番組ラインナップ

番組コンセプト

バスフィッシングのシーズナルパターンやバスの生態を、現役トーナメンターの目を通してアカデミックに解明する番組。
バスが好むエリアは、食性は。トップトーナメンターの加藤と小野を軸とし、次世代を担う若手アングラーが続々と登場。
よりアカデミックな視点からバスフィッシングと向き合うドキュメント番組です。

出演者プロフィール

  • 加藤誠司

    究極のサイトマジシャン
    1960年10月23日生まれ
    出身地:千葉県・滋賀県在住
    釣り歴:40年
    ホームレイク:四国の釣り場
    最大魚:70cm
    特技:巻きモノ&ライトラインによるサイトフィッシング

    日本を代表するルアーのデザイナー。
    トップからワームまで、あらゆるルアーをデザインする。全てのレベルが非常に高く、世界中で彼のデザインしたルアーは使われている。数々の名作を生み出し続ける彼は、いつしか「天才」と呼ばれるようになった。現在、ジャッカルの会長、そしてJBワールドプロでもある。1987年バストーナメントに初参加、1988年には四国から通いで、西日本年間総合4位をとる。その後常に30番以内の成績を保ち、安定した実力を示す。1994年からはアメリカのトーナメントにも参加、USオープンで2度の入賞、昨年はB.A.S.Sウエスタンインビテーショナルでも入賞している。2003年、スペインで行われたカスペインターナショナルでは2位。ヨーロッパで彼の名を知るアングラーも多い。

  • 小野俊郎

    完全無欠のトーナメントスタイル
    1967年2月24日生まれ
    出身地:神奈川県横浜市・滋賀県在住
    釣り歴:30年
    ホームレイク:特になし(昔は芦ノ湖)
    最大魚:60cm
    特技:ハードベイトからライトリグまでオールマイティーに使い分ける

    ルアー&ロッドの設計も手がける超多才ワールドプロ。
    幼少の頃から釣りを始め、中学生の時にルアーフィッシングと出会って以来、バスフィッシングにのめりこんでいく。社会人になってからは、仕事の都合でアメリカに3年間勤務するチャンスもあり、本場仕込みのテクニックを身につけた。
    バストーナメントには大学時代から参加しており、89年度スーパーカップランキング4位をはじめ、98年には参加初年度にしてJBワールドシリーズ年間チャンピオンを獲得するなど、数々の好成績を残した。フィッシングスタイルはルアーのタイプを問わずクレバーでフレキシビリティーのある展開をしていくのが特徴。

ストーリー

釣りビジョン視聴方法