では、アジの他にマダイやクロダイも狙って行く。親子船長が2隻に分かれてそれぞれの乗合船に出船する。今の所はマダイ・クロダイ狙いが面白い。また、マルイカの状況しだいではそちらにも出船するので期待したい。そして7月20日前後から(短時間の)ファミリーフィッシングにも出船予定。毎年、海水浴の帰りがけに立寄る家族連れにも大好評のシステムだ。

良型のダブル
この日の私の釣果

“歌う船長”チャリティーイベントのお知らせ

来る6月5日(日)鋸南町立中央公民館で「網代やすお歌謡の集い」が開催される。全席自由で協力金として1人1500円。運営費を差し引いた全額が東北復興義援金として中央募金会に寄付される。“歌う船長”網代やすおファンだけではなく、沖釣りファンの皆さん、是非ご協力を!!
※イベント詳細は『弥生丸』HP内、お知らせで確認を。

(津端 雄大)

今回利用した釣り船
千葉県保田港『弥生丸』
〒299-1909 千葉県安房郡鋸南町大六79
TEL:0470-55-0747
詳細情報(釣りビジョン)
弥生丸ホームページ
出船データ
アジ予約乗合 コマセ・エサ・氷付き8500円
集合 午前5時30分
出船 午前6時 沖上がり 午後1時 
ページトップ