見た目の変化がわかりにくく、攻略が難しいと言われるサーフのヒラメゲーム。だが、地形変化とベイトの動きを読み解ければ、あんなにも簡単に釣ることが出来る魚も少なくない・・・。

そう、ヒラメゲームは攻略法が全て!!そこには、将棋やチェスのようなボードゲームに通じる打ち筋が存在する。将棋で言うなら“王手”。チェスで言うなら“チェックメイト”。ヒラメ釣りは・・・「ヒラメイト」である!!

※ヒラメイトとは、チェスの詰み(チェックメイト)とヒラメをかけあわせた造語

釣れない・難しい・厳しい」と思われがちなサーフのヒラメゲーム。だが、地形や時合を読みきり、大判ヒラメをキャッチした時の充実感は、他の釣りでは得られない充実感があるのです。

番組では、広大なサーフの中でどのように場所を絞り込むか?アングラーがひしめき合う激戦区ではどう狙うか? 情報があまりない、未開の地ではどう狙うか? 季節によるベイトの違いでどう狙い方が変わるのか?等々見所満載!!ロコアングラーは勿論、これからヒラメ釣りをはじめる方にオススメです!!

第15局 千葉県九十九里浜 またしても座布団乱舞!?因縁の地で座布団クラスにリベンジ!!

初回放送日
2018年2月7日(水)
出演者
堀田光哉
場所
千葉県 九十九里浜
魚種
ヒラメ
紹介動画
紹介動画
ここ数年、冬の寒ビラメシーズンの放送回には座布団ヒラメをキャッチしているホッティー。その記録を伸ばすべく、70cmオーバーの実績が高い千葉県九十九里浜に出陣!!
2015年の放送では、大挙して接岸するコノシロを求めて座布団クラスが乱舞!!しかしなす術なく撃沈している。因縁の地でリベンジを果たすことが出来るのであろうか!?
釣りビジョンMore 必釣動画

日本全国、多くのヒラメファンで賑わう冬のサーフですが
この時期のヒラメは寒ビラメと呼ばれる様に旬であり
更には最も大型が出やすいと言われる季節でもあります。

ヒラメイトでも冬の放送に限って言うと第7局遠州灘編で71cm。
そして第11局紀南エリア編で76cmと言う座布団クラスが
2年連続で上がっており、釣れたら高確率でサイズが良いのが
この時期の特徴です。

そんな大型が出やすい今回の放送ですが、今回はTV放送で
3年連続の座布団クラスを仕留めるという金字塔を打ち立てるために
千葉県九十九里浜に行ってまいりました。

実は今回のロケ地である九十九里浜は
2015年にヒラメイトの撮影で訪れた地域です。
その時は何匹もの座布団クラスのヒラメがベイトフィッシュである
コノシロを求め、乱舞するという衝撃的な事件が起こりました。
ただベイトフィッシュが多すぎたのかルアーには全く反応せず、
正直苦い思い出があるフィールドです。

当時の九十九里浜は地元の人以外、ヒラメを狙っている人が居なく、
堀田さんも手探りの状態だったんですが、それからおよそ3年かけ、
ポイントに通い、再挑戦していただきました。

果たして3年連続の座布団クラスを仕留め、
初挑戦の際はノーフィッシュに終わった
九十九里浜にリベンジする事が出来るのでしょうか?
是非とも放送をご覧ください。

PLAZAへ

釣り具を買うなら釣りビションPLAZA
 ※在庫切れの場合もあります、予めご了承下さい。

ロケ地千葉県九十九里浜
対象魚ヒラメ
堀田光哉 使用タックル
ロッド
リール
18ステラ 4000XG
ライン
ピットブル 1号(プロト)
リーダー
フロロカーボン 6号
ルアー
ルアー
ルアー
ルアー
ルアー
ルアー
ルアー

放送日時間回数・サブタイトル
4月27日(金)16:00第8局 千葉県南房エリア イワシパターンのヒラメ攻略
5月12日(土)07:00第12局 島根県 出雲・江津・益田エリア 山陰のヒラメポイントを調査せよ!!
5月18日(金)05:00第8局 千葉県南房エリア イワシパターンのヒラメ攻略
釣りビジョン: 0120-260-251