番組表
番組一覧

茨城県・波崎沖のメヌケ、多点掛けの極意とは!?|オフショアマガジン | 釣りビジョン

釣りビジョン
ON AIR

仁徳丸・茨城県波崎港

2017.2.8号

茨城県・波崎沖のメヌケ、多点掛けの極意とは!?

表紙

青い海の水面にズラッと並ぶキラキラと輝く紅色のぷっくりとした魚体。「1匹2匹…いや!7匹もいるよ!」……自分の竿に繋がったメヌケ仕掛けがそんな状態になったら虜になる事、間違いなし。それがメヌケ釣りの極意だ。茨城県波崎港『仁徳丸』ではメヌケ狙いで年末から出船開始。 開始早々竿頭がツ抜け(10匹超え)を記録し、絶好調。年明け後は潮が速くなっているようだが現状はどうか? ズラッとメヌケをちょうちん行列で釣るための極意を三橋正幸船長に聞いた。

釣り方のコツは底をとること! 竿先へ集中して海底をとらえる!

出ました!ちょうちん行列

『仁徳丸』でメヌケ狙いに出船する場所は波崎・犬吠沖~片貝海溝にかけてのポイントだ。「釣り場についたら投入は後ろから順番に1人ずつ行ないます。仕掛けはマグネット(レンタル可能)での投入や、治具を使っての投入どちらでも構いません」と船長。

仕掛けは一度投入しても何度かは再利用できるのでマグネットがある人は必ず持参しよう。「慣れている人は移動中に治具に仕掛けを巻き直して次の投入の準備を行います。慣れていない人はマグネットにハリを並べたままオモリ(500号or鉄筋2kg)を自分の釣り座の前方に投げ入れるスタイルが良いでしょう」。

狙う水深は300~500mと季節や場所により変動するが、現在メインで狙っている水深は400~500mだ。

重くて持つのも大変です

「これから春先にかけて300~400mへとメヌケが深場から浅場へと上がってきますからね。釣果もより伸びてくると思います」と船長。現在の釣り場での水温は20℃くらい。表層の魚ではないので、あまり水温には影響されないそうだ。

「水温よりも潮の流れが釣りに大きく影響しますね。黒潮の流れている場所が本土に近い場合は潮が3ノット近くになり釣り辛くなりますが、良い按配で黒潮が本土から離れると1ノットくらいの流れになり、船がほど良く流れて釣り場も探せ、釣果も伸びます」。

釣り方は着底を確認、糸フケをとってライン(道糸)を立て、オモリトントンの状態が常になるようにセット。場所によってはカケ上がりやカケ下がりになる場合もあるので、仕掛けが浮いたら糸を送り、糸がフケたら余分な糸を巻く。それがメインの釣り方だ。これと言って難しい誘いは入れないで良いが、この底をオモリトントンの状態を常にキープする事が一番重要なのだ。

竿先に、はっきりしたグッツン!とアタリが出たらで糸を送ろう!

アタリが出たら、アワセは禁物。アタリが出たらすぐにクラッチをフリーにして、イメージ的には海底に仕掛けを這わせるイメージで糸を送り込む。

魚は大陸棚のガケに沿って泳いでいるので、うまく魚のいる場所に仕掛けを持っていくイメージだ。メヌケ釣りは水深も深いため投入回数も限られてくる。そのため数少ないチャンスをいかに有効に活用できるかが釣果を伸ばすカギを握る。

この大きさならルンルンだ

「魚がどんどん当たるようであればどんどん送り込んで、ハリ1本に1匹ずつ着実に魚を掛けるイメージですね。4、5回アタリがあって重みがズシっと竿に伝わってきたら中速で巻き上げます」。アタリがあった時の巻き上げは船長の指示は待たずにOK。

ドラグはレバードラグの真ん中より1段階締め込んだあたりでセットしよう。無理にハイスピードで巻くと魚が掛かったハリスがぐるぐるに回ってねじ切れてしまう。

「一回の投入で10本バリに1.5~5kg級が7~8匹掛かれば、残り100mを切ったらメヌケの浮袋の浮力でフワーッと浮いてきます」。浮いてきたな~と思ったらもう少し巻きスピードを上げてもOKだ。

おすすめのタックルは?

竿は2.1~2.4mのオモリ負荷が300~500号で7:3~6:4調子の軟らかめのワンピースの無垢竿が主流だ。リールは12Vも24V電源も船電源は対応。ミヤマエであればコマンドX4以上、シマノは9000番クラスで対応できる。

一般的にはコマンドZ9あたりを使う人が増えているそうだ。道糸はPE12号を1400m巻いてあればOK。道糸の下に連結ヨリトリリングをセットして中オモリ80~100号をセット。

まさにクーラー満杯!

「水深が深いのでヨリトリは必要です。道糸がどうしても潮の加減でヨレてしまうためです」。仕掛けの全長は11~12m、幹糸はナイロン30号、枝間1m、ハリスはナイロン20号50cm、ハリはムツ22~24号、餌はイカタンを使用する。

良型のアブラボウズも交じります

仕掛けやオモリは船上で購入できるが餌は各自持参しよう。イカタンはスーパー等でスルメイカを購入して幅2cm長さ10cmでカット。赤く染めるのは食紅などを利用しても良いし、釣具店で染め粉を購入しても良いが、特に染めなくても良いのだとか。

「イカを染める事よりも釣り方の方が重要です(笑)。オモリトントンのタナ取りとアタった時にどれだけ追い食いさせられるかが肝ですネ」。

ゲスト多彩なメヌケ釣りはこれからベストシーズン!

これから5月の連休までは産卵が絡むシーズンなので数、型ともに期待できるメヌケ。潮さえ1ノット前後であればオデコ無しで竿頭10匹以上の好釣果も夢ではない。今シーズンは例年と比べてアブラボウズ(10~30kg)や1~3kg級のメダイも多く、ゲストも多彩と夢溢れる釣り物だ。

今回紹介した釣り船
釣り船

茨城県波崎港
「仁徳丸」

〒314-0408 茨城県神栖市波崎8573-5
TEL::090-3345-3651
詳細情報(釣りビジョン)
「仁徳丸」ホームページ

出船データ

メヌケ船
乗船料金:要問合せ
※電話予約でレンタルタックル有り(竿・電動リール・マグネット・キーパーセット)
午前船:午前4時集合、沖上がり午前11時半~12時

ページトップ