大鮎四万十川スタイル

ストーリー

数釣りがメインの最盛期を過ぎ、シーズン終盤になると鮎釣りは型狙いの釣りが面白くなる。それは球磨川などに代表される、一発大物狙いのイメージが強いのだが…。
四万十川での大鮎狙いの釣りは、型と同時にある程度の数も見込める。オトリを循環させながら、サイズを上げていく。そしてその最終目標は30.3cmを超える事。そう尺鮎だ。

  • 初回放送

    2017年11月13日(月)

  • 場所

    高知県 四万十川

  • 出演者

    有岡只祐

  • 釣りもの

    アユ

  • 紹介動画

    紹介動画

放送スケジュール

放送日開始時間回数・サブタイトル
12月18日(火曜日)05:00立ちたい流れが、そこにある

タックル&ロケデータ

ロケ地高知県 四万十川
天気晴れ
気温15~25度
風向きほぼなし
対象魚
水温19~24℃
有岡只祐 使用タックル
竿ダイワ:銀影競技メガトルク 急瀬抜き 95・V(プロトタイプ)
天上糸ダイワ:フロロカーボン 1.7号
水中糸ダイワ:メタコンポⅢ 0.2号
ハナカンダイワ:フック式鼻かん
ハナカンハリスダイワ:フロロカーボン 1.7号
サカサバリダイワ:快適フックサカサ 4号
ダイワ:SS大鮎 9号 3本イカリ
釣りビジョン: 0120-260-251