俺に訊け

愛知県 イシグロ半田店

2017-02-25放送
  • 釣具店名

  • 出演者

    近藤雄治さん

  • 釣りのアドバイス

     愛知県 イシグロ半田店

    メバリング

    店舗のある半田市内から南下した、知多半島南部ではそろそろメバリングの季節を迎えます。例年3~4月には、産卵後のメバルが浅場に接岸してきて20cm前後の個体を中心に、25cmくらいまでの良型を狙え、多くのライトソルトアングラーで賑わいます。
         
    メバリングは、手軽なライトソルトゲーム。タックルもシンプルなもので十分楽しめます。
    メバリング ジグヘッド単体タックル
    ロッド:7~7.6フィート UL~Lクラス
    リール:スピニング2000番前後
    ライン:フロロカーボン2~3lb
    ジグヘッド:1~2g
    ワーム:ストレートワーム2インチ前後

    『確実にボトムをとって、安定したリーリング』
    10~15mくらいキャストしたら、ボトムをとってゆっくり巻いてきて、ボトムから表層までを探りましょう。はじめは、確実にボトムをとるために重めの2gくらいのジグヘッドが良いでしょう。また、安定した速度のリーリングが必要です。速すぎるとメバルが追えないし、ゆっくりすぎても中層表層を探れません。どのレンジでメバルが食ってくるかわかったら、そのレンジを重点的に探りましょう。

    釣果を伸ばすには、ロングキャストで広い範囲を探ります。そのために、飛ばしウキを使ったタックルが必要。
    メバリング 飛ばしウキ タックル
    ロッド:8~8.5フィート MLクラス
    リール:スピニング2500番前後
    ライン:PE0.3~0.4号
    リーダー:フロロカーボン2号1.5m
    飛ばしウキ:5~10g
    ジグヘッド:0.5gorノーシンカー
    ワーム:ストレートワーム2インチ前後
         
    『液漬けワーム』
    ワーム本体に集魚効果のある素材を練りこんであるワームも多く製品化されていて有効ですが、集魚剤の液体に漬けてあるワームは、さらに高い効果が出ています。最近では、液漏れしないケースなどもあるので、是非使ってみてください。

※本ページ内の情報は番組収録時のものです。予めご了承下さい。