御前崎発・金洲のコマセ五目&泳がせ、当たり年ムード全開!静岡県御前崎港『茂吉丸』

駿河湾の大場所“金洲”が今年も4月に解禁となった。スタート早々、シマアジや高級五目の好釣が釣果情報を賑わせたものの、今年は荒天続きでなかなか出船できない波瀾の幕開け。ようやくタイミングが合い、御前崎港『茂吉丸』を訪ねることができた。

船釣り
  • 茂吉丸・静岡県御前崎港

走行距離より近く感じる御前崎港!

『茂吉丸』の停泊する御前崎港は、東名高速道路「相良牧之原IC」から30分弱。港までのバイパスがあるので走行距離よりかなり近く感じられる。海上保安庁の巡視船・ふじが停泊する岸壁周辺が集合場所となる。

船着場の目の前の駐車スペースに車を停めると、集合時間ちょっと前に女将の乗った軽トラックが到着。海に向かって右側の岸壁カド付近に茂吉丸が着岸する。乗船準備が整うと、船長から声が掛かり、釣り座が割り振られる。クーラーに氷を詰めて釣具と共に釣り座へ積み込み、コマセ袋を魚桶に入れて流水解凍に掛けたら出船準備は完了。午前4時15分、茂吉丸は金洲へ向けて出港した。

巡視船ふじが集合場所の目印に ©釣りビジョン
集合時間になると茂吉丸が着岸する ©釣りビジョン
予約順に釣り座が割り振られる ©釣りビジョン
折を見て乗船名簿に記入を ©釣りビジョン
コマセを魚桶に入れたら準備完了 ©釣りビジョン
出船準備が整い次第、出船 ©釣りビジョン

朝イチはシマアジ狙い!

穏やかな海を走ること90分ほどで“金洲の瀬”に到着。銭洲やイナンバのような目印となるシンボルはないものの、深海から水深50mまで急峻に駆け上がる瀬(水中島)であることが好釣場“金洲”の横顔。

竿入れ規定時刻の午前6時まで釣り座のセッティングや仕掛けの準備をする。最初の対象魚となるシマアジの釣り場は船が多く、釣れる時間が短くなる予想が船長からアナウンスされた。

合図が出て期待の第一投。底から15mまでの範囲を探るよう船長からアドバイスがあり、間もなく右舷胴の間(中央)の山﨑さんにヒット。取り込まれたのは本命のシマアジ。期待は高まったが後が続かず、船長は早々に見切りを付けて五目釣りへとシフトチェンジ。釣り人たちは仕掛けを付け換え、船はヒメダイの釣り場へと舳先を向けた。

沖で日の出を迎える ©釣りビジョン
仕掛けのセットは釣り場に着いてからで充分 ©釣りビジョン
シマアジ場には数多の乗り合い船が集合 ©釣りビジョン
コマセのオキアミは付けエサとしても全く不足ない品質 ©釣りビジョン
ウイリー仕掛けの先端にオキアミと持参のイカを付けて ©釣りビジョン
1投目にして船中1尾目のシマアジ! ©釣りビジョン
魚影濃く今後も期待大! ©釣りビジョン
『茂吉丸』シマアジ仕掛け図 ©釣りビジョン

指示ダナに合わせれば即アタリの好反応!

コマセ五目ではポイントの移動中に「次は○○の釣り場」と船長から案内があるので、最適と思われる仕掛けに付け換える。シマアジは底からの水深で指示ダナがアナウンスされたのに対して、五目釣りでは主に海面からの水深で指示ダナがアナウンスされた。

釣り方はコマセ釣りの基本通りで、指示ダナより仕掛けの長さ分深くまでビシを降ろして、コマセを振り撒きながら指示ダナに入るなりアタリが出るという流れがほとんど。船長の言った魚種がその通り釣れて来るのも面白いが、違う魚が上がってもそれはそれでまた面白い。

周囲が釣れているのに自分だけが取り残されているような時はタナか仕掛けが合っていない可能性大なので、道糸のメーターマーク(目盛り)を数えてタナを取り直すか、仕掛けや付けエサについて船長に相談するのが得策だ。

タイミングを逃さずヒメダイを一荷で! ©釣りビジョン
何日か寝かせると旨みの増すアカイサキ ©釣りビジョン
釣れるのは良型揃いのゴマサバ ©釣りビジョン
紺碧の海に似合うアオダイ ©釣りビジョン
これからの季節、楽しみなジャンボイサキ! ©釣りビジョン
何が釣れても船上は盛り上がる! ©釣りビジョン
駿河湾の代表魚、ムロアジ ©釣りビジョン
刺身で実に旨いウメイロ ©釣りビジョン
釣り味も食味も魅力、アオダイ ©釣りビジョン
上品な味わいのヒメダイ(オゴダイ) ©釣りビジョン
知る人ぞ知る美味、オナガ(ハマダイ) ©釣りビジョン
「次は何が…?」多彩な釣果も魅力のひとつ ©釣りビジョン
『茂吉丸』コマセ五目仕掛け図 ©釣りビジョン

例年より魚影濃く期待大、最盛期はこれから!

金洲でのコマセ五目、そのコツを小野田秀平船長に訊いた。
小野田船長「近海と変わらないですよ、全然。道具も。マダイ用だとノサレちゃうかもだから、ワラサ用くらい。理想は遠征五目竿で。釣り方はタナさえ取れてれば」
──と、至って明解。難しく考えず、指示ダナを丁寧に釣る基本に忠実な釣りを心掛けたい。

また、海底の起伏が険しく根掛かりする釣り場も多く、サメと接触しただけでもハリスは傷むので、仕掛けは余らせる算段で持ち込むくらいで丁度良い。ハリスは8号を基本に3m以下の物と4.5m、6m前後の物。これからの季節は30号ハリス2m程度のカツオ仕掛けもあると役立つはずだ。

かくして、これだけ釣れていても釣果の谷間に当たってしまった取材日。以降は釣果を横取りしていたサメも居なくなりV字復活。良型シマアジや泳がせでカンパチやキハダマグロまで上がっているとの情報が届いた。ルアーアングラーも同船できるので、詳しくは船宿まで電話にて問い合わせを。

例年に比べ「全然イイですよ!」と船長も太鼓判の金洲コマセ五目&泳がせ釣り乗り合い。金洲の最盛期はまだまだこれから。予報天気図と釣果情報から目を離せない日々が続きそうだ。

取材日はサメに邪魔されたが、後日好転! ©釣りビジョン
ロングジグに来たヒレナガカンパチ(別日、船長撮影) ©釣りビジョン
ジグにはクエも!(船長撮影) ©釣りビジョン
オナガはこれがアベレージサイズ!(船長撮影) ©釣りビジョン
釣果情報を賑わせている良型シマアジ!(船長撮影) ©釣りビジョン
取材後日、泳がせに来た今期初のキハダマグロ(船長撮影) ©釣りビジョン
金洲には釣り人を虜にする魅力がある ©釣りビジョン
乗船料の支払いは帰着後、氷の追加も ©釣りビジョン
親切でフレンドリーな小野田秀平船長 ©釣りビジョン
金洲の釣りを満喫するなら茂吉丸 ©釣りビジョン

施設等情報

静岡県御前崎港『茂吉丸』
〒437-1621 静岡県御前崎市御前崎4760
TEL:0548-63-3466(21時迄)
茂吉丸ホームページ※現在工事中茂吉丸インスタグラム※フォローするとストーリーに最新情報 釣果・施設情報 茂吉丸ブログ

施設等関連情報

金洲コマセ五目&泳がせ乗合
乗船料金:14,000円(氷付き/コマセ別 1枚\1,500)
集合:船着場へ4時(変動あり、予約時に確認を)
出船:準備が整い次第

※料金等は取材当時のものとなります。料金の変更等がなされている場合がございますので、詳細につきましては各施設等にお問い合わせください。

この記事を書いたライター

川添 法臣 釣りビジョンAPC
6歳から釣りに親しみ、海・川・釣堀・湖のルアー・フライ・餌釣りに節操なくのめり込むツリキチ。2019年JGFA沖釣りサーキット・総合優勝/2010年JGFAオールジャパンゲームフィッシングコンテスト・マダイの部・優勝(10.2kg)…他

その他オススメ記事