【ここに居たのか!!】日立久慈沖にヤリイカ大集合♪茨城県日立久慈港『明進丸』

春の釣りと言えば、メバル、トラフグ、マダイと様々あれど、今年は桜の時期も過ぎたのにヤリイカのニュースを耳にしない。「どこに行ったの?」と思っていたところに「常磐エリアで釣れている」との情報をキャッチ。早速、日立久慈港『明進丸』を訪ねた!

船釣り
  • 明進丸・茨城県日立久慈港

都心から意外と近い日立久慈港

『明進丸』が発着する日立久慈港は都心から車で2時間弱。走り易い常磐自動車道「日立南太田IC」から10分とアクセス良好。港前にコンビニエンスストアがあるのも嬉しい。船着場に車を付けて荷物を降ろし、少し戻ってピンクの“のぼり”が立つ駐車スペースへと車を移動する。

集合時間の4時30分、船長が乗り付けたトラックの荷台で名簿を記入し乗船料の支払い。クーラーに氷を詰めて、予約順に指定された釣り座に乗船する。連日潮が速いのでオモリは150号。中オモリや大きなヨリトリリングは付けないよう船長からアドバイスがあり、午前5時過ぎに「明進丸」は出船した。

ナビの設定にも最適な港前のコンビニ ©釣りビジョン
船着場にある東屋に荷物を降ろす ©釣りビジョン
車は港入口方向へ少し戻った駐車スペースへ ©釣りビジョン
明るいトラックで乗船受け付け ©釣りビジョン
予約順に釣座が割り振られる ©釣りビジョン
出船準備は滞りなく完了、5時過ぎに出船 ©釣りビジョン

竿入れから触り活発!

穏やかな海を走ること1時間程で釣り場へ到着。仕掛けの準備をして投入の合図を待つ。船長の「どうぞ」の合図で一斉に投入。水深は120m前後。30m程余分に道糸が出るくらい潮が効いている。最初にアタリを捕らえたのは左舷トモ(船尾)の平石さん。「マルイカだよ」と苦笑いだが、置き竿でオモリと同サイズのイカの〝触り〟を見極める眼力には驚かされる。

この後も〝触り〟はあるのだが巻き上げ中にカンナから外れてしまうケースが散見され、ポツリポツリの取り込みだが、上がるのは胴長40cm前後の良型。サバの群れに邪魔される一幕こそあったものの、その泳層をクリアすれば2点掛け、3点掛けとノリが活発な流しもあり、手の合う釣り師から魚桶は見る見る充たされて行った。

合図を待って朝一、期待の投入! ©釣りビジョン
船中最初の取り込みはマルイカ! ©釣りビジョン
触りは多く、常に誰かが巻き上げている ©釣りビジョン
上がるのはこのサイズ、身も厚く食べ応え満点♪ ©釣りビジョン
タイミングを逃さず良型ゲット! ©釣りビジョン
この日はスッテにも好反応 ©釣りビジョン
押し並べて型が良い! ©釣りビジョン
3点掛けに笑顔がこぼれる♪ ©釣りビジョン
サバに悩まされるも、その下の泳層にはヤリイカが! ©釣りビジョン
魚桶は見る見るうちに充たされて…! ©釣りビジョン

船長に訊くヤリイカ釣りのコツ

「今年のヤリイカは始まるのが遅かった」と言う関裕二船長に、日立久慈沖のヤリイカ釣りのコツを尋ねた。

船長「Wカンナがイイよ。ウチはOKです。今日なんか外れるのが多かったですよね。最初5人くらい巻いてたのに誰も付いてなかった。最近2ノットとか潮が速い日が続いてるから、中間鉛は外して貰ってます」

海の傾向やイカの様子を鑑みて出船前に船長から説明があるので、釣り師がそれに従うのは最低限のマナー。疲れたと言ってオモリを軽くしたり、潮の影響を受けやすいアクセサリーを意固地に使い続けることのないよう心掛けたい。

──ビギナーへアドバイスするとしたら?

船長「後から入れる人はライン見て、一旦止めて、糸見ながら落として行かないとバーッと後ろに流されちゃう。仕掛けの投入も回収も慌てないで、周りの人の道糸を見てやるのが一番。仕掛けの扱いに慣れない人は、7本針の仕掛けを買って貰って、3本針と4本針に分けて使って貰った方が良い。それでも釣れてます。良く釣れてる時でも5点掛けする人は限られてるから。あとこの時期は極端に誘わない方が良いみたい。トイレに行って置き竿の人とか、オマツリ解いた後に4点、5点と掛けたりする」

この日、実際に釣ってみて肌で感じたのが、まずは船で購入出来る仕掛けを使ってみることをお薦めしたいということ。毎年変わる新作のツノや他の港で定番化している流行りのツノより、船宿推奨仕掛けの方がツノへの反応が明らかに良かった。なので、首都圏の有名港でやり込んでいる人ほど、船長セレクトの船宿仕掛けで様子を見てから、ツノやスッテの構成を検討するのが得策と思われる。

また、『明進丸』が係留されている漁港内は岸釣りやバーベキューが禁止されていることをご留意頂きたい。漁網が置かれた区内へ立ち入ったり、駐車スペースで用を足したりゴミを放置するのも、後から来る釣り人はもちろん、漁港を管理する漁業関係者の迷惑になるので絶対にしないように。

船長セレクトの船宿仕掛け、5本針と7本針がある ©釣りビジョン
『明進丸』ヤリイカ仕掛け図 ©釣りビジョン
カメラを向けると真顔になっちゃう関裕二船長 ©釣りビジョン

魚影濃く期待大、行くなら今!

かくして、この日の竿頭は船中1杯目を釣った平石さん(巻頭画像)。無理せずのんびり楽しむイカ釣りのスタイルが印象的で、実は取材日の一週間前にも置き竿釣法で50杯以上を獲っている。「反応があってもイイ日、悪い日が極端で、タイミングだよね」と船長も苦笑い。

魚探に映る魚影は依然濃厚とのことで今後に期待。釣れるタイミングに手返し良く数を伸ばす釣りを心掛けたい。コロナ禍は落ち着きつつあるが、乗船人数を少なめに設定してゆったり釣りを楽しめる「明進丸」。腕に覚えのあるベテラン勢は勿論、一皮剥けたいこれからのアングラーにもお薦めしたい。

4/11には竿頭57杯の好釣果!(船長撮影) ©釣りビジョン
ボリューム満点の昼食付き! ©釣りビジョン
ビギナーにも腕利きにも安心の船宿 ©釣りビジョン

施設等情報

茨城県日立久慈港『明進丸』
〒319-1222 茨城県日立市久慈町1-2-2
TEL:090-2276-8806
定休日:第3月曜日 釣果・施設情報 『明進丸』ホームページ

施設等関連情報

ヤリイカ乗合(予約制)
集合時間:午前4時30分
出船時間:準備出来次第、午前5時頃
乗船料金:1万3千円(氷・昼食付き)

※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。

この記事を書いたライター

川添 法臣 釣りビジョンAPC
6歳から釣りに親しみ、海・川・釣堀・湖のルアー・フライ・餌釣りに節操なくのめり込むツリキチ。2019年JGFA沖釣りサーキット・総合優勝/2010年JGFAオールジャパンゲームフィッシングコンテスト・マダイの部・優勝(10.2kg)…他

その他オススメ記事