直重丸・茨城県日立久慈港

2016.5.8号

茨城県・日立沖のショウサイフグ早くも開幕!

表紙
ダブル!

茨城県・日立久慈沖でショウサイフグ釣りが、4月半ば早くもスタートを切った。例年梅雨時から開幕するのだが、一つテンヤやメバル船で多数交じり始めたため2ヵ月早めての開幕。初出船から竿頭61匹の好釣果が出た日立久慈港『直重丸』の宇佐美智大(うさみ・ともひろ)船長に状況を聞いた。

水深30~40m海底付近に大きなフグの反応

「今年は早かったですね。昨年も少し早めにフグ船をスタートしたのですが、マダイをテンヤで狙っている仲間の船が水深30~40m付近で大きな反応があり、やってみたらしいんです。そうしたら、ショウサイフグが連発。もしかしたらショウサイフグ狙いでスタートできるのでは?と思ってやってみたらやっぱりいましたね」と宇佐美船長。今シーズン初出船の4月16日は23~30cmを35~61匹、2番手も50匹と最高の滑り出しをした。

キャプテンズレポート

カットウ仕掛け、アオヤギ餌が日立沖スタイル

使用する竿は1.5m前後、8:2調子、オモリ負荷は25~30号。リールは小型電動リール、手巻きの場合はベイトリールを使用。道糸はPE1.5号100m、リーダーはフロロ6~8号1m。ダブルカットウ仕掛けのオモリは25~30号で色は問わない。カットウ仕掛けの上に喰わせ仕掛けをつける人も時折いるのだが、オマツリした場合外れにくくなり、手返しが悪くなるためやめた方が懸命だ。餌はアオヤギ1パック付き。2パック目からは有料で船上でも購入できる。日立沖では、食わせ仕掛けを使用する人はほとんどいないが、シーズンによっては中層に反応が出て、カットウよりも食わせの方が良い場合もある。状況に応じてうまく使い分けて釣果を伸ばそう。

着底したらすぐに1mタナを切ろう

ポイントの海底はかなり激しい磯場。そのため、カットウが根掛かりをしないように着底後すぐに、糸フケをとって1mタナを切る。理屈では分かっていても、タナを切るのをモタモタしていると仕掛けを何組もロストする事になるため迷わずタナは切ろう。後はカットウから垂れ下がっているハリスの長さ分を上下に動かすイメージで誘う。そして、その間5秒に1回位空合わせを入れていく。キャストして広範囲を探る場合は着底後糸フケを取り、テンションをかけて底1m切ってそのタナをキープしながらハリス分誘う人もいるが、根掛かりが増えるため慣れている人向けの釣り方だ。

仕掛け図
仕掛け図

身がキュッと締まっていて美味しいのは5、6月頃

「最近の水温は約12℃と低めなので、ショウサイフグも一番良い時期と比べるとまだ活性は高くないですね。15、16℃まで上がれば良い感じだと思います」と船長。この時期は時折北から冷たい潮が差すため水温が安定しないのだとか。また、船長は、「あまり知られていないのですが、フグの身が締まっていて一番美味しいのは実は5、6月頃なんです。フグと言うと7月頃産卵期の爆発的な釣果を目指してくるアングラーの方も多いので、その頃が一番美味しいと思われがちですが、刺し身や鍋物にするには今の方が、身が締まっていて最高です」と言う。夏場よりも確実に美味しいそうだ。今の時期に釣れてくる魚はメスが多いが、夏場はオスが9割、メスが1割と逆転する。詳しい事は船長も分からないそうだが、ショウサイフグは7月に3回に分けて産卵すると言われ、メスは夏場に向けて産卵に備えて荒食いをし、産卵期には多数のオスがメスを追いかけて活性が上がるイメージなのだそうだ。

うれしい初物♪
カットウのオモリの形状は様々
グッドサイズ
キャプテンズレポート
美味しそうなショウサイフグ

産卵期へ向けて更に釣果はうなぎのぼり!?

5月初旬現在、ショウサイフグの群れは中層に浮いてしまっており、ハリ掛かりが悪くなってしまい釣果も落ち着いてしまっているようだが、これから夏場に向けてフグも産卵に向けて水深5m前後の浅場まで上がってくる。特に例年7月末~8月初旬の2週間は底が見えるような水深3mで入れ掛かりがあると言うから驚きだ。良い時には30cm前後の良型が、制限の80匹まで2時間の実釣で釣れてしまって早上がりの事もあると言う。日立沖のショウサイフグは8月頃までがシーズンだ。

今回紹介した釣り船
釣り船

茨城県日立久慈港
「直重丸」

〒319-1224 茨城県日立市南高野町3-4-17
TEL: 090-2661-7857
詳細情報(釣りビジョン)
直重丸ホームページ

船宿データ

ショウサイフグ船
出船時間: 集合5:00、揃い次第出船、沖上がり12:00
乗船料金: 10,000円(アオヤギ餌1パック・氷付)
レンタルタックル有り

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。