釣楽園征海丸・茨城県波崎港

2016.8.8号

犬吠埼沖で20~30kg級キハダマグロが大フィーバー!

表紙

茨城&千葉県境の銚子~犬吠埼沖で20~30kg級のキハダマグロが大フィーバー! 7月半ばまでは20kg級が主体だった群れが、7月末から30kg台が中心となり、さらに大型化したのだ。今シーズン32kgのキハダマグロをキャッチしている茨城県波崎港『釣楽園征海丸』の須之内哲也船長に、キハダマグロフィーバーに沸く銚子~犬吠埼沖の状況を聞いた。

鳥山にナブラ! 30kgのキハダが跳ねる!

「凄いですよ。今の銚子~犬吠埼沖は大型のキハダマグロが沸いています。潮温が25~26℃のエリアを攻めているんですが、釣り場にはカツオ、キハダを狙う職業船や釣り船が入り交じり船団が出来ています。8月のここにきて、30kg級のキハダマグロも十分狙えるようになってきました。もちろん、釣れない人もいますが、トップの人は20~30kgのキハダマグロを3本釣った人もいます。合計70kg超です(笑)。カツオも釣れているんですが、キハダが目の前を泳ぎ始めると、皆さん目の色を変えてキハダ狙いにかわるんで、カツオは良い人で5本くらいですね」。7月20日には20~30kgが船中20ヒットで12匹をキャッチ。それだけキャッチすれば船中お祭り騒ぎなのは言うまでもない。カツオやキハダのベイトは5cm前後のイワシ。キハダマグロはトップゲームで狙えるため楽しさは倍増だ。

30㎏アップに大満足

「朝昼関係なく、唐突にナブラが湧きます。すると、カツオが海面で水飛沫を上げてバシャバシャやり始めることが多いんですが、そのちょっと離れた周りにキハダがザバーンと跳ね始めるんです。30kgの魚体ですから迫力ありますヨ~」。

おすすめタックルは?

キハダ用のスピニングリールはシマノであれば10,000番、ダイワは8,000番クラスに道糸PE5号200mをセット。竿はキャスティング用ロッド7ft前後。青物用だとバッドパワー負けして2人くらい折られた人がいるので、一ランクゴツめの竿が必須だ。リーダーは80lb1ヒロ(約1.5m)あればOK。リーダーの結び方に船長お勧めはないが、時合が1~2時間しかない場合もあるので、そのチャンスを逃さないように一番短時間で修正できる慣れている結び方にしよう。カツオ用は魚のサイズが1.5~5kgと個体差がかなりあるが、青物用で対応できる。ジギングロッド6.3ftにスピニングリールはシマノであれば8,000番、ダイワであれば4,500番クラス。

道糸はPE2~3号200mにリーダーは30~40lb1ヒロでOK。スナップに関しては船長も特に拘りがないため、各自自由にルアーへの直結でも良い。カツオ狙いは30~45gのシルエットの小さいタングステンのジグが主流。

1匹取れれば気分は爽快

ダイワのTGベイト等で色はシルバー、ピンク、ブルーが定番カラーだ。アシストフックはMサイズ2本セット。フックの目安はジグの横幅から少しでるくらいのハリの大きさが丁度良い。キハダ狙いはジグではなく、トップゲームでやる。ルアーは、20cm前後の飛距離の出るペンシルであればなんでもOK。ペンシルはトリプル又はシングルフックを2本セットしよう。

フィッシングベルトは必需品! 掛かったらとにかく耐えよう

30㎏級の強靭パワーにちょっと疲れました

「釣り方ですが、現在の状況はかなり良いので、キハダマグロもカツオも反応を見るのではなくナブラを見つけてそこに船を走らせます」。

船長から合図が出たと同時にアンダーキャストで出来るだけ遠くに投げて、着水したらすぐにスキッピングで水面を跳ねさせるか、下手なアクションをつけるよりもファストリトリーブでとにかくキャストの回数を重ねる。リトリーブは速ければ速いほど、ルアーを見切られる可能性は低くなり、ヒットの確率もあがる。「反応が出る時も水深10m前後までですので、沈めてもそこまでですね」と船長。キハダマグロ狙いの釣りもその延長にある。

キャプテンズレポート

カツオのナブラの周りにはキハダマグロが跳ねる姿がかなりの高確率で見えるのだ。その付近にはイワシがベイトボールになっているので、そこに直接入らないように付近にキャストをしよう。

アクションはストップ&ゴーがメイン。竿で引っ張って、とめて引っ張った分を巻き取る…引っ張って巻き取る…の繰り返しだ。「掛ける人は一日4~5匹掛けますが、トップはやはり掛かりが浅いんですね。掛かった瞬間に魚も一気に50mくらい走るので、その間にバレないようにするのがコツ。フィッシングベルトを持っている人はその間はなにもしないでベルトに竿を置いて手を添えてひたすら我慢してください。それが一番バレ憎く魚を獲る近道なので、ひたすら耐えてください。ドラグは8~10kgくらいのテンションであればOKです」と船長。魚が見えなくても、必ず投げることをやめてはいけない。船長から移動の合図が出るまでは船の近くに魚はいるはずだ。ひたすらめげずに一日投げ続ける人が魚を海から引きずり出すそうだ。「あれ? ミヨシは全員休んでいるのに、後ろでヒット!…なんて事もありますよ(笑)」。

旨いよ!キハダマグロ♪

30㎏を超えれば味もピカイチ!

30kgの魚体にもなるとお腹も丸々と太って脂も乗っています。釣った人は皆さん喜んで持って帰りますよ。カツオも3~4kgになると太くてうまそうな魚体になっています。

今は3週間好釣果が続いているので、これから黒潮に乗ってあがってくる魚がどれくらいいるのかによって今後も期待大。キハダファンのアングラーは『釣楽園征海丸』へ急ごう!

今回紹介した釣り船
釣り船

茨城県波崎港
『釣楽園征海丸』

〒314-0408茨城県神栖市波崎9532
TEL:090-3100-6991
詳細情報(釣りビジョン)
釣楽園征海丸ホームページ

出船データ

キハダマグロ・キメジ船
乗船料金::12,000円(氷付)
レンタルタックル有り
集合時間:4時00分
出船:4時30分、帰港:15時

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。