NEWヴァンキッシュ(シマノ)に2度驚く!

圧倒的な軽さと低い慣性力、そして高い感度を誇るヴァンキッシュがフルモデルチェンジ。実際触ってみたら、シマノの人から聞いた通り、2度驚いた!(執筆:横沢鉄平)

コラム

欲しい機能はすべて手に入れた感のある「NEWヴァンキッシュ」

釣りフェスティバル2023のシマノブースで、ひときわ多くの人を集めていたスピニングリールが、NEWヴァンキッシュだった。ステラとは一線を画するMGLシリーズのフラッグシップとなるヴァンキッシュは、4年ぶりのフルモデルチェンジ。昨年世に出された22ステラが誇る「3つのインフィニティテクノロジー」を実装して、キャストフィール、耐久性、巻き心地が向上。更には、ヴァンキッシュの哲学である「軽さ」も極限まで追求した。シマノブースで解説してくれた担当者は次のように語った。
「一番わかりやすい驚きは、持った時の軽さですね。そして、ハンドルを回すとその巻きの軽さにも驚きます。これはインフィニティドライブの効果ですね。実際、釣りの現場でルアーを引くとびっくりしますよ。ギヤ比を間違えたかな…と思うほど回転が軽いんです」
 実際に手に取ってみると、彼が語ったシナリオ通り、2度驚いた!手に持って「軽い!」。ハンドルを巻くと「軽すぎる…」。どんなスピニングリールもローターを一周させると、何らかの慣性力の変化を感じるものだが、このリールは違う。軽いだけではなく、その微細な回転抵抗でさえも均一なのだ。まるでベアリングそのものを手で回している感覚…というのは言い過ぎだろうか。この軽く、よどみのない回転の中にちょっとでも違和感が生じたら、それはきっとアタリだろう。その巻き感度を、実戦で体感してみたいものだ。
「インフィニティループという超密巻きの機構を搭載するためには、どうしても部品が増えるんですね。部品が増えると当然重くなるのですが、ヴァンキッシュは軽さを追求しているリールなので、その両立には苦労しましたね」
 その苦労が並大抵ではなかったことは、彼の口調からも伝わってきた。ライントラブルを軽減する「アンチツイストフィン」にも興味あるし、バスの超ライトリグ、アジングなどのライトソルト、そして渓流トラウトで、是非使ってみたいモデルだ。

(リール) ヴァンキッシュ2500SHG(シマノ) SPEC:自重=165g。糸巻量=PE0.8号-150m、フロロ5ポンド-100m。ギア比=5.8。最大巻上長=86cm/ハンドル1回転。最大ドラグ力=4.0kg。ボール/ローラーベアリング数=11/1。モデル数:全15モデル。税込価格=73,040円。(1000SSSPGのみ2023年4月発売予定。その他のモデルは2023年3月発売予定)。URL=https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003slvm7qac.html
ラインローラーの手前にある「アンチツイストフィン」は、ラインのたるみを抑制するパーツ。スプールからラインが脱落したり、ヨレのかかったままのラインを巻いてしまうトラブルを軽減。
ドラグワッシャーには新素材を使ったDURAクロスを採用。滑らかな滑りを維持したまま、耐摩耗強度を10倍以上に高めている。
19ヴァンキッシュと比べて、どれだけ回転がスムーズになったかを体感してもらうために、新旧ヴァンキッシュの巻き心地を比較できる特設コーナーも設置。どちらもかなりの負荷をかけてあったが、明らかにNEWヴァンキッシュの方が楽に巻き取ることができた。
NEWヴァンキッシュを触った人は、口々に「軽い」を連発。それは自重の軽さと回転の軽さ、双方の軽さを意味していると思われた。みんな2度驚いたのでは?

施設等情報

株式会社シマノ
TEL:0120-861130(AM9:00~12:00、PM1:00~5:00。土日祝日、休業日を除く) 株式会社シマノ公式サイト

施設等関連情報

釣りフェスティバル2023
■会期
2023年1月20日(金) 10:00~18:00
2023年1月21日(土) 9:00〜17:00
2023年1月22日(日) 9:00〜17:00
■会場
パシフィコ横浜 展示ホール
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1

※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。

この記事を書いたライター

横沢 鉄平 釣りビジョンマガジン編集長にしてフリーライター。ライフワークはバスフィッシングだが、ワカサギから世界の怪魚まで、すべての釣りを愛する男。ロッド&リールの「三匹が行く」、ルアーマガジンの「ドラマチックハンター」など、長期連載企画での出演経験も多数。キャンプ用品の「ヨコザワテッパン」考案者でもある。
YouTubeチャンネル「ヨコテツ」も、ささやかに継続中だ。

その他オススメ記事