今季はデカいぞ竹岡沖カワハギ、冬は肝もパンパン!|オフショアマガジン | 釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

新修丸・神奈川県金沢八景

2016.12.8号

今季はデカいぞ竹岡沖カワハギ、冬は肝もパンパン!

表紙

東京湾の秋~冬の主力ターゲットであるカワハギ。今や全国大会が多数行われるなど大人気であるが、これからの厳寒期はさすがにスゴ腕トーナメンターじゃないと、なかなか数釣りが難しい。半面、魚版フォアグラと称される肝が肥大して、食べるには絶好の時期であるのだ。好ポイントのひとつ、内房竹岡沖では数こそ他エリアに譲るが、今季は30cm超の“尺もの”がもっか連発中。そこで、つい先日に船宿大型記録を更新した金沢八景『新修丸』にビギナーへのアドバイスを聞いてみた。さあメガ肝カワハギにぜひトライ!

肝をパンパンにした大型が頻繁にヒット!

こちらもビッグ!
11月5日に釣れた34cm

『新修丸』は毎年、カワハギの好シーズンである秋口から正月中旬過ぎまで予約乗合で出船し、千葉県内房エリアの竹岡沖を狙っている。このエリア、他の館山沖や剣崎沖、長井沖のようにトップが70匹だ80匹だと爆発的なものにならず、せいぜい30~40匹。ただし比較的サイズがいいことで知られてきた。

それが今季は、さらに一回り大きいようだ。 「数ではね、例年並みです。ただ、ちょっと型がいいかな。尺(30cm)以上が頻繁に上がるし、11月5日には船宿記録を更新する34cmが出まして、つい先日の12月5日には、それを更新する35cm(タイトル写真)がヒットしました。カワハギって31~32cmまではたまに出ますが、そこから5mm、1cm大きいのがなかなか出ないんですよ」と船長。カワハギファンも自己記録を狙うならチャンスかもしれない。

良型のダブルヒットに大満足

もうひとつ、見逃せないのはグッと海も冷え込んできて、肥大してきた肝。特に今季は良型ぞろいなので、肝の量も多くとれ、身の分量と釣り合いがとれる(温暖期は肝が足りない場合が多い)。

「もう腹パンパンですよ。食通には堪えられないですよ」。肝和え醤油で刺し身を賞味すれば、もう幸せそのものだ。

タックル&仕掛けは大型サイズを意識してチョイス

いい色の大型カワハギ。腹のあたりが肝でパンパンだ

タックルだが、人気のジャンルだけに専用品が多種多彩に出回っておるため、特に『新修丸』指定のものはない。

「各メーカーの専用竿に小型両軸リール、仕掛けやオモリも市販されているので性能がいいものがたくさんありますから、自分の手になじむやつや、使いやすいものを好みで揃えるのがいいでしょう」と船長。あえて言うなら、大型の強い引きを考慮して、竿は若干軟らかめ。ハリもワンランク大き目で、太軸を選んだ方が間違いはないようだ。

良型の一荷釣りにゴキゲン!

カワハギ釣りには特に重要なアサリ餌だが、『新修丸』では生アサリ(要予約)も冷凍アサリも常備。冷凍は一日1パックでほぼ大丈夫だが、生は2パック必要になるかも。予約時に船長に相談してみるとよい。

付け方は図を参照。こじんまりまとめて、ダレないようにがセオリーだが、魚のサイズも大きいのと、そろそろ餌取りも少なくなってきているので、小ささを気にするより、多少格好悪くても、ダレないようしっかりハリ付けすることを優先したい。

基本はゼロテン、ビギナーはまず小さいアタリを察知

カップルで大型をゲットし、カワハギが代理で「チュッ」

「竹岡沖は外海の潮が突っ込んでくる場所だから、なかなか水温が下がらないことが多いんです。温暖化も相まって今季は11月半ばまで20℃を切りませんでした。ただ、ここへきて少し冷え込んだせいか、もっか16~16.5℃と例年並みに。釣り方も例年通りの厳寒期のパターンを中心に考えていくといいでしょう」という。さすがに宙釣りはもう分が悪く、中心はオモリ底ベタ。基本的にゼロテン(ゼロテンション)から操作を始めていくパターンで、そこからチョイ聞き上げ、チョイ弛ませ、大弛ませなどいろいろ試していく。

デカい! カワハギ釣りの怪童現る

「ベテランさんならともかく、厳寒期はなかなか勝手にアタリが出てくれないので、ビギナーさんにはこう教えています。小さくてもなんでもいいから、まずアタリが出るようにいろいろな操作を実践して試行錯誤しましょう。小さなカワハギのアタリを察知できれば、後はやりようがあります」。例えば、着底してゼロテンで1分待ったら2つ餌がなかったから、次は着底後1分以内に聞く動作を入れてみようとか、一番下の餌だけ取られるから、次は中オモリ入れて真ん中と上バリも這わせ気味にしてみようとか……。

とにかく、わずかでもシグナルが出るよう操作するのが重要。それが実現したら、こっちのもの。アワセが利かなかったらハリの号数を替えるとか、餌の大きさを調節するとか。掛かってもバレるならハリの形状を替えるとか、枝スの長さや号数を替えるとか……とにかく仕掛けが優れている現代カワハギ釣法は、アタリさえ出せば、対処の仕方がいろいろあるのだ。

数釣りではやはり百戦錬磨のトーナメンターが断然有利。しかし、大きさ勝負なら、ビギナーにも勝機は十分ある。この冬、極旨の肝パンカワハギにチャレンジしてみるのは、いかがですかな。

今回紹介した釣り船
釣り船

神奈川県金沢八景
「新修丸」

〒236-0025 神奈川県横浜市金沢区野島町10
TEL:045-784-2636
詳細情報(釣りビジョン)
「新修丸」ホームページ

出船データ

乗合料金:8,500円(税込)氷付き。
女性:6,500円
中学生以下5,500円
餌別で生アサリ1パック700円(事前予約制)
冷凍アサリ1,000円
出船時間:7時20分~14時30分沖上がり
定休日:木曜日

ページトップ