凱丸・岡山県琴浦港

2016.10.22号

瀬戸内海・岡山のタチウオテンヤ釣り

表紙

「たとえばサッカーにはブラインドサッカー、ヨットにはブラインドセーリングがあるように、釣りをもっとみんなに楽しんでもらいたいですね。身体にハンディーをお持ちの方でも、釣り好きなら大歓迎です!」という、岡山県倉敷市琴浦港『凱丸(かいまる)』がドラゴンを狙って西へ東へ走り出した。元ヨットマンの三好勝己船長に岡山のタチウオ釣りについて聞いた―。

瀬戸内海のタチウオシーズンイン!

「オレの方がデカイ!」

各地でタチウオが釣れ出し、岡山県琴浦港の『凱丸』も10月からタチウオメインで本格的に西へ東へ走りだしている。岡山のタチウオ釣りってどんな釣り? 三好船長に釣り方から聞いてみた―。

       
タチウオの立ち泳ぎに負けないようにリーリング

「うちは『また乗りたくなる遊漁船』というのがキャッチフレーズで、タチウオもできるだけお客さんの希望をお聞きして、また乗船していただけるようにガンバッテいますが、ビギナーの方でも比較的釣りやすいテンヤ釣りで出船することが多いですね。

        
「脂が乗ってウマそうだ」

例年、10月に入ると、地元岡山の釣り人も、大阪、兵庫から釣行してくる釣り人もガ然タチウオで活気付きます。潮によって釣り場を選び、35ftのヤンマー船で瀬戸内海を走りまわっています。このところ数は出ていますが、『凱丸』のお客さんはどちらかというと数より型狙いの人が多いので、楽しみはまだまだこれからといったところです。

 

その日の潮によりますが、数はよいときでトップ40~50匹。サイズは指2~8本と小型~大型のまじりです。釣り方が合わなかったりして、5匹ぐらいで終わる方もいらっしゃいます」。

ハイシーズンは11~12月、離島に1泊する遠征釣行も

Wヒットだ

タチウオが一番よく釣れるハイシーズンというのはいつ頃ですか?

「そうですね、やはり11月、12月ですね。型もよいものがそろって、たとえばそれまで指5本以上が船中10匹そこそこといった感じだったのが、グーンとよくなって船中20~30匹と言う日も珍しくなくなります。もちろん、瀬戸内海ですから潮にもよるんですがね。そうなるとタチウオの活性が上がるのに比例して、釣り人のテンションもMAX! それ行け凱丸!って感じですよ(笑)

カミソリのような鋭い歯に注意!

船の機動性を駆使して走りますよ。1泊2日の遠征釣行もやります。ドラゴンを追い求めて― 瀬戸内海の離島の民宿に宿泊しての釣り三昧。お客さんとも親しくなれて、毎年、釣行していただけるリーピーターも多いです。仕立船の場合は、海上がナギなら船上で鍋パーティーをやったりすることもあります。」

餌のイワシかサンマ切り身は付け方が大切

ずいぶん楽しそうですね!では、具体的にテンヤ釣りについて説明してください。

「どや!」

「タチウオテンヤは市販されている30~40号を使用します。最近はヘッドのカラーもいろいろあるようですが、ご自分の好みでチョイスしてください。テンヤに刺す餌は基本、持参していただいています。

通常、イワシかサンマの切り身を使用します。イワシは前日にスーパーで買い求めて来られる方も多いですが、釣具店で販売されている冷凍イワシでも構いません。

サイズは15cmまで。12~13㎝のものがベストだと思っています。大きすぎるイワシは、頭の部分をカットして使用します。私はこちらで「キイワシ」と呼ばれているイワシが一番食いがいいと感じています。イワシの頭がテンヤのヘッド側にくるように刺してワイヤーで巻いていきます。一方向に巻いてやり、折り返して巻くことはしません。タチウオの食いがよく、餌の交換時にワイヤーをほどくのもカンタンで手返しも早くなります。

「ついにドラゴン釣りました」

サンマを餌に使用するときは、釣行前にあらかじめ三枚におろして塩でシメたものを、ペーパータオルを敷いた密閉容器に並べて持参すると手返しが早くなります。

「私も大きいの釣りました~」

サンマをテンヤに刺す場合、皮の方から刺してワイヤーで巻きます。皮がワイヤーで切れることなく、餌持ちがよくなります」。

誘っていかに食わせるかがタチウオ釣りの醍醐味

これ見たらもう行くしかないでしょ

では次に釣り方ですが…。

BIGサイズおめでとう!

「船はスパンカーを揚げて流し釣りをします。タナは上からと下からと両方アナウンスします。テンヤをただ落として巻くだけではタチウオは釣れません。リールの巻き方というか誘いというか、この差で釣果にグンと差が出ます。単にゆっくり巻く釣り方、ワンピッチ、ワンジャーク、ストップ&ゴー…などタチウオの反応をうかがいながら試していきます。凱丸では情報は共有するようにしています。大きな船ではないので、チームワークでタチウオを攻略していきます。

コツと言うか、タチウオ釣りにおいて、重要かつ一番の醍醐味でもあるのがアタリが出てからの誘いでいかに食わせるかにあると思います。タチウオとの真剣勝負、息を殺しての駆け引き、コレです。思い通リに食わせたらこれほどの喜びはありません。コレでハマっちゃうんですね。

最近は先調子のロッドで、タチウオの餌をついばむ様なアタリが出たときに掛け合わせるような釣りをする人が増えています。いかに誘うか、いかに乗せるか、この駆け引きですかね、タチウオ釣りの魅力は…。自分の得意とする釣り方に適したタックルも自然とわかってくると思います(タックル図を参考にしてください)。ただ、テンヤのハリは私は1本の方がいいように思います。特にドラゴン狙いにはネ。

11~12月にハイシーズンを迎える瀬戸内海・岡山のタチウオのテンヤ釣り。これから寒くなってきますが、防寒対策をして、ドラゴンとの“熱い”闘いを楽しんでいただければと思います」。

今回紹介した釣り船
釣り船

岡山県・琴浦港
『凱丸』

〒711-0906 岡山県倉敷市児島・琴浦港
TEL:090-4149-0059
詳細情報(釣りビジョン)
『凱丸』ホームページ

出船データ

タチウオ乗合船料金8000円(遠征はプラス料金、詳細は電話)
仕立船は8人まで70000円~(釣り場により料金変動)
タチウオ用レンタルタックルは2000円(要予約)

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。