ストーリー
 
鮭の街・新潟県村上 三面川のサクラマスゲーム 2006年4月15日(土)
2006年3月初旬、大型サクラ対応のニューレングスロッドが、過酷なテスト期間を経てリリース。
西村は、このNEWロッドのポテンシャルを実証すべく、三面川のサクラマスに挑んだ!
が、ロケ当日の天気予報は、低気圧の通過に伴い、雪に雨と荒れ模様。

悪条件が予想される中、三面川でのサクラマスゲームは成立するのか!

我々取材班は、新潟県・荒川のサクラマスロケを敢行すべく、西村宅へと向かった。
それは、放送を次週に控えた、2006年4月5日のことであった。(※ちなみに放送は、4月15日です。)
実は、荒川が度重なる雨による増水のため、ロケが伸び伸びになっていたのだ。
が、そんな矢先、西村は偶然にも三面川のサクラマス遊魚者欠員を知り、繰り上げ当選にこぎつけた。

視聴者の皆様には、荒川のサクラマスゲームを告知していただけに、多少驚かれたと思う。
そんなこんなで、ロケに踏み切ったのが遅くなってしまった。
と、言うことは、必然的に追撮は不可能であり、一発勝負になる。

特に今回は、NEWサーフェイストゥイッチャーを使うとあって、西村の意気込みも常人では無かった。

関越自動車道に入るや否や、集中豪雨に遭遇、すぐさま携帯電話を使って雨雲をリサーチする西村。
何とか、新潟地方はセーフ。雨は川を濁らせ、アングラーの集中力を奪う厄介者であり、西村もこの雨が大嫌い。

写真

それにしても、西村は色々なサイトを知っており、雨レーダーに雷レーダー、ダム放水の時間や放水量のサイトまで知っていて、その情報収集力には、驚かされる。
氏曰く「情報を征する者は、サクラマスを制す」らしい!!

途中、集中豪雨や渋滞などに遭いながら、三面川に到着したのは午後4時近くになってしまった。
早速、地元ガイドの小杉武仁(たけひと)さんに、三面川の有望ポイントを案内していただくことになった。
小杉さんとは、2004年の荒川釣行の際に、番組のファンとして声を掛けられたのをきっかけに知り合った。
それ以来、新潟のサクラマス釣行の際には、必ず情報交換する仲であり釣友でもある。
ここ数年は、この様に番組のファンと現地で知り合いになって、ポイントを案内してもらうことが多くなり、本当に助かっている。
もし今後、我々取材班を見かけた際には、一言声を掛けていただければ幸いです!(※いつもポイント選択には、泣かされています。)

尚、今回の有望ポイントは、岩沢橋の上、下流域に絞られるとのこと。が、一つ注意をしなければなら無いのは、川漁師の追い込み漁と刺網。
追い込み漁は、早朝から始まり7時位に終わるらしく、スタートはスロースターターがベスト、刺網は、網の位置さえ間違えなければ大丈夫とのアドバイスをいただいた。
西村も、小杉さんの案内に耳を傾け、地図にメモをするなど、真剣そのものであった。

今回の宿泊は、瀬波温泉にある瀬波ビューホテル。
温泉街からは多少離れているが、後ろには海が広がり、露天風呂ではさざ波を聞きながら一日の疲れを癒すことが出来る。
新潟のサクラマスロケでは常連宿になっており、ここで知り合った仲村さんには、色々と便宜を図っていただいている。

実釣初日は、岩沢橋の下流域に決定した。が、幾分、水量と濁りが気になる様子の西村。
この所、まとまった雨が降っていないとのことだったのだが…?首を傾げながら、納得行かない様子。
その後、3時間半に渡り粘るも、ノーバイト、ノーヒット…。

ウェーディングで冷えた体を温めるため、昼食は、ラーメン屋「旭屋」に直行。
ここ「旭屋」を選んだ理由は、駐車の数!昼を回ってるにも関わらず、満車状態。(取材班は、大体この方法で見極めている。)
案の上、メニューが豊富な上に、とても美味しかった!
ロケの際には、一番の楽しみが食べることだけに、当たりはずれでテンションが大きく左右される。今回は、大当たり!
是非、三面川ロケの際には、御立ちより下さい。(※店主も大の釣り好きですから、きっと話も合うと思いますよ)

2番目のポイントに移動するも、水量に納得の行かない西村は僅か1時間で切り上げ、最上流部のある施設へと向かった。
ある施設とは三面ダムであり、三面川の水量を左右する要所である。

案の上、ダムは全開、発電所の放水と合わせると、かなりの量であることは一目瞭然であった。
アシスタントのB君が、管理事務所に問い合わせてみると、ダム放水13t、発電所放水52tの計毎秒65tの放水を確認出来た。
「こりゃ、ダメだ・・・。」と一言呟き、肩を落とす西村に、スタッフは掛ける言葉も無かった。
おまけに、この日は前日の温泉宿に泊まれず、冷えた体を癒すことも出来なかった。(※団体客のために、部屋が確保出来なかった。)

せめて夕食は、西村の好きな物を食べて英気を養ってもらおうと、回転寿司屋に向かった。
食いに食いまくって、3人で6,000円也!これで、サクラマスが釣れるなら安い物なのだが…。

さて、最終日は、どんなドラマが待っているのやら。

©釣りビジョン