釣りビジョン
ON AIR

第30回「釣りビジョン」番組審議委員会議事録

開催年月日 2016年10月27日(木)14:00~
開催場所 株式会社釣りビジョン(東京都新宿区西新宿三丁目9番19号 イマス西新宿第二ビル3階 TEL 03-3373-0753)
出席者 ■番組審議委員:8名出席
   岡田順三(JGFA名誉会長)、鎌田孝史(株式会社浪漫堂 代表取締役社長)、
   工藤貴史(東京海洋大学 准教授)、
   小林一弘(水産庁資源管理部漁業調整課沿岸・遊魚室 釣人専門官)、
   鈴木康友(株式会社つり人社 代表取締役社長)、
   松井義侑(公益財団法人日本釣振興会 名誉顧問)、
   山田邦子(タレント)、來田仁成(一般社団法人全日本釣り団体協議会 副会長理事)、
   (ご欠席:安藤栄信、横溝弘史)(敬称略、50音順)
■オブザーバー:2名出席
   飯島正宏(東京湾遊漁船業協同組合理事長)
   清水司(一般社団法人日本マリン事業協会振興室長)(敬称略、50音順)
■(株)釣りビジョン役職員
   有澤 僚(代表取締役社長)、岩崎信夫(取締役管理部長)、野口哲雄(釣りルール担当部長)、
   吉田 諭(第一制作部長)、佐藤静雄(第二制作部長)、池上浩之(第三制作部長)、
   武笠 徹(第一制作担当部長)、山本健次(編成制作管理部担当課長)、
   高橋和義(人事担当部長)、濱田充良(営業企画室長)、塚越真美(事務局)
議案 番組に対する視聴者のご意見(クレーム)について
審議 上記の議案に関して審議を実施した。審議内容については以降の通り。

 

当社
開会宣言 14:00

【議案 番組に対する視聴者のご意見(クレーム)について】

当社
2016年4月から2016年9月までに届きました視聴者からのご意見に基づいて、該当映像をご覧頂きながら個別に審議願います。
当社
初心者釣り番組「釣りはじめます!」において、車で移動中に同乗者がシートベルトをしていないという指摘について審議願います。
当社
港内で200~300m程度のポイント移動をする際に車移動を行ったのですが、シートベルトをしていないことに気づかず、そのまま放送してしまいました。放送後視聴者からすぐに指摘の連絡があり、そのシーンはカットして差替えました。申し訳ございませんでした。
当社
「釣りはじめます!」という企画についてまずお話します。この「釣りはじめます!」はインターネット上に多くの正しい釣り情報を出していきましょう。という企画でして決して番組がメインの企画ではありません。釣りをはじめようとする時に、インターネットで釣場を調べると、個人のブログに行き着くことが多く、その場合禁止場所で釣りをしてることもあり、それであれば正しい情報をたくさん出しましょうということで、全国の釣具店さんから釣りアドバイザーとして店舗の周りの推奨する場所の情報を出していただいて、今全国1000箇所ほどの情報を掲載しています。また、番組は月に2回放送しており、完全に素人の女の子をオーデションして、釣りをまったくしたことのない子に出演していただいます。担当プロデューサーからは何も教えないように、それが釣り初心者の言葉なので、店員さんとのやり取りをそのまま放送しています。
当社
本題に関しましては、今後は撮影に入る前に、特に素人の方に関しては、当たり前のことであっても「こういうことに気をつけてくださいね」という内容を伝えるなり、紙に書いて渡すなりしていくべきと考えます。その方向で宜しいでしょうか。
委員
わかりました。
当社
続きまして、同じく初心者釣り番組「釣りはじめます!」において、釣りをする時にヒールの高い靴で釣りをするのは危ないのではないかという指摘について審議願います。
当社
釣りをする前に必ずスニーカータイプ、もしくは長靴で来てくださいとお願いしています。もちろんライフジャケットの着用もお願いしています。また服装については、いかにも「釣り」という服装ではなく、アウトドア用の服装などでお願いしています。今回も靴についてはお願いしておりましたが、普段からヒールを履いているのでヒールが履きやすく、靴もレイン仕様で海水がかかっても大丈夫なタイプのものということで、そのまま釣りをしてしまいました。
委員
初心者の方はヒールでこられる方はいますね。
委員
それくらい気楽にできればいいんですよね。
委員
乗船する際に、履き替えさせるとか注意するシーンを撮ることで教育的指導になるのではと思います。
委員
長靴のレンタルはなかったのですか?
当社
今回はありませんでした。
委員
見た人が危なっかしいと判断したのであれば、履き替えさせるか注意が必要ですよね。
当社
法律では靴のことまで決まっていませんが、マナーアップとして「危険ですので」ということで靴は持っていっておく方向で検討していきたいと思います。
委員
個人の趣味で釣りにきているのであれば自己責任の範囲だと思いますが、番組としてきているのであれば、何かあったときに番組の責任になってしまうので、今も伝えているのでいいと思いますが、やはりしっかりとアナウンスしていくことが大切だと思います。
当社
釣りはじめますのホームページでも釣りに行くときに服装について今後掲載する予定です。
委員
わかりました。
当社
続きましてソルト番組「Salt Dreamer」において、魚を釣り上げてから魚を映すまでの時間が長すぎるという指摘について審議願います。
当社
話している内容が釣り上げるまでの話であったり、テクニック的な話をしているので、ディレクター的にはあえて切らずにそのまま使いたいというところがあります。船宿さんとしても船宿記録のサイズのヒラマサだったので、現場の作り手としては臨場感含めて伝えたいということで、通常よりも長く使わせていただきました。
当社
これはリリースではなくキープしたのですよね。
当社
はい、キープです。キープしたかどうかは番組内では言及していません。
当社
魚を置いた場所が悪く、波も荒く、カメラマンの位置が悪かったという点もあります。
委員
確かに早くみたいですね。あえて引っぱっての演出なのであればいいと思いますが。
当社
通常はあとから魚の画を挟んでコメントに載せるという手法を使いますが、今回は船宿の若船長に初めてキャプテンをしていただいて、船宿記録サイズということもあり、演者とキャプテンとのやり取りをそのまま流したかったというところがあります。
当社
リリースする前提の話であれば長いし、今回は記録だからキープしたという事には触れられていなかったので、リリースするならば余計に長いと感じるのではないかとも考えられます。
委員
アングラーが細いラインで釣ったから、テクニックの話もしたかったのではないですか?難しいですね。
当社
それもあったと思います。
当社
今後は表現を明確にして制作していきたいと思います。
委員
わかりました。
当社
バス釣り番組「Make?!」について、釣った魚の扱いが雑なのではという指摘について審議願います。
当社
なかなか釣れなくてようやく釣れた嬉しさが出てしまったところです。状況的には道路のコンクリートではなく草の上においています。
委員
出演者のキャラクターもありますよね。
委員
それほど問題ではないのではないでしょうか。
当社
わかりました。
当社
続きましてバス釣り番組「俺たちのバスフィッシングR」において、出演者の一人が飲食をしながら一般の釣り人に話しかけている場面があまりに失礼ではないかと言う指摘について審議願います。
当社
もう一人の出演者が指摘してくれたので若干救われたところはあります。
当社
若い人たちはテレビに出るときに言ってはいけないこと、やってはいけないことをあまり理解していない人がいるので、念の為に伝えるようにしていきたいと思います。
委員
わかりました。
当社
続きまして、バス釣り番組「SUGOIアワー」において、出演者が切れやすいキャラということは理解しているが、ロッドを水面に叩きつけるシーンが不快に感じたというご指摘について審議願います。
当社
該当シーンについては、ロッドを投げ出しているというよりルアーを叩きつけているような状況で、演出上面白おかしく扱ったつもりですが、不快に感じた視聴者の方がいらっしゃるようなので、今後の演出は変えていった方がいいのでしょうか。
当社
キャラとしての演出なので理解して頂いているかと思います。
委員
特に問題ないと思います。
当社
わかりました。
当社
続きまして、「魚種格闘技戦!」において、ボートシーバスゲームで使用されていたボートショップが無免許の違法船ではないのかという指摘についてご説明いたします。
当社
今回の番組に関わっていただいた船・キャプテンに問題はありませんでしたが、このボート店の従業員の一人がロケ時点で無免許であったということです。現在は免許を取得されています。これまでは釣場や遊漁船、ロケで直接お世話になった人についてはコンプライアンス等の確認をしておりましたが、それ以外の方に関しては調査をしておりませんでしたので、今後は気をつけたいと思います。
委員
わかりました。
当社
続きましてバス釣り番組「5L ton」において、空気浣腸は大変危険だという指摘について審議願います。
当社
この件については、社内・メーカーからも厳重注意をうけました。楽しそうにやっていても小さい子が真似をする恐れがあります。この番組の出演者の方は、釣りをしているときの明るさがとてもよくて、その良さを出していく番組であるべきだったのですが、その個性を落としすぎているのではないかということで、発覚したときに厳重注意しました。これに基づいて、他の番組も見直し、いじめに繋がるようなことはやめましょうということ、また視聴者を裏切るようなことはしないように、例えば「トップ道」というトップウォーターだけでブラックバスを釣る番組ですが、トップで釣りをすることを期待している視聴者に対して、そうじゃない釣りをするのはどうなのかなど、この「5L ton」をきっかけに色々な番組を見直しております。
委員
わかりました。
当社
続きましてトラウト釣り番組「TROUT QUEST」において、禁漁であるサクラマスを狙ってルアーを投げているのは違法行為であるという指摘について審議願います。
当社
経緯をご説明いたします。ロケを行った日は7月末~8月初めです。ヤマメを狙いに行きました。事前にもちろんコンプライアンスを確認しておりました。遊漁規則ではヤマメは9月末まで釣りOKでした。ロケ中にサクラマスを見つけ、漁協組合に電話で確認すると「釣っても問題ありません」とのことだったのでサクラマスを狙ってそのまま番組で放送しました。その後、視聴者の方から今回の指摘があり、再度調べてみると入漁券に「サクラマスは7月末まで」と書いてありました。そのことを漁協組合に再確認したところ「そういえば去年からそうなりました」とのことでした。すぐにリピート放送を中止し、番組HPにお詫び文を掲載いたしました。
当社
まず遊漁券をチェックできていなかったところに一番の落ち度があったと思います。その点については以後気をつけたいと思います。
委員
ヤマメとサクラマスは同じ種類です。サクラマスは種の名前で、サクラマスの陸封型、一生川にいるものをヤマメといいます。ここの川はヤマメとサクラマスを分けて管理しています。区分の仕方は40cm以上のものをサクラマスと呼んで禁漁期間を設けています。30cmのものでもサクラマスはいるのですが、ここでは40cm以上と決めています。サクラマスは1回海に下ったものをサクラマスといいますが、それは個体の耳石というところを見るとわかりますが、そこまで細かく確認できないので40cm以上というサイズで決めています。このわけ方で現場でよく問題にならないなと思いますよね。ヤマメでも40cmを超えるものもなくはないと思います。ヤマメを狙っていてもサクラマスが釣れてしまうこともあるはずで、それが違反かというと微妙ですよね。
委員
むしろ漁協で決めた遊漁規則を漁協がしらないということも大きな問題ですよね。法というのは遵守するのが原則ですから守らないといけませんよね。
当社
漁協が衰退されていると、管理もあいまいとなっている川もあります。そのような場所でロケをするのは困りますよね。
当社
サクラマスとヤマメは分けているのは初めて聞きました。
委員
本来は分けませんよね。
当社
釣れてしまったものは放せばいいというところが多いです。
委員
今後は事前に調べることが大事ですね。
当社
事前にしっかりと調べていきたいと思います。
当社
続きまして、バス釣り番組「バーニング帝国」で、川や湖面でうがいをするのは衛生的に汚く危ないのではというご指摘について審議願います。
当社
うがいはしていないとのことですが、前回も衛生的でないことを推奨する演出はやめておきましょうという審議しているにも関わらず、それが現場まで浸透しておらず、同じ演出を繰り返し、チェックもスルーでオンエアまでいってしまった体制に問題があるということで議題にあげました。
当社
今回の番組は当社社員が出ておりましたが、この番組はいじられキャラの芸能タレントを出演させることになりました。子供が真似をしてはいけないものや、嫌がっているものを無理やりするものはいけませんが、そうではないいじられキャラのタレントを出演させます。
当社
素人が出るといじられ方がわかっていない場合もあるので、うまく表現できるタレントを採用いたしました。その上でまた何かありましたらご指摘いただきたいと思います。
委員
わかりました。
当社
続きまして、バスフィッシングトップトーナメント「JB TOP50第二戦」において、試合を伝える番組なのに、アングラーの家族や生活についての部分が長すぎる、必要ないというご指摘について審議願います。
当社
これまでは試合のみに密着して放送しておりましたが、今回はプライベート部分にもスポットを当てて放送しました。プライベート部分の放映は10分程度です。
当社
ターゲットを間違えていませんか?この番組はやり込んでいる人たちやTOP50を目指している人や、大会の様子が見たい人たちが見ている番組なので、見たいのはプライベートではなく、試合でのテクニックなどですよね。初心者番組やファミリー番組など、ミドル層を狙って作っている番組なら理解できますが、この番組ではこの演出は必要ないのでは?例えば野球選手でも、裏側で選手が相当な努力をしていることはわかっているけれど、そこは売りにしないんじゃないでしょうか?
委員
バスプロの色々なレポートにも、事前にどれだけ準備しているか、家族の様子なども少しはある場合もありますが、全体の量からすると10分はながいですかね。
当社
他の番組も一緒で、視聴者からどのようなご期待を頂いているのか考えて制作していきたいと思います。
委員
わかりました。
当社
以上が議案にあがっているご意見となりますが、今後の番組制作につきまして、ブラックバスのリリースシーンについて、前回の放送1回で止まっていますが、今後も継続して撮影していきたいと思います。
当社
また来年はプレジャーボートをあつかった番組を制作していきたいと思いますので、具体的に相談させていただき、どのようなメーカーさんと協力していけるか、どのような啓発マナーをしていくべきかを検討していきたいと思いますので宜しくお願い致します。
委員
今回の議題には上がっていませんが、フライフィッシングギャラリーに出演されている方の釣場でのマナーが悪い、なぜ出演させるのかと言うご意見がありますが、これは本当なのでしょうか。
当社
ご本人に電話で確認しましたところ「それは誤解です」とのご返答を頂きました。当社では事実の確認はできませんが、今後もこのようなご意見が多数届く場合は、番組へ出演していただけなくなる場合もありますとお伝えしております。
委員
わかりました。
当社
それでは審議については以上となります。長らくありがとうございました。今後ともよろしくお願いいたします。
以上で番組審議委員会を終了致します。
終了時間 15:30
 
以上
2016年10月27日(木)番組審議委員会

■ 番組審議委員会についてのお問い合わせはこちら

ページトップ