STORY

2 和歌山県 潮岬でアジノマセ&クロムツ釣り

初回放送日
2018年04月22日(日)
出演者
村西利恵・末川かおり
場所
和歌山県 潮岬沖 田並港
魚種
アヤメカサゴ・クロムツ 他
船宿
闘龍丸
電話:090-5168-6171
住所:和歌山県東牟婁郡串本町田並 田並港

カンテレアナウンサー村西利恵がゲストと共に世の中の女子がもっと釣りたくなる情報を発信。今回は和歌山県潮岬沖からアジノマセとクロムツ釣りをお届けします。
ハタ類など様々な高級魚が狙え、クワセ込むまでの緊張感がたまらないアジノマセ。そして深海の黒いダイヤと称されるクロムツも!ドッキドキでザックザクな1時間!

DIGEST

GALLERY

アヤメカサゴのアラ炊き(1人前)

材料

アヤメカサゴ:1匹 / 砂糖:50g / 濃口醤油:50ml / 味りん:50cc / 酒:50cc / 水:500cc / 生姜:適量

作り方


1 ウロコを取る。
2 尻ビレの付け根から下顎まで包丁を入れ、内臓とエラを取る。
*血合いに包丁を入れることで取りやすくなる。
3 流水で綺麗に洗い流す。
4 カブトを半割りにし、身を適度な大きさにブツ切りにする。
5 熱湯にくぐらせ、ヌメリと臭みを取る。
6 先に鍋に、砂糖・濃口醤油・味りん・酒を入れる。
7 魚ときざみ生姜を加え、弱火で煮る。
*沸騰させないように注意する。

クロムツのすき鍋(4人前)

材料

クロムツ(中型):1匹 / 玉葱:4個 / レタス:半玉 / 青ネギ:お好みで 三つ葉:適量 / そうめん:4束

【ダシ・調味料】

水:2L / クロムツのアラ:1匹分 / ダシ昆布:適量 / ゆず胡椒:お好みで

[A]
醤油:小さじ2 / 塩:小さじ2 / 胡椒:少々 / 旨み調味料:適量

作り方

[クロムツの下準備]
・ウロコを取り、頭を落としてエラと内臓を取っておく。
*頭部分はダシに使う。
・三枚におろし、身は食べやすい大きさに切り分けておく。
*中骨は適度な大きさに切り分けて、ダシに使う。
・鍋に水を入れ、頭部分・中骨・昆布を加えてダシを取り、[A]を加えてスープに味付けをし、アラ・昆布を取り出しておく。

1 スープに厚めにスライスした玉葱を加え、玉葱に味が染み込むまで煮込む。
2 [1]にクロムツを加え、火が通ったら三つ葉を加える。
3 お椀にスープをよそい、ゆず胡椒・刻んだ青ネギを加えて味のアクセントに!
4 食べやすい大きさにちぎったレタスは、しゃぶしゃぶ風にスープにくぐらせて食べる。
*お鍋のシメはそうめんでいただく。

TACKLE DATA

PLAZAへ

釣り具を買うなら釣りビションPLAZA
※在庫切れの場合もあります。予めご了承下さい。

ロケ地和歌山県串本町 田並港
船宿名闘龍丸
ポイント名潮岬沖
気温26日8~13度・27日8~14度
風向き26日北東~南西 27日北東~西南西
水深100m~300mほど
波の高さ1m未満
対象魚ハタ類 カサゴ類 クロムツ
水温16℃
潮周り26日若潮 27日中潮
村西利恵・末川かおり 使用タックル
ロッド胴調子 錘負荷100~200号程度
リール中型電動リール
ラインPE 6号
幹糸フロロカーボン 10号 3m
枝ハリスフロロカーボン 10号 40cm
ハリヒラマサ 13号
オモリ150号
欲バリ部分 ハリスフロロカーボン 8号
欲バリ部分 ハリスムツバリ 14号
シチュエーションアジノマセ用
村西利恵・末川かおり 使用タックル
ロッド胴調子 錘300号負荷前後
リール中型~大型電動リール
ラインPE 8~10号
幹糸フロロカーボン 24号 8m50cm
オモリ300号
枝ハリスフロロカーボン 16号 50cm
ハリムツバリ 22号
シチュエーションクロムツ用

SCHEDULE

釣りビジョン: 0120-260-251