其の五十六 真夏の管理釣り場攻略

ストーリー

四季を通じてのヘラブナ釣りを熊谷充がお伝えしていく番組「ヘラブナ漫遊記」。今回は真夏日が続く千葉県旭市の長熊釣堀センターでヘラブナ釣りを満喫。7尺の竿を使いメーターの釣りでヘラブナ連発。エサのタッチを微調整しながら、アタリ続ける状況を作っていきます。クマちゃんの釣りの組み立て方は必見。

  • 初回放送

    2011年8月13日(土)

  • 場所

    千葉県旭市 長熊釣堀センター

  • 出演者

    熊谷 充

  • 釣りもの

    ヘラブナ

放送スケジュール

現在放送予定はありません。

タックル&ロケデータ

ロケ地千葉県旭市 長熊釣堀センター
天気晴れ
気温30℃
風向き南8m
水深3m~6m
対象魚ヘラブナ
水温22℃
エサ[1](SDESIGN 浅ダナ用両ダンゴ Sイエロー 500cc 水100cc) [2](ダンゴの底釣り夏 200cc
熊谷充 使用タックル
ロッドヘラ竿7尺
道糸0.8号
ウキ浅ダナ用
オモリからみ止めおもり
ハリ上下6号
シチュエーション真夏の高水温時の撮影であった。ヘラブナの活性は予想以上に高い状態。クマちゃんの入りのウキではまったく釣りにならず、計3回ウキをサイズアップした。
また上でもまれてしまうため、エサはタナまで十分にもつエサが必要。この日はエサの配合で重さを加え、手水を加えながら柔らかくしていった。

釣り場の水質が良い為か、魚は酸素不足にならず夏場でも高活性であるので、釣果は望める釣り場である。
釣りビジョン: 0120-260-251