Yuji Style 岩手の銘川攻略

ストーリー

岩手県三陸沿岸にはいくつもの川が流れ、その殆どに鮎がいる。小規模河川が多いこの地域で、鮎の銘川として知られ、素晴らしい流れが続く気仙川に祐次が訪れた。
祐次にとっては初めての川。あいにくの天候となってしまったが、入れ掛かりのパターンを見事に見つけだす。癖のある初めての川を、いかに攻略していくのだろうか?

  • 初回放送

    2013年8月5日(月)

  • 場所

    岩手県気仙川・盛川

  • 出演者

    高橋祐次

  • 釣りもの

    アユ

放送スケジュール

現在放送予定はありません。

タックル&ロケデータ

ロケ地岩手県 気仙川・盛川
天気曇り時々雨
ポイント名気仙川:田ノ上橋/穴掘橋 盛川:長安寺橋下流
気温19~29℃
対象魚アユ
水温17~21℃
高橋祐次 使用タックル
竿大橋漁具:MJB マイスターバージョン TG90RB Mspec
天上糸ナイロン 0.8号
水中糸フロロ 0.175号
ハナカンフックハナカン 6.8mm
ハナカンハリスナイロン 0.8号(初日)/同 0.6号(2日目)
サカサバリ1号
針ハリスフロロ 1号
4本イカリ6.5-7.0号ストレート型/4本イカリ6.5-7.0号キツネ型
タモ網大橋漁具:MJB鮎手網テクノソフトカーボン38SK
シチュエーション水質:15cm渇水

【気仙川】
超渇水のため前回の付知川同様に群れ鮎の姿が目立った。瀬に期待するも青ノロが多く全くと言ってよいほど反応が無い。小石底のトロ場には縄張りアユの姿がありそれをサイトフィッシングで狙った。追いが執拗ではなく、一回反応するのみの為、普通に泳がせていただけではロスが多く、縄張りに何度もオトリを引き戻しサイトフィッシングでかけて行くほうが効率が良かった。

【盛川】
こちらは瀬の青ノロが少なく、瀬でよく掛かった。掛かりは早くおオトリをなじませると直ぐ。解禁から僅かな日数しか経っていない事もあり、サオ抜けになりそうな流れを見つけて拾い釣りでよい結果が出た。
釣りビジョン: 0120-260-251