釣りビジョン
ON AIR
2017.01.01号

宏昌丸・千葉県勝浦川津港
千葉県・外房、勝浦沖のルアー・ヒラマサ好調!!

千葉県・外房の勝浦と言えば伝統釣法「カモシ釣り」の聖地だが、近年はジギングやキャスティングで狙うルアー・ヒラマサが盛り上がりを見せている。そのオフショアルアーゲームに周年、午前&午後の2便で出船している勝浦川津港『宏昌丸』に出掛けた。

周年ヒラマサ狙い!男気のオフショアルアー船

『宏昌丸』は、一年を通じてヒラマサをメインにした“青物”をルアー専門で狙わせてくれる船宿だ。外房のルアー・ヒラマサというと、何となく敷居が高いイメージを持つ人も多いと思うが、吉清良輔船長は「そのイメージを払拭したい。むしろ敷居を低くして、ビギナーの方にもどんどんチャレンジしてほしい」と思いを語る。熱いハートを持った若い船長である。

船宿は『宏昌丸』の黄色い看板が目印
午前船の釣り座はここで確保
こちらの軽トラで受け付け

帰りにいかが?勝浦と言えば“タンタン麺”
大型船「第三宏昌丸」で出船

まずは川津沖でスタート!

冷え込む早朝だが、熱気を帯びたルアーマン達は集合時間の5時前には既に集結。総勢11人を乗せた「第三宏昌丸」は、定刻より少し早目の6時前に出船。まずは航程15分程の川津沖、水深20~30mからスタート。周りにはカモシ船や職漁の曳縄船もチラホラ見える。
「どうぞ!水深は28m。流れ込みから深くなっていきます」。「水深23m!ガチャガチャしてるので根掛かりに注意してください」。船長は水深が変わる毎に丁寧なアナウンスをしてくれる。乗船者には“探見丸”を使用する人も複数いた。船長のアナウンスを聞いていれば、水深や底の形状把握も出来、根掛かり回避に役に立つ。
まだ夜も明けきらぬ朝マヅメのゴールデンタイム、開始早々、船中一発目のアタリ! “青物”特有の強い引き込みを見せて上がってきたのは3kgクラスの“本命”ヒラマサだった。

豪華なタックルが並ぶ
キャスティングは16cm前後のフローティングプラグが基本
当日使用者の多かったジグはシルバーカラー

ジグは各色各サイズ用意しましょう
水深と底の形状把握に“探見丸”は便利
スマホでも見れる“探見丸”アプリ対応

ジギング仕掛け図
キャスティング仕掛け図

因みに最初のヒラマサがヒットしたのは、130gの蓄光タイプのグローカラーのメタルジグだった。一般的に“青物”用ジグのカラーセレクトというとブルー、シルバー、ピンクあたりがセオリーだが、このように夜が明けきらない時間帯では、グロータイプのジグも効果を発揮するようだ。

船中1匹目はグロータイプのジグにヒット
こちらもグローカラーのジグにヒット
タックルボックスに忍ばせておきたい、グロータイプのジグ

価値あるヒラマサが連続ヒット!!

船長はこの川津沖のポイントで丹念に根の上を流し変えていく。ここで前回の釣行で良型にラインを切られ、悔しい思いをしたという渋谷区の渡辺竜介さんにヒット! 慎重なやり取りで、上がってきたのは元気のよいヒラマサ。リベンジ達成、おめでとうございます! 一方、ヒラマサ・ジギングの魅力にすっかり嵌り、現在はキャスティングも勉強中という台東区の栖原一之さんも、ここでヒラマサと良型のアカヤガラをゲット。また、普段はボートシーバス中心という船橋市の加藤和明さんにも、ジギング3回目にして念願のヒラマサ初キャッチ! ヒットさせること自体が難しく、しかもヒットさせても強烈な引き込みで、中々顔を拝めない貴重な魚だからこそ、その1匹に価値があるのだ。

リベンジおめでとうございます♪渋谷区の渡辺竜介さん
ヒラマサを釣り上げて、笑顔♪台東区の栖原一之さん
良型のアカヤガラもゲット!これが美味しいんですよね

3回目の挑戦で念願の初ヒラマサをキャッチ! 船橋市の加藤和明さん
ピンクのジグにヒット
根掛かりが多いポイントは、アシストフックもシングルに交換

プライヤー&ナイフは必需品
ラインブレイカーも根掛かりの時にあると安心

    

キャスティングでは8kgクラスも上がる!

完全に日が昇り、ややアタリが遠くなったところで10分程移動、海中公園沖の水深10~20mのシャローエリアに到着。魚に警戒心を与えないようにと“ドテラ”で流していく。船長の指示は流し変えによって右舷はジギング、左舷はキャスティングと交互に当ててくれるので、平等に狙えるのが有難い。水温は19℃、潮流も2ノットとヒラマサを狙う条件としては決して悪くない。気配ムンムンの中、エンジン音の聞こえない静寂の船内に、ミヨシに陣取るアングラーの持つリールからドラグ音が響いた。やり取りの末上がってきたのは、この日最大8kgクラスのヒラマサ。その後 御宿沖のやや深めのエリアに移動し、40~60mラインを攻めて4kgクラスを1匹追釣。結果、午前船では8匹のヒラマサが上がり満足のいく釣果となった。

当日最大8kgはキャスティングでキャッチ!
ヒットルアーは16cmのフローティングタイブペンシル
お見事! 本日2匹目はシルバーカラーのジグにヒット

タモ入れは船長にお任せ! 大型ネット完備で安心
ベイトタックルを持ち込む方も
スロージギングで狙ってみても面白い

[動画]大物を狙って!ルアーヒラマサゲーム

午前と午後の2便乗船でジギング三昧

「これだけの釣果を目の当たりにして、午後船に乗らない訳にはいかないでしょ!」と言う船長のお誘いに二つ返事で乗船。午後船では通しの釣り人を含め13人で出船。まずは午前と同じ川津沖からスタート。幸先よく小型ながら船中1匹目が上がったがその後が続かない…。船長も小まめにポイントを移動してくれたが、中盤ジギングでスマガツオ1匹、後半キャスティングでチェイス1回があったものの、そのまま日没となり無念の沖上がりとなった。これがあるからギャンブル性が高い“青物”は難しい。それでも当たればデカく“爆釣”も夢ではない。だからこそその1匹の価値に魅了されたアングラーは、この釣りに足繁く通ってしまうのだ。

午後船の乗船風景
午後船で上がった貴重な1匹
スマガツオも交じった

ドカットのエンブレムにピッタリ♪カッコいいステッカー
お世話になりました! 丁寧で優しい吉清良輔船長

今後はサンマの南下でブリも有望!

「午後船は残念な結果になっちゃいましたね。それでも今年は水温も高めでヒラマサはまだまだ有望です。ヒラマサの適水温は18℃前後でベストシーズンはやはり春と秋ですけど、14℃位までなら充分釣れます。つまり一年中ターゲットなんですよ。勿論、条件が整えばトップでも狙います。また、これからベイトであるサンマやイワシが、水温低下と共に南下してくれば、それを追いかけてきたブリ・ワラサのベストシーズン! 日並みが良ければ入れ食いにも遭遇しますよ。これからジギングを始めてみたい方にも、ぜひその魅力を味わってほしいですね!」と吉清良輔船長は太鼓判だ。

(釣りビジョンAPC・牛島誠)

今回利用した釣り船
千葉県勝浦川津港『宏昌丸』
〒299-5232 千葉県勝浦市川津1473
TEL:0470-73-1082
定休日:第1・3土曜
詳細情報(釣りビジョン)
宏昌丸ホームページ
出船データ
集合時間=午前船:午前5時 午後船:午前11時30分(要電話確認)
出船時間=午前船:午前6時 午後船:午後12時30分
基本料金=午前船1万1,000円 午後船1万円(午前午後通し2万円)
     女性2,000円引き(氷付き)
沖上がり=午前船:午前11時30分 午後船日没
貸し道具あり(詳しくはお問い合わせください)
ページトップ