釣りビジョン

【釣りフェス2023超速報!】放流以降のトラウトを釣る一手! 杉山代悟が送り出すリクーゼ(ティモン)

2023年01月25日公開

697_main

中層をメインに、上のレンジも下のレンジも攻められる新作スプーンがティモンよりリリース。同社のスプーンに、これまでなかったティアロと、ちびティアロの間の状況を釣る『リクーゼ』。そのポテンシャルを開発者の杉山代悟さんが語る!
(執筆:宮崎紀幸)

獲りきっていない魚を獲っていくための1gスプーン

「スプーンの釣りのローテーションとして、ティアロだと強いけど、ちびティアロでは弱い。そんな状況の魚を獲るためのスプーンです。よくテストしたのは、大芦川F&CやFF中津川みたいなクリアポンド。高活性な放流魚をアピードやティアロで釣ったあと、ちびティアロの前に投げるスプーンとして作ったのがハイピッチウォブリングが持ち味の新作リクーゼです」と杉山さん。
つまり、高活性魚から、セカンド~サードへと変わっていく状況で、さらに釣果を伸ばすためのアイテムというわけだ。だからこそ、ウエイトも落としすぎない1gという設定となっている。
「基本、1gのワンウエイトのみの予定で、中層を軸に上も下も攻められるスプーンに仕上げています。スピード領域は広めで、ゆっくり巻くとロールも出るので中層以深のスローな状況にも対応しますし、逆に表層を速めに巻くと、ウォブリングが強めのアクションになります」とのこと。

カラーも2~3番目のローテーションを意識

釣れるカラーパターンを生み出すことに関しても卓越した才能を発揮する杉山さんだけに、新作のリクーゼでは、そのカラーリングにも徹底的にこだわる。
「全15色の予定で、リクーゼにマッチする専用カラーでのリリースとなります。放流後の状況で使用することを想定しているので、オレ金みたいな放流カラーではなく、裏面に黒を取り入れるなど、明滅系や渋めのオリーブやブラウン系を中心としたカラーラインナップになっています。トーナメントでのセカンド~サード的状況を想定したアクションとカラーになっていますが、通常のエリアフィッシングの場合、中規模クラスのクリアポンドなら、このリクーゼから投げて状況を見ていくのもアリだと思います」
春~初夏の発売が待ち遠しい!

2023年、ティモンがリリースする新作エリアスプーンのリクーゼ。(ルアー)SPEC:自重=1.0g。全長=22mm。カラー=全15色。税込価格=539円。2023年の春~初夏発売予定。URL=<a href='https://www.jackall.co.jp/timon/products/lure/spoon/rekuze/' style='color:#3badbb;' target='_blank'>https://www.jackall.co.jp/timon/products/lure/spoon/rekuze/</a>
2023年、ティモンがリリースする新作エリアスプーンのリクーゼ。(ルアー)SPEC:自重=1.0g。全長=22mm。カラー=全15色。税込価格=539円。2023年の春~初夏発売予定。URL=https://www.jackall.co.jp/timon/products/lure/spoon/rekuze/
高活性から移行していく状況にマッチする1gスプーンであるリクーゼをプロデュースする杉山代悟さん
高活性から移行していく状況にマッチする1gスプーンであるリクーゼをプロデュースする杉山代悟さん
リクーゼでは全15色をラインナップ。このスプーンの使用状況に合わせた、専用のカラーを杉山さんが考案して塗装
リクーゼでは全15色をラインナップ。このスプーンの使用状況に合わせた、専用のカラーを杉山さんが考案して塗装
 

施設等情報

株式会社ジャッカル
TEL:077-571-2412 株式会社ジャッカル(ティモン)公式サイト

施設等関連情報

釣りフェスティバル2023(終了しました)
■会期
2023年1月20日(金) 10:00~18:00
2023年1月21日(土) 9:00〜17:00
2023年1月22日(日) 9:00〜17:00
■会場
パシフィコ横浜 展示ホール
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1
     
※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。

この記事を書いたライター

宮崎 紀幸
東京は多摩川のほとりに住まうフリーランスライター。
地元・多摩川での釣り&野外活動を楽しみつつ、自身でもトラウトやシーバスなどのルアーフィッシングを嗜む。冬はカワハギ釣りにも熱くなる!
このライターの他の記事も読む

その他オススメ記事