勇盛丸・千葉県大原港

2016.6.22号

2㎏級の大型ザクザク。狙える! 外房大原沖のオニカサゴ

表紙

市場にはなかなか出ない高級根魚オニカサゴが千葉県大原沖で好機に入った。大原港『勇盛丸』では5月過ぎからイサキやメヌケ狙いの合間を縫って出漁すると、2.5kgの特大サイズを交えて2㎏級が連発。これから秋にかけて主力ターゲットの一つになりそうだ。やり方次第ではこの高級魚を一荷釣りできてしまう永谷亘船長の「勇盛丸」流・誘い術を聞いてみた。

仕掛け図

広大な釣り場に無数のポイントが点在

キャプテンズレポート

ポッコリした白身の味わいはもちろん、干して酒に浸すヒレ、抜群のダシが出る骨部そして内臓と、捨てるところがないと言われる美味な根魚オニカサゴ。一年中狙える中深場の花形として人気だが、大原沖一帯では一応、夏から秋が旬と言われる。「初夏、黒潮が寄ってきて潮がぶっ飛ぶようになるんですが、定期的に潮が落ち着くときがくある。そこを狙うとしっかりとポイントも探れ、好釣果に結びつくんですよ。先日もその状況で出船したら、一投目は速潮で空振りでしたが、その後はうまく仕掛けが入り、2.5kgを最大に2kg以上がバタバタきました」と船長。

ここ一帯のオニカサゴポイントは広く、南は勝浦沖から北は太東沖の北端まで。そこの水深100mラインから180mラインまで、各層にポイントがあるので、場荒れという言葉とは無縁。オニカサゴを狙う遊漁船は多いが、毎年安定した釣果が出ているのはそんな理由からだ。 「中深場と言うとちょっと尻込みするビギナーさんもいますが、しっかりアドバイスしますし、レンタルタックルも無料で貸し出しますから、気軽にチャレンジして、高級魚オニカサゴを是非ともゲットしてほしいですネ」と船長もサポートを約束だ。

キャプテンズレポート

餌のバリエーションも好釣果へのカギ!

エサ付け図

オニカサゴは片天ビンに振り分け2本ハリスで、竿をあおって誘いをかけるため、2m前後の胴突き竿を使う人が多いが、『勇盛丸』では最近、1.5m前後の短竿が主流だという。「確かに誘いは重要ですが、通常でオモリ150号(潮がトロいと100号)ですから、長いと結構疲れてしまうんですよ。うちの釣り方を考えると1.5mで十分対応できます」と船長。このエリアでは『勇盛丸』は比較的ライトタックルといえるが、それは仕掛けが短めなど、勇盛丸がオリジナルの釣りを考えているからだといえよう。

なお、オニカサゴ釣りで餌は重要項目の一つ。とにかく大きめの餌でアピールして食い込ませることになるが、釣り人が独自に想像していろいろな餌を持参するのも、この釣りの特徴と言えよう。船宿では冷凍サバか冷凍サンマが定番餌で、これを2cm幅、長さ20cm前後にして使うが、他にも最近の有効餌がいくつかあると船長は言う。「まずはアナゴ。これは特餌の定番としてかなり有効です。20cmほどにしてサバなどと同様チョン掛けにします。また、サバ切り身餌と抱き合わせると抜群と言われているのが、ヒラメの腹側の皮。白いほうですね。これはサバの身側と合わせます。やはり寸法は同じ。常連さんはヒラメ釣りに行ったとき、皮を丁寧にすいてストックしておき、うちに持ってくるんです。これもいいですね」と船長。なお、メーカーは特定できないが、オレンジ色のバイオワームみたいな製品も、付けると効果的だとのことだ。

キャプテンズレポート

ヒットは底ベタだけじゃない、上層も意識せよ!

オニカサゴのポイントというと、どうしてもゴツゴツした荒い根周りを想像してしまうが、意外や『勇盛丸』が狙っている勝浦~太東沖はそんなに荒くはない。急なカケアガリということもなく、いたって平坦っぽい平根だという。もちろん、ツルツルというわけではなく、それなりにゴツゴツはしているが。そのためだろうか、オニカサゴ釣りにおいては贅沢過ぎる、一荷釣りが狙えるという。ベーシック釣法はまず、オモリが着底したら仕掛け(ハリス)の長さ分、タナを切る。そこから竿を頭上に聞き上げてから下げる誘い上げを1回。そして少しアタリを待つ。『勇盛丸』流はここから少し違う。

概念図

「アタリを待った後、そのままそこからリールを1回転巻いて、そこでまた誘い上げ操作をする。これを底から5mくらい上層まで繰り返すんです。もちろん、底ベタで誘いを繰り返してもアタりますが、この方が周囲にアピールできるのか、アタリが多いと思います。とにかく大きい餌にするのもアピールするためですから、誘いだって効果的と思える操作を取り入れていく。その結果が上層への誘いになったわけです」。このため、1匹目が掛かった後も、すぐ電動リールのスイッチをオンせず、そのまま5mくらい上層までゆっくり手巻きでまくように指示している。その時に追い食いするわけだ。

「とにかく私は指示を頻繁に出しますから、聞き逃さないようにしてください。指示ダナもかなり細かく言います。最後に一つだけ、置き竿は駄目ですヨ。誘わないと、まず釣れません。今が大型のチャンスで、数でもツ抜け(10匹)が期待できますから、頑張ってください」と船長。オニカサゴというとまず鍋を連想するが、夏だけに涼しい系の焙りの刺し身やシャブシャブがお勧め。絶品ですヨ。

今回紹介した釣り船
釣り船

千葉県大原港
「勇盛丸」

〒298-0004 千葉県いすみ市大原10207
TEL: 0470-62-2086
詳細情報(釣りビジョン)
勇盛丸ホームページ

船宿データ

予約乗合制でオニカサゴは1年中出船
出船時間: 午前4時~11時沖上がり
乗船料金: 12,500円(税込)氷、冷凍サンマか冷凍サバ餌付き。女性と子供は割引有り
電動レンタルタックルは無料貸出
定休日:第1、第3月曜日

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。