水郷で淡水魚と戯れる冬

ストーリー

『寒タナゴ』と呼ばれ、古くから親しまれてきた冬のタナゴ釣り。名手・新谷一大が、ホソとドックで、マブナ・オカメタナゴを狙いつつ、淡水小物釣りの魅力をお伝えします。
オカメタナゴを狙いにドックへやってきた新谷。ここ数年、ドックではなかなか釣れていないというが…。そして、今、密かなブームの、ボートのオオタナゴ釣りもご紹介。

  • 初回放送

    2012年12月17日(月)

  • 場所

    茨城県北浦・新利根川

  • 出演者

    新谷一大

  • 釣りもの

    マブナ・オカメタナゴ・オオタナゴ

見どころ

江戸時代から始まったといわれる「タナゴ」や「マブナ」の釣り。
食べる為の釣りではなく、タナゴに至ってはどれだけ小さいものが釣れるかを競技し、現代のゲームフィッシングをその当時から行っていたのだ。

今回、淡水小物釣りに精通する新谷一大が、ホソ(小川・小さな水路)とドック(舟だまり)で、マブナ・オカメタナゴ・オオタナゴを釣る。
わずかなアタリをとる繊細な釣りで、小さくとも美しい魚たちに出会えるのが醍醐味。

「コンッ」という小さなアタリは、番組を見ている人も手に力が入ってしまうはず。
映像を通して、一緒に淡水小物釣りを楽しんでみてはいかがでしょう?

放送スケジュール

現在放送予定はありません。

タックル&ロケデータ

ロケ地北浦、新利根川
天気初日:曇時々雨、2日目:晴天
船宿名松屋貸船店(新利根川)
気温11~18℃
水深50cm~1.5m
対象魚
水温11~15℃
新谷一大 使用タックル
竿小継たなご竿
ウキトウガラシウキ
ハリタナゴ針
道糸ナイロン 0.3号
エサグルテン、アカムシ
その他 道具イトウキ
新谷一大 使用タックル
竿はえ竿 3.6m
ウキヘラウキ
ハリ秋田キツネ1~3号
板オモリ
道糸ナイロン 0.8号
ハリス上:10cm、下:15cm
エサ上:グルテン、下:アカムシ
釣りビジョン: 0120-260-251