凱丸・岡山県琴浦港

2017.6.8号

瀬戸内海 岡山県下津井沖でタイ大漁!! チョ~簡単!餌なしサビキ釣り

表紙

今ちょっと忙がしゅうて電話に出れんワ、ゴメン!」。臨場感タップリのエンジン音と風の音の中で、やっと聞き取れた船長の声。岡山県倉敷市児島・琴浦港からタイサビキに出船している『凱丸』(かいまる)では、このところ港から出てすぐの瀬戸大橋周辺で連日マダイの好釣果が続いている。餌を一切使用しないタイサビキとは? 三好勝己船長に聞いた。

撒き餌も刺し餌もないマダイ釣り

小豆島のタイサビキは聞いたことがありますが、下津井沖でもやるんですね。撒き餌も刺し餌もなくてホントに釣れるのかな~?釣れる気がしないんだけど…。

イエ~イ! 初心者でも良型ゲッ~ト

「ハハハハ、いっぺん凱丸に乗りに来なさいよ。今ならウッソ~! マダイってこんなに簡単に釣れるの?って言うくらい釣らせてあげますから。3月いっぱいは小豆島にもタイサビキで走っていましたが、このところは港から近い下津井沖周辺~瀬戸大橋周辺専門です。近くてもバンバン食ってきますよ。餌を一切使用しない釣りなので、清潔ですし簡単。女性や子供さんでもやれますよ。ウチはビギナー大歓迎です!」。

こんなに釣れてしまっていいのかナ

釣り方は? ただリールを巻くだけでいいと聞いてますが…。

「その通り。ゆっくりゆっくりリールを巻いて、だいたい海底から5mくらいまでオモリを巻き上げて、アタリがなければまた底に落として再び巻くといった単純作業でいいんです。 アタリのパターンを見つけるまで、巻くスピードを変えてみたり、ちょっと巻く手を休めてみたり、いろいろやってるうちにロッドの穂先がグングンとおじきをして、タイがサビキ仕掛けに食いついたことを知らせてくれます。ビックリアワセは絶対禁物です!

う~ん、きれいな色。思わずピースサイン

 待望のアタリが出ても、クールを装ってゆっくり巻き続けてください。専用ロッドなら竿先が海中に突き刺さってから竿を立てて合わせてください。これぐらいでちょうどいいです。

クーラーには見事なサイズがど~ん!

巻き上げは無理をしないで引きに合わせて巻いてください。5本バリ仕掛けに30㎝クラスのタイが2匹、3匹と掛かっていることもよくありますから」。

ヒット情報の共有でみんなが釣れる!

誘いやアワセはいらないんですか?

「基本的にはリールをゆっくり巻くだけでOKなんですが、一概には言えないんですよこれが…。巻くスピードを変えたり、止めてみたり、いろいろやってるうちにアタリが出るんですよ。アタリが出たらその時の巻き方を思い出してまたやってみる。底からどれくらいのところでアタッたかをよく覚えておくことも大切です。

『凱丸』では“情報共有”がルールです。アタリが出てタイを掛けた人は底からどれくらいのところで来たとか、どれくらいのスピードで巻いていたとかを周囲の釣り人に教えます。私が釣った人の情報を他のお客さんに伝えることもあります。

どうです! 大満足の良型

アワセは基本向こうアワセでいいんですが、餌なしでただリールをクルクル巻くだけの釣りですから、アタリが出てもビギナーさんだと半信半疑なわけです。

2匹、3匹と掛かれば専用ザオが満月になる

ですから、待望の初アタリがあると『来た~!』とばかりについ大アワセしてしまうんですね。

刺身がバッチリとれる良型にニッコリ

結果、早アワセでバラシてしまうんですよ。サビキのハリスはフロロカーボンの3号ですが、ガツン!と思いっきり合わせてしまうと、ハリス切れしてしまうこともあります。

みんな釣れ過ぎでVサイン

タイサビキの専用ロッドは4m近くあって、穂先が軟らかなので穂先が海中に入ってから竿を立てる。何度も言いますが、このタイミングです」。

メインは結婚式の塩焼きになる尾頭付きサイズ!

専用サビキはサバ皮のオリジナル

「とらぬタヌキの…」じゃないですが、どれくらいのサイズが何匹ぐらい釣れますか?具体的な釣果は?

「う~ん…よくある質問ですが、こればっかりはね…。その人のウデにもよるし、その日の条件にもよりますからね。でも、タイというのは不思議な魚で、船頭が予想できなかったような釣果が出たり、予想外の方が大釣りをされたりする、そういう魚です。 このところの釣果だと大阪のFさんが42㎝までを15匹。45㎝までを4人で50匹ほどの釣果が出ています。

うれしい良型

6月5日は2時間ほどタイラバもやり、70cmと51cmを釣った方がいらっしゃいました。そろそろタイラバの季節かも? です。ちなみにタイサビキの竿頭は10匹でした。

バッチリ教えてくれる三好船長

こんな感じですが、タイ釣りが初めての人でも今ならサビキでお土産ぐらいは釣れると思います。もちろん、慣れた人なら2ケタ釣果が期待できるんじゃないでしょうか。釣れるタイはどれもベッピンさんですよ。色、プロポーションともに最高! GOODコンディションです。美しいピンク色で、小さくても“結婚式の塩焼き”サイズ。大型は優勝した横綱が持つタイより小振りですが、瀬戸内海ではナイスサイズの70cmクラスが狙えます」。

サビキ仕掛けはどんなものを用意すればいいでしょうか?タイラバもOKですか?

「タイサビキは写真のようなものを使用しています、船でも500円で販売してますのでご安心ください。タイラバについてですが、もうそろそろタイサビキからタイラバに切り替えるかもしれません。凱丸のHPを毎日チェックしてチャンスをモノにしてください。お待ちしております!」。

今回紹介した釣り船
釣り船

岡山県琴浦港
「KAIMARU・凱丸」

〒711-0906 岡山県倉敷市児島下の町9-17-17 「オーシャンビュー倉敷」前の桟橋
TEL::090-4149-0059
詳細情報(釣りビジョン)
「KAIMARU・凱丸」ホームページ

船宿データ

タイサビキ乗合船(タイラバ乗合船)
出船時間:季節により異なるので要問合せ
乗船料金:8,000円から(遠征は別料金)
タイサビキ仕掛け:500円

※料金等は取材当時のものとなります。出船時間や料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては釣り船までお問い合わせください。