まごうの丸・神奈川県茅ケ崎港

2017.3.08号

相模湾のウイリー五目は旬の沖メバルが活況

表紙

相模湾の五目釣りといえば今や、ウイリーコマセ釣法が主力。魔法のウイリーバケがいろいろな魚をおびき寄せ、ベテランはもとよりビギナーでも楽しめるので船釣りの入門バージョンとしても人気だ。冬から初夏にかけて乗合船を出す神奈川県茅ケ崎港『まごうの丸』ではもっか、春の使者・沖メバルが入れ食いのほか、終盤に入ったアマダイなど多彩に楽しめている。三橋勇樹船長に好釣術を聞いてみた。

深場のウイリー五目は多彩な魚種が魅力

もっかトゴットメバルが入れ食い!

「城ケ島沖を中心に沖ノ瀬や洲崎沖まで、状況を見てかなり広く探り回りますが、現在は城ケ島沖が多いです。春告魚と呼ばれる旬の魚、沖メバル(トゴットメバル)がこのところ好調で釣果のほぼ5割以上。次いでアカイサキ、終盤のアマダイ、キントキ、マダイ、良型カイワリ、オニカサゴ、アジ、ハタにヒラメなどと、五目以上ですから、楽しいですよ」と船長。

もう終盤のアマダイもまだまだ掛かる

いわゆる深場ウイリーというやつで、最近相模湾で主流のLTウイリーとは釣れるものが違う。現在、ちょっと日並が良ければトップは50匹を軽く超え、70匹前後まで数を伸ばすことも。皆、おいしい魚ばかりだから魅力はバッチリだ。 一年中やろうと思えばできるウイリー五目だが、『まごうの丸』では大体、冬から初夏までの出船が多い。イナダなど回遊魚を狙うライトウイリー船が人気になってくるためだが、希望があれば出船するので、シーズン以外にもやりたいのなら打診してみるとよい。

水深が深めだからしっかりシャクれる竿が扱いやすい

深場のウイリー五目はシーズンがロングランながら、水深がほぼ90~100mと一定していて変わらないのが面白い。だから釣りやすいと言えば釣りやすく、深いながらビギナーにもお勧めできる。その代り、あまりフニャフニャした竿はシャクリが伝わらないので不向き。オモリ80号のプラビシFLサイズが標準なので、ライトではないベーシックなウイリー竿がお勧め。長さは2.1~2.4mだが、深場の仕掛けの動きを考慮して長めの2.4mがどちらかと言えばお勧めだ。リールはもちろん電動がお勧めだが、『まごうの丸』では道糸指定をPE3~6号と幅広くしてくれているので、その範囲の糸を巻いてある電動リールで問題なし。

クーラーはほぼ満タン!

「現在の仕掛けは全長3~4mの2本バリが標準です。ハリスは3~5号で上バリにウイリーバケ、下バリにオキアミ餌用の空バリってパターンが多いですね。最初に同パターンでやってみて、状況により両方ともウイリーだったり、両方とも空バリの餌仕様など、変えていくのもいいでしょう。ハリのタイプはどちらもチヌ2~3号。クッションゴムはもっか使わなくても大丈夫な魚たちなので使いません」と船長。 この釣法は季節、つまり魚の活性具合によっていろいろパターンが多いが、現在は活性が弱めのため、ウイリーバケに固執せず、オキアミ餌で釣っていく方が釣果が良い時も多い。是非とも上記3パターンを持参しておくのが得策と言える。

なお、餌は水深が深めなのでオキアミのほかイカ短冊やサバ切り身を持参する人もいるが、「イカやサバ切り身が段違いに釣れるとは思いませんが……まあ好き好きですね。個人的には、仕掛けをゆっくり動かして誘うので、軽いオキアミに分があるような気がしますが」とのことだ。

深場のコツはソフトなシャクリでポーズは長め

ウイリー釣法というと、竿をシャクって仕掛けを躍らせては待ちのポーズを入れる繰り返しで、結構メリハリの利いた動きのある釣りがもともとの姿。ただし、いろいろと試行錯誤のすえ、寒期にはスローな動きで、餌も付けるという方法が効果的なことが分かってきた。これはコマセを出し過ぎないことと、オキアミ餌を食べてしまう外道が少なくなっているためだ。

ビギナークラスでも十分楽しめます!

「まあ、深場でもいろいろパターンがあるのですが、総じてシャクリの後の待ちを長めにとって、活性の低い魚に食う間を与えてやるのが重要です。特に今釣れている沖メバルやアカイサキはゆっくりシャクり、長めに待つのがコツ。場合によっては10~20秒とかなり長く待つ場合もあります」と船長。 要は自由度の高いウイリー釣法を臨機応変に駆使しろということ。アマダイを狙うなら底狙いで、オキアミ餌が底スレスレになるよう、低層でシャクリ&待ちを繰り返す。オニカサゴやハタも同様。カイワリやアジはややメリハリを付けて比較的上層まで誘うなど。

「現在の基本は着底後、プラビシを4~5m上げ、そこから10mまで探ります。そして、その日の状況をいち早く察知して、ピッタリ合ったパターンを見つけてください。自由度があるので、意外と楽しい釣りですヨ」と船長。深場の釣りは底ダチの確認など何かとハードルが高いと言われるが、この釣りは意外と習得しやすく、何かしら釣れる確率も高いので、ビギナーでも十分対応できるのが魅力。是非ともチャレンジしてみては。今はとても美味しいトゴットメバルが出迎えてくれますヨ。

今回紹介した釣り船
釣り船

神奈川県茅ケ崎港
「まごうの丸」

〒253-0061 神奈川県茅ヶ崎市南湖6-4-16
(カーナビには「神奈川県茅ヶ崎市南湖6-18-7」で)
TEL:::0467-86-5938
詳細情報(釣りビジョン)
「まごうの丸」ホームページ

出船データ

ウイリー五目乗合(電話確認)
出船:午前7時~午後1時~1時30分沖上がり
乗船料金::9,500円(氷・コマセ付き)
女性子供は割引有り
※オキアミ餌は別売り:ワンブロック500円

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。